パタゴニア キャプリーン・サーマルウェイト

春夏秋冬、季節を問わず使用頻度が高いウェアにパタゴニアのキャプリーン・サーマルウェイトのフーディがあります。

何にでも使えるキャプリーン・サーマルウェイト

アクティビティを選ばずどんな場面でも活躍してくれるウェアで、例えばトレイルランをする時には、春夏秋の寒くなった時にアウターとしてフリースのような役割を果たしたり、冬山であればベースレイヤーとして機能するといったように、活躍する回数が多く使用頻度が多いです。

 

パタゴニア キャプリーン・サーマルウェイト

パタゴニアだとR1、R2という、より暖かいウェアもあるんですけど、僕の場合はそんなに寒がりではないので、サーマルウェイトを手に取ることが多いです。寒くなることが分かっていれば、R1を手に取ることもあります。

グリット状のサーマルウェイトの良さ

パタゴニア キャプリーン・サーマルウェイト

生地がグリット状になっているから通気性と速乾性が備わっているんです。それと使わないときにコンパクトになるんです。一枚地のフリースだと嵩張るけど、裏地の部分がグリット状に削られているので畳んだ時にコンパクト性が生まれるんですね。

サーマルウェイトを活用したレイヤリング

パタゴニア キャプリーン・サーマルウェイト

冬のレイヤリングにサーマルウェイトを取り入れるときは、ベースレイヤーにファイントラックのスキンメッシュ、その上にサーマルウェイトを着ます。天気良く風もなければそれだけでいるし、寒くなればハードシェルを着て、それでも寒ければ中綿を挟んだりというスタイルが多いです。4~5枚のレイヤリングですね。

 

パタゴニア キャプリーン・サーマルウェイト

冬場に汗をかくことがわかっているようなアクティビティの場合は一番下にファイントラックのスキンメッシュを着ることが多いです。やっぱり汗冷えが気になるので、体力消耗にもつながる冷え対策は万全に行ってます。

 

パタゴニア キャプリーン・サーマルウェイト

夏場はTシャツを着て、寒ければ長袖のカットソーを羽織ってその上にフリース代わりにサーマルウェイトが登場するというレイヤリングです。持ち歩くにも小さくコンパクトになるので便利だと感じてます。

パタゴニアの登山・トレイルランニングに最適の装備をもっと見る


トレイルランニンググッズを取り揃えるSo Cal
山旅々のLINE@はじめました
友だち追加