北アルプスが擁する峰々の中には、3,000mを越えるピークが幾つかあります。国内において3,000mを越える山は一際の存在感を放ち、登頂も容易ではない山が多い中、北アルプス南部に位置する乗鞍岳は、日帰りで登頂できる3,000m峰として知られています。今回は初心者からでも楽しめる、乗鞍岳の日帰り登山についてご紹介します。

乗鞍岳登山が人気の理由

乗鞍岳 登山 登山道

日帰りで登れる3,000m峰として人気がある乗鞍岳。高所、日帰りというキーワードだけでなく、乗鞍岳は日本百名山に選定され、遠方からもその山容がハッキリと分かる美しさ、内包する豊かな自然が、乗鞍岳が登山者から人気が高い理由でもあります。ここでは、乗鞍岳が登山者に人気である理由をご紹介します。

理由①:日帰り可能な登山行程

シーズン中最も賑わう畳平からのルートは、約90分で登頂できます。3,000mを越える高山を短時間で登れることで人気が高く、開けた視界、明瞭な登山道と、天候が良ければ安全に山頂が目指すことができ、点在する池、宿泊可能な肩の小屋など、短い工程ながら山登りの楽しみが詰まっています。

日帰り、かつ短時間で登れることでファミリーハイクや経験者が同行すれば登山初心者の方も登れることで、経験者、初心者、家族連れを始めとした多くの方々に人気があります。

人気②:高所ならではの自然

乗鞍岳 登山 ライチョウ

乗鞍岳にはライチョウ、ニホンカモシカなどの動物、コマクサ、イワギキョウなどの高山植物が確認され、豊かな自然を内包しています。秋に見られる、日を経るごとに赤く染まる紅葉は、威風堂々とした山体とは対をなす華やかさを放ち、高山にて見られる紅葉は一見の価値有りです。

高山帯はアクセスも容易ではなく、相応の準備が必要となりますが、交通機関を利用して高所まで行ける乗鞍岳は、こうした貴重な高山の自然を気軽にその目で楽しめることも、高い人気を誇る理由です。

人気③:3,000m峰の眺望

乗鞍岳 登山 眺望

活火山である乗鞍岳。視界は360度開け、槍ヶ岳、奥穂高岳といった北アルプスの山々、御嶽山まで見渡せる眺望は、乗鞍岳でしか見られない特別な景色です。

条件が合えば雲海が広がり、雲の上を歩く最高の体験を堪能できます。乗鞍岳を訪れれば、雲海、紅葉、雪化粧、どれも日本を代表する山岳地域、北アルプスを代表する相応しい眺望が待っています。

人気④:高所に点在する7つの池

乗鞍岳 登山 権現池

権現池、亀ヶ池、鶴ヶ池、不消ヶ池、五ノ池、大丹生池、土樋ヶ池。乗鞍岳の周囲には、その名の由来を持つ池が点在し、登山者のみならず、乗鞍岳が古くから人々に親しまれている要因ともなっています。中でも権現池は日本第二位の高所に位置する池で、山頂の眺望と合わせて見る権現池は、乗鞍岳でしか見ることの出来ない不思議な光景で、青空を映し出す鏡の様な権現池は、自然が作り出す美しさと、人間が立ち入れない神聖な場所を思わせる、美しさの裏にある恐怖すら感じさせます。

乗鞍岳登山のQ&A

乗鞍岳登山の装備は?

乗鞍岳は3,000mを越える高所にありますが、登山道が整備されています。初心者の方であれば、ハイカットの登山靴で岩混じりの道から足首を保護し、雨具、ヘッドライト、地図、防寒具、水分、行動食といった登山の基本装備があれば大丈夫です。

夏場と秋では気温も大きく変わるので、防寒着や季節に合わせたウェアを選ぶのも忘れずに。

アクセスと駐車場は?

乗鞍岳 登山 畳平

乗鞍岳登山口である畳平へは、シャトルバスでのアクセスとなります。そのため、マイカーはシャトルバスが通るほおのき平、もしくは平湯温泉バスターミナルに駐車します。

後述の三本滝コースへは、マイカーで三本滝駐車場に停めることが可能で、バスでのアクセスも可能です。

トイレや水場は?

登山道上に水場はありませんが、畳平には自販機があります。また各山小屋で軽食を摂ることもできるので、飲料の携行は事前に購入しておくのが良いですが、シーズン中は水場がなく困ることは少ないです。

トイレも山小屋、畳平にありますが、登山道上に専用のトイレはないので、登山スタート前に済ませておくのが良いです。

乗鞍岳の山小屋は?

乗鞍岳には、山頂に近い肩ノ小屋、乗鞍高原方面にある位ヶ原山荘があります。

肩ノ小屋、位ヶ原山荘共に宿泊が可能で、山頂からの雄大な景色と夜景を楽しみたい方は肩ノ小屋がおすすめで、周辺の自然を存分に味わいたい方には位ヶ原山荘がおすすめです。

乗鞍岳のおすすめ登山コース

紹介した山乗鞍岳
都道府県神奈川県
標高3,026m
天気・アクセスなど乗鞍岳の詳細情報

人気ナンバー1:畳平から目指す最高峰の剣ヶ峰

乗鞍岳 登山 畳平
スタート地点畳平
ゴール地点剣ヶ峰
地点間の距離2.6km
片道コースタイム1時間35分
難易度★☆☆☆☆

畳平バスターミナルより山頂を目指す、乗鞍岳登山の代表的コースです。

乗鞍岳 登山

バスターミナルを降りた瞬間、そこには3,000mに迫る高所の景色が広がり、興奮を抑えられない中でのスタートになります。始めは舗装路を歩き、徐々に火山、高所特有の岩混じりの登山道に変わりますが、登山道は整っているので、視界が開けていれば安全に歩けます。

乗鞍岳 登山 高山植物

このコースは往復でも3時間前後なので、登山道より見える池、高山植物を愛でながら、時間の許す限り堪能できるのが魅力です。

さらに乗鞍高原を楽しみたい場合は、肩ノ小屋の利用がおすすめで、宿泊も出来て、乗鞍岳の夜景を楽しめる好立地です。

乗鞍岳 登山 山頂

肩ノ小屋を過ぎたら、後は山頂を目指すのみ。山頂は遮るもののない最高の眺望が広がります。

見応え抜群の三本滝:乗鞍高原から行く剣ヶ峰山頂

乗鞍岳 登山 三本滝
スタート地点三本滝バス停
ゴール地点剣ヶ峰
地点間の距離7.4km
片道コースタイム5時間30分
難易度★★☆☆☆

乗鞍高原側から剣ヶ峰を目指すルートです。

このルートの大きな魅力は、ルート上にある三本滝と、山頂に至るまでに見られる癒やされる自然の数々で、畳平からとはまた違う乗鞍岳の美しさに包まれながら歩けます。

おすすめの時期は紅葉の時期で、山中の植物が紅に染まり、その場から離れるのが惜しくなるほど、紅葉の山々に飲み込まれていきます。

乗鞍岳 登山 紅葉 位ヶ原山荘

日帰りが可能な行程ですが、肩ノ小屋と同様に、位ヶ原山荘もシーズン中は宿泊が可能です。乗鞍岳の自然にどっぷりと浸かりながら、山の時間を存分に楽しめます。

乗鞍岳のおすすめ温泉情

乗鞍高原温泉 湯けむり館

乗鞍高原にある温泉施設で、内湯と露天風呂が楽しめます。温泉に近づくと感じる硫黄の香り、乳白色の硫黄泉と、雰囲気もバッチリ。こぢんまりとした温泉ですが、その分大浴場には無い静かな湯に浸かれます。入浴後は食事も出来、下山後の利用におすすめです。

乗鞍ホテル 山百合

日帰り入浴も可能なホテルで、日帰り登山後、翌日も余裕のある人におすすめしたいお宿です。食事は地元の食材を使った和食料理で、どこか懐かしく親しみのある雰囲気と相まって、山の疲れが癒され、そして思い出深い時間を過ごすことができます。

乗鞍高原温泉 なごみ湯 白樺

乗鞍高原なごみ湯白樺は、乳白色の露天風呂に浸り、高原の風、林間に遊ぶ野鳥たちのさえずりが心を和ませてくれる。30年以来作り続けている厳選された信州牛を使った特製ビーフシチューも絶品だ。家庭的で、心地よい空間が魅力の宿。

出典:乗鞍高原温泉 なごみ湯 白樺

乗鞍高原温泉 ピーポロ乗鞍

出典:乗鞍高原温泉 ピーポロ乗鞍

楢ノ木や白樺などの木々に囲まれ、自然を満喫出来る宿。乳白色の温泉露天は屋根付で雨の日も安心。眼下に流れる沢のせせらぎを聞きながら入浴可能だ。夕食は四季折々の料理を個室でたのしめる。

信州乗鞍高原温泉 旅館 こだま

出典:信州乗鞍高原温泉 旅館 こだま

乗鞍岳は四季を通じてその姿を変え目を楽しませてくれる。旅館こだまは、そんな乗鞍岳を一望するロケーションに立地しており、乳白色の温泉と、食事が自慢の宿だ。

乗鞍ホテル山百合

出典:乗鞍ホテル山百合

標高1500mの天空ノ郷は澄んだ空気が気持ち良く星を近くに楽しめる。趣のある木造2階建の宿は、流れる時間もゆっくり感じ、のんびり過ごすことができるだろう。湯けむり立つ乳白色のお湯をたたえる大浴場と、料理長が工夫を凝らした四季の創作料理が人気。水芭蕉や新緑の眩しい春、冷房知らずの夏、鮮やかな紅葉の秋、雪のMt.乗鞍スキー場へは徒歩1分というアクセスで四季を満喫できる。

信州乗鞍高原温泉 緑山荘

出典:信州乗鞍高原温泉 緑山荘

花鳥風月から取った四つのお風呂。平成27年にリニューアルした檜葉材の美しい男女別の内湯。24時間入浴OK。大工の主人がこだわった八角形の「風の湯」。2つの湯船を持つ「月の湯」は共に貸切り無料の露天風呂。四季折々の美しさを感じながらのんびりできる。信州の旬の幸を使った料理と乳白色の天然温泉の貸切露天風呂。翌日の予定は自然観察指導員の若女将に相談できる。

信州乗鞍高原温泉 濁り湯・掛け流し 温泉宿けやき山荘

出典:信州乗鞍高原温泉 濁り湯・掛け流し 温泉宿けやき山荘

温泉は乗鞍岳の中腹に湧き出ているものを引いてきている。季節、気候などにより多少の温度差が出ないように泉質を変えることなく加温をしている。 100余年の歴史を秘めた宿だ。

旅館 鳥屋沢

出典:旅館 鳥屋沢

清流の音を聞きながら疲れを癒す。春・夏・秋の露天風呂は静かな心地良い時間を楽しめる。小盛りしたおそばをとうじ籠という柄のついたザルに入れ、 季節の野菜やきのこたっぷりのお鍋に湯くぐりをさせて食べる、温かい蕎麦を楽しめる。

出典:旅館 鳥屋沢

奈川地区は、標高が1,000mを越え、蕎麦栽培に適した冷涼な気候、朝晩の激しい寒暖の差、澄んだ空気と水が全国でも有数の美味い蕎麦を収穫することができる。

奈川渋沢温泉 温泉宿 山荘わたり

出典:奈川渋沢温泉 温泉宿 山荘わたり

都市部にはあまり出回らないといわれている信州の澄んだ水で作られたおそばを、煮立った具入りの汁にあけて熱いうちに食す、奈川の伝統食「とうじそば」が楽しめる。

出典:奈川渋沢温泉 温泉宿 山荘わたり

四季折々の自然とやわらかな湯のあたたかみを堪能できる。

渋沢温泉 ウッディ・もっく

出典:渋沢温泉 ウッディ・もっく

標高1000mの位置にある奈川高原ウッディ・もっくは、自然に囲まれ静かでゆったりできる施設だ。野麦峠スキー場まで車で5分。30分圏内には他に2箇所スキー場がある。館内にはスノーシューのレンタルもあり、スキーをしない人でも雪を楽しめる。

乗鞍岳で3,000m峰の魅力を感じよう

乗鞍岳 登山

乗鞍岳は3,000mを越える高峰でありながら、アクセスしやすく、整備された登山道によって、シーズン中は多くの登山客が訪れる人気の山です。山を歩けば、高山特有の動植物を始めとした、ここでしか見られない特別な眺望があり、古くから人々に愛されてきた乗鞍岳の魅力を存分に感じられます。日帰りでも登れる山ですが、山小屋に泊まって夜景を楽しむのもおすすめです。

乗鞍岳に登って、北アルプスの魅力を存分に堪能してくださいね。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年08月07日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

yamatabi全ての軽量・便利アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム