山ごはんのバリエーションが少なく、いつも和食ばかり……と悩んでいる方は、思い切ってタイ料理に挑戦してみませんか?

今回は「センミーナーム」という、タイのラーメンを作りました。本記事のレシピを参考にして、ぜひセンミーナームを作ってみてくださいね。

センミーナームとは?

センミーナームとは?

タイで有名なラーメン、センミーナーム。鶏がらベースのスープで、どちらかというと味はあっさりしています。

「ガッツリ食べたいけれど、こってりしたものは避けたい」という方におすすめのタイ料理です。ただし、センミーナームはラーメンのため水を多めに使います。

「水の量に余裕があるとき」や「宿泊するとき」などに作ってみてくださいね。

ねぎやパクチーなどをたっぷりとトッピングすれば緑があって、見た目も美しくなります。パクチー好きにはたまらない山ごはんですよ。

センミーナームの材料(一人分)

センミーナームの材料

▼スープの材料

  • 水 650ml
  • 鶏がらスープの素 大さじ1
  • ナンプラー 大さじ2
  • シーユーカオ 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • こしょう 少々
  • 鶏肉団子 2、3個

▼麺

  • 米麺 65g

▼トッピング

  • ねぎ お好みの量
  • パクチー お好みの量
  • にんにくチップ お好みで
  • チャーシュー 3〜5枚程度

シーユーカオは醤油でも代用できます。

今回は生のねぎやパクチーを使用していますが、乾燥したものでも問題ありません。具だくさんにしたい方は、小松菜やもやしを入れてみるのもおすすめです。

鶏肉団子も手作りしていますが、市販品を使えば時短できます。特に肉類は劣化しないように、保存方法に気をつけてくださいね。

センミーナームの作り方

センミーナームの作り方

鶏肉団子や野菜の下準備が完了していれば、調理時間は10分ほどです。

使用する調味料が多いため、登山時は使う分を小分けにして持っていきましょう。

  1. スープの材料をメスティンに入れて、加熱する。
  2. 鶏肉団子に火が通ったら、米麺を入れて3分ほど茹でる。
  3. 麺が丁度よい硬さになったら、トッピングを盛り付けて完成。

センミーナームを食べた感想

センミーナームを食べた感想

センミーナームはスープがあっさりしていて、暑い日でも食べやすいラーメンだと思います。

米麺はケンミンのビーフンを使ったのですが、細麺でつるつるしていておいしかったです。ケンミンのビーフンは常温保存できて軽いため、持ち運びが楽ちん。

鶏肉団子やチャーシューなどと具材をたくさん入れたので、食べ応えもありました。残り汁は、再度温めれば「タイ風スープ」としていただけますよ。

センミーナームは夏の山ごはんにぴったり

センミーナームは夏の山ごはんにぴったり

あっさりとした味のセンミーナームは、暑い日でもつるつると食べられます。下準備をしておけば手軽に作れるのも、嬉しいですね。

ぜひ、いつもとはひと味違う山ごはんを楽しんでください。

今回使用したクッカー「ラージメスティン」

今回使用したクッカーはラージメスティンです。ラージメスティンは1人山ごはんでも使いやすく、以下の点が気に入っています。

  • スープを多めで作れる
  • 具だくさんにしても溢れにくい
  • 横幅が広いので麺を折らなくても済む

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年09月27日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム