テント泊登山ではできるだけ装備の軽量化をして快適な登山を楽しむようにしています。登山装備の軽量化を行うことで、体への負担を軽減し、安全に登山を楽しむことができるメリットがあります。今回は7月に白馬三山の縦走登山で持ち歩いた装備リストを紹介します。

テント泊装備の軽量化で重視していること

装備を軽量化することで安全性と快適性が失われないように注意しています。例えばシュラフやテントマットを軽量化して寒くて寝ることができないとか、お湯を使うだけの食事に限定されるとか、そのようなことがない上で軽量化を行うことを重要視しています。

紹介する装備重量の内訳

紹介する装備重量の内訳は以下の通りです。水、行動食、食材は省いた重量です。

テント泊登山装備リスト2370g
クッカー・燃料装備リスト334g
必須装備リスト2623g
合計5327g

テント泊登山装備リスト

まず初めにテント泊登山の装備リストを紹介していきます。装備重量合計は2,370gです。

テント泊登山装備リスト
※横スクロールで表がスクロールできます。
カテゴリアイテム重量商品リンク
テントヘリテイジ/クロスオーバードーム2G630ghttps://amzn.to/3bMEU6G
ペグBoundless Voyage/ポイントステイク×848ghttps://amzn.to/3nUdHlH
ネイルペグフリーライト/ネイルペグ9g
グランドシートタイベックス/シルバー118ghttps://amzn.to/3ulw1I2
テントマット山旅/ULテントマット120cm97ghttps://socal.official.ec/items/63248336
シュラフシートゥーサミット/スパークSP1350ghttps://amzn.to/3OYNhdH
エマージェンシーシートSOL/エスケープライトヴィヴィ156ghttps://amzn.to/3bQSmqx
山旅/キューベンリバーシブルスタッフバッグ ピロ-28ghttps://socal.official.ec/items/35504335
着替え類タイツ、ロングスリーブ、ソックス300g
サンダルノーブランドサンダル120ghttps://amzn.to/3AoIUET
ダウンジャケットアークテリクス/セリウム SL フーディ210ghttps://a.r10.to/hDlp7P
ダウンパンツマウンテンイクイップメント/パウダー・パンツ215ghttps://a.r10.to/hwWwhR
ドライバッグ(ダウンウェア用)山旅/ドライバッグM-ダイニーマ製20ghttps://socal.official.ec/items/63248336
ドライバッグ(シュラフ、エマージェンシーシート用)山旅/ドライバッグL-ダイニーマ製25ghttps://socal.official.ec/items/63248336
ドライバッグ(テント用)山旅/ドライバッグM-ダイニーマ製20ghttps://socal.official.ec/items/63248336
座布団山旅/ULテントマットをカット24ghttps://socal.official.ec/items/63248336

テント泊装備軽量化のポイント

ダウンジャケットとダウンパンツ、ダウンシュラフは濡れると使い物にならなくなるので、ドライバックに入れています。

結露で濡れたテントによって他のものが濡れてしまわないようにテントもドライバックに入れています。

ドライバックに収納することは、付属の小さなスタッフバッグに入れるよりも安易にパッキングすることができるので撤収も早く行うことができます。

ダウンジャケットとダウンパンツ、ダウンシュラフは濡れると使い物にならなくなるので、ドライバックに入れています。

枕はスタッフバッグがリバーシブルになっていて、裏返すと枕として使用できる山旅リバーシブルスタッフバッグピローを使っています。中にはテント場に着いた時用の着替えを入れておいて、枕として使う時には着用していたウェアを入れて使用しています。寝る時はジッパーがテントマット側になるので汗の匂いは気になりません。

枕はスタッフバッグがリバーシブルになっていて、裏返すと枕として使用できる山旅リバーシブルスタッフバッグピロー

③テントマットはULテントマット200cmを自分の上半身の長さにカットして使用しています。幅50cm、長さ120cmで100gを切る非常に軽いテントマットです。底冷えも気にならず快適に寝ることができます。収納方法はザックの側面に這わせるように収納しています。

カットして余ったULテントマットをさらに約30cmほどの長さにカットして座布団にしています。テント場で食事をする時や、ザックにパッキングする時に膝をつくときなどに大変便利です。

ULテントマット200cmを自分の上半身の長さにカットして使用

④2種類のペグはネイルペグで穴を開けた後にポイントステイクを地面にさすことで、細くて軽いポイントステイクが曲がらずにしっかりと地面にさすことができます。フリーライトのネイルペグは固い岩盤に穴を開けてしまうほどに丈夫なので安心です。

2種類のペグはネイルペグで穴を開けた後にポイントステイクを地面にさす

クッカー・燃料装備リスト

今回は大豆ミートを使って唐揚げを作りビールのつまみとし、自作のカレーパウダーでカレーを作って、アルファ米と一緒に食べるという献立で使用するクッカーと燃料です。装備重量合計は334gです。

クッカー・燃料装備リスト
※横スクロールで表がスクロールできます。
カテゴリアイテム重量商品リンク
クッカートランギア/ミニセット TR-289175ghttps://amzn.to/3OYPDt3
五徳エスビット/チタニュームストーブ15ghttps://amzn.to/3Idm5Gf
燃料エスビット/固形燃料ミリタリー×342ghttps://amzn.to/3bBAgsa
ライターBIC/ミニライター10ghttps://amzn.to/3NEjKoH
カトラリースノーピーク/チタン先割れスプーン16ghttps://amzn.to/3uorcxr
お箸コンビニでもらったお箸5g
マグカップウィルドゥ/フォールダーカップ25ghttps://amzn.to/3umOmEs
お椀ウィルドゥ/フォールダーカップ ビック46ghttps://amzn.to/3afExRV

クッカー・燃料の軽量化ポイント

①寒い場所でもしっかりと燃焼してお湯を沸かしたり炒め物をするのに適していて、軽量化にインパクトを及ぼすのが固形燃料だと考えています。アルコールストーブは風に弱く、ガスストーブは重さがあるため、固形燃料を選んでいます。

アルコールストーブは風に弱く、ガスストーブは重さがあるため、固形燃料を選んでいる

②ライターは色々調べて最も軽かったのがBICのミニライターです。ライターは大きく分けて電子式とフリント式がありますが、高所でかつ低温下において点火できなくなる可能性がある電子式は登山では使わないようにしています。またライターのガス残量を調べる時は、強い光にライターを当てて透かしてみることでガスの残量がわかるので試してみてください。

ライターは色々調べて最も軽かったのがBICのミニライター

必須装備リスト

上で紹介した以外で必ず持ち歩かなければいけないと考えているテント泊登山用の装備です。装備重量合計は2,623gです。

必須装備リスト
※横スクロールで表がスクロールできます。
カテゴリアイテム重量商品リンク
ヘッドライトレッドレンザー/MH 594ghttps://amzn.to/3nCctuV
ランタンHEXER/UL3   61g
レインジャケットホグロフス/リムシリーズ ジャケット-GORE-TEX Paclite® Plus210g
レインパンツホグロフス/リムシリーズ パンツ-GORE-TEX Paclite® Plus230g
レインカバーシートゥサミット/ウルトラシル パックカバーM113ghttps://amzn.to/3OIKGVA
トレッキングポールモンベル/U.L.フォールディングポール152g
グローブ1ブラックダイヤモンド/ライトウェイト スクリーンタップ38ghttps://amzn.to/3ulI0Ft
グローブ2エクストリミティーズ/シニータッチグローブ54ghttps://amzn.to/3un5ObY
レイングローブTEMRES/03advance67ghttps://amzn.to/3yDjli0
ファーストエイド1すぐ使いたいもの200g
ファーストエイド2それ以外のもの260g
モバイルバッテリーAnker/PowerCore Essential 20000343ghttps://amzn.to/3yEZPlp
ケーブルスマホ、アップルウォッチ用48g
フリースRab/アルファフラッシュ222g
サングラスアイボル/CONLON26g
タオルパックタオル/オリジナルLarge59ghttps://amzn.to/3afIpCr
ネックウォーマーアクリマ39g
ビーニーHOUDINI/デソリハット32ghttps://amzn.to/3bGHN9b
ウォーターボトルプラティパス/1L35ghttps://amzn.to/3NEMoWW
ハットサンデーアフタヌーン/ウルトラアドベンチャーハット91ghttps://amzn.to/3nDPZKi
水筒オスプレー/スポーツボトル60g
ボトルケース山旅/アジャストボトルホルダー-X-PAC製26ghttps://socal.official.ec/items/39609362
スマホケース山旅/X-PACポケット36ghttps://socal.official.ec/items/51653188
サコッシュゼログラム/ThruHikerSystemCrossBag V2127g

必須装備の軽量化ポイント

①レインウェアは7月中旬から8月中旬ぐらいまでは、上で紹介したレインウェアよりもっと軽量にすることも可能です。7月前半から中旬と8月中旬から後半の期間の高所での登山の場合は、冷たい雨に叩かれる可能性を踏まえてゴアテックス製の中でも軽量なレインウェアにしています。

冷たい雨に叩かれる可能性を踏まえてゴアテックス製の中でも軽量なレインウェア

②ファーストエイドは、すぐに使いたいものとそうでないものとで分けています。すぐに使いたいものはサコッシュやザックのウエストポケットに収納して、ザックを背負ったままでもすぐに取り出せるようにしています。

ファーストエイドは、すぐに使いたいものとそうでないものとで分けている

③夏山登山では日焼け対策を万全にするため、スクリーン付きのハットや日除け用のサンブロックスクリーンを使用しています。ハットはヘルメットとの相性が悪いので、ヘルメットをかぶる時はキャップにするなど検討するようにしています。

スクリーン付きのハットや日除け用のサンブロックスクリーンを使用

最後にまとめ

今回紹介した装備は必要最低限のテント泊登山装備のリストです。状況に応じてアイゼンやヘルメットを加えます。

行動食と山ごはんのリストはまた別の記事で紹介します。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年09月27日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム