中華製のテントは、一昔前までは信頼に不安がある為、購入を躊躇していた方も多いと思います。しかし昨今、モビガーデンとネイチャーハイクを筆頭に、登山の使用にも問題なく使える山岳用テントが価格の安さからも注目を浴びています。今回は中華製テントの中でも人気のモビガーデンとネイチャーハイクから軽量な登山にも持ち歩けるテントをピックアップして紹介します。

中華製のテントで注意すべきポイント

中華製のテントで注意すべきポイント

山岳用テントメーカーとして人気のNemoやビッグアグネス、アライテント、MSR、モンベルなどと比較すると、ものすごく軽量だとは言い難く、使用されている生地やポールの価格を抑えているために、わずかならから重量のあるテントに仕上がっています。

それでも通常5万円前後するテントが2万円前後で入手できるので、初めて登山でテント泊に挑戦してみようという方は手始めに使用するテントとして検討材料に入れてみてはいかがでしょうか?

また初めてのテント泊におすすめのテント場と登山コースを練ることで無理のない登山を行うことができます。

おすすめのモビガーデンとネイチャーハイクのテント

今回紹介するテントはネイチャーハイクとモビガーデンです。全て合わせて4種類のテントを紹介します。いずれも一人用の自立式の山岳用テントです。

ネイチャーハイクは2010年に設立したブランドで、2020年に日本での本格展開がスタートしています。今回紹介するネイチャーハイクのテントは2種類です。

※横スクロールで表がスクロールできます。
商品名Cloud Up 1 Ultralight Tent 20DVIK ウルトラライト シングルテント
定員1人用1人用
価格¥14,900¥19,800
総重量1520g1060g
入り口短辺長辺
サイズ全幅:110 cm(80 cm)
全長:210 cm
前室長:65 cm
全高:100 cm
全幅:190 cm(85 cm)
全長:210 cm
前室長:50+65 cm
全高:95 cm
フライ素材20Dシリコンナイロン15Dシリコンナイロン
インナー素材軽量メッシュ20Dシリコンナイロン
ボトム素材20Dシリコンナイロン20Dシリコンナイロン
ポールA7001アルミ合金A7001アルミ合金

モビーガーデンは2005年に設立したブランドで、中国ではテント市場において、最も認知度の高いブランドです。今回紹介するモビーガーデンのテントは2種類です。

※横スクロールで表がスクロールできます。
商品名LIGHT WINGS 1 JPNライト ナイトUL1PLUS
定員1人用1人用
価格¥28,800¥16,400
最小重量1195g1630g
総重量1350g1270g
入り口長辺短辺
サイズ全幅:105 cm(65 cm)
全長:205 cm
前室長:60 cm
全高:105 cm
全幅:110 cm(72 cm)
全長:215cm
前室長:60 cm
全高:100 cm
フライ素材15Dリップストップナイロン(シリコンコーティング)20Dリップストップナイロン
インナー素材10D透湿リップストップナイロン軽量メッシュ
ボトム素材20Dリップストップナイロン20Dリップストップナイロン
ポールA7001アルミ合金 Φ8.5mmA7001アルミ合金

軽量性を重視しながらも価格を抑えたおすすめテント2選

ネイチャーハイク『Cloud Up 1 Ultralight Tent 20D』

価格は1万4900円で山岳用テントでは驚く価格です。総重量1520gで、短辺に入り口がついたモデルです。テント泊初心者の方にもスタッフバイクに着いた。手順や説明書で素早く簡単に設営することができます。

インナーテントはマイクロメッシュで通気性を高め、結露を軽減しています。テントポールはスイベルで連結した一体型で、設営をスムーズに行うことができます。

MOBI GARDEN『UL1PLUS』

価格は1万6400円でモビーガーデンのテントの中でも価格を抑えたシリーズです。総重量1630g で、短辺に入り口がついたモデルです。入り口の前面はキャノピー仕様で、手持ちのストックと組み合わせることで屋根を作ることができます。

インナーテントやテントポールの作りは、上で紹介したネイチャーハイクの『Cloud Up 1 Ultralight Tent 20D』とほぼ同様で、サイズや使用している生地なども大きな変わりがありません。

素材にこだわり圧倒的な軽量性を実現したおすすめテント2選

ネイチャーハイク『VIK ウルトラライト シングルテント』

総重量1060gで、価格が1万9800円という驚くスペックのテントです。入り口は長辺についており、しかも左右に入り口と前室が備わってるため、多くの荷物をインナーテント外に置いておくことができます。

このテントはシングルウォール仕様で吊り下げ式のため、設営を容易に行うことができます。また、前室のフライをポールで跳ね上げることで屋根を作ることができるキャノピー仕様で、シングルウォールにおけるリスクである雨の侵入について防ぎやすい作りです。

MOBI GARDEN『LIGHT WINGS 1 JPN』

ジャパン使用のため、インナーテントにおいてはメッシュを採用せず、ナイロンタイプに作り上げ、わずか1350gに抑えた軽量性に優れた山岳用テントです。

こちらのテントもシングルウォール仕様で、吊り下げ式のため、設営を容易に行うことができます。フライシートには世界的に有名なKOLON社のシリコンコーティング生地を使用しているため、耐久性に優れたテントに仕上がっています。

今回は中華製の代表的な2種類のメーカーの中から4種類のテントをピックアップしてみました。その他にもコストパフォーマンスに優れたテントはAmazon などでチェックすることができます。

おすすめのテントが盛りだくさんなので、以下のページも是非チェックしてみてください。

関連タグ

関連記事

あなたにおすすめ記事

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年06月29日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

yamatabi全ての軽量・便利アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム