カテゴリーから探す

山のモノ Wear / Gears

山のコト Experiences

【八幡平登山】湿原と高山植物が織りなす自然庭園を歩こう

【八幡平登山】湿原と高山植物が織りなす自然庭園を歩こう

壮大な湿原に高山植物が咲き誇る八幡平。頂稜部や湿原内には遊歩道が整備されており、登山者をはじめ、ハイカーや観光客も気軽に楽しめる山です。以下では八幡平のおすすめポイントや登山コースをご紹介します。まるで山上の楽園のような八幡平の景色を楽しみましょう。

八幡平ってどんな山?

八幡平山頂の展望台
八幡平 登山
八幡平山頂の展望台

岩手県と秋田県の県境に位置する八幡平。山名に「平」とつくように、八幡平はなだらかな山容の高原台地です。八幡平は壮大な湿原と豊富な高山植物が魅力で、日本百名山、花の百名山に選ばれています。

山名八幡平(はちまんたい)
場所岩手県と秋田県にまたがる
標高1,613m
天気・アクセスなど八幡平の詳細情報

なだらかな高原台地【八幡平】の魅力

夏の八幡平 ワタスゲが咲き乱れる
八幡平 登山
夏の八幡平 ワタスゲが咲き乱れる 出典:PIXTA

壮大な湿原をもつ八幡平。以下では八幡平の魅力をシンプルに紹介します。

壮大な湿原と高山植物のお花畑

八幡平は壮大な湿原と数多くの高山植物が見られるのが魅力です。ニッコウキスゲやコバイケイソウ、ワタスゲなどが湿原一帯に彩りを添え、まさに自然庭園のような光景が広がります。さらに、大小さまざまな湖沼が点在し、これらが相まって美しい風景を作りだしています。

▼八幡平の花カレンダーはこちらから
花カレンダー[八幡平開花時期カレンダー]|八幡平市観光協会 (hachimantai.or.jp)

【ドラゴンアイ】雪解け時に見られる神秘の光景

八幡平のドラゴンアイ(鏡沼)
八幡平 登山
八幡平のドラゴンアイ(鏡沼)

八幡平といえば、雪解け時に見られるドラゴンアイが有名です。八幡平頂上付近にある鏡沼の雪解けの様子が、まるで竜の目の様に見えることから『ドラゴンアイ』と呼ばれています。
ドラゴンアイが見られるのは5月下旬~6月上旬の約2週間ほど。限られた場所・限られた時期にしか見られない神秘な光景なのです。

【八幡平三大展望地】高原や岩手山を一望できる

茶臼岳から見る岩手山
茶臼岳から見る岩手山

八幡平には、『八幡平三大展望地』と呼ばれる景観がよい場所があります。その場所とは、畚岳(もっこだけ)・源太森(げんたもり)・茶臼岳(ちゃうすだけ)の山頂。八幡平周辺にある山々で、八幡平の高原や風格ある岩手山の眺望が見られます。

八幡平の難易度別登山コース

山頂付近に登山口があるため、頂を踏むだけなら百名山の中でもっとも容易な山といわれています。登山初心者向けの山ではありますが、周辺の山々へと足を伸ばすともっと八幡平の登山を楽しめます。以下では、八幡平のおすすめ登山コースを難易度別にご紹介します。

初級者向け:【八幡平周回コース】壮大な湿原と湖沼群を楽しむハイキングルート

八幡沼展望テラスから見る八幡沼
八幡沼展望テラスから見る八幡沼

八幡平周辺をぐるっと周回するルートで、ハイカーに人気のコースです。登山道が整備されており、八幡平山頂までは石畳の道、八幡沼周辺は木道の遊歩道になっているため歩きやすいです。気持のよい湿原歩き、そして大小さまざまな湖沼めぐりが楽しめます。とくに八幡沼展望テラスからの眺めがよく、大きな八幡沼と湿原の美しいコントラストが見られます。

スタート・ゴール地点八幡平登山口
地点間の距離約4.0km
累積標高差約127m
コースタイム約1時間40分
難易度初級者向け

※コースタイムは休憩時間を含まず

初級者向け:【八幡平~源太森コース】壮大な湿原を一望できるコース

源太森の展望
源太森の展望

ハイキングコースである八幡沼を超えて、源太森を目指すコースです。八幡沼を過ぎると遊歩道がなくなり、地面がデコボコした登山道になります。難所はなく、距離も近いので手軽に登頂できます。ただ、木道が一部崩れていたり、浮石があったりするため、転倒しないよう注意して歩きましょう。

源太森の山頂からは、見晴らしのよい眺望が楽しめます。歩いてきた壮大な湿原や、風格ある岩手山の展望は見物です。

スタート・ゴール地点八幡平登山口
地点間の距離約5.0km
累積標高差約153m
コースタイム約2時間
難易度初級者向け

※コースタイムは休憩時間を含まず

中級者向け:八幡平三大展望地をめぐる縦走コース

畚岳の展望
畚岳の展望

体力に自信のある方は、八幡平三大展望地(畚岳・源太森・茶臼岳)をめぐる縦走コースがおすすめです。八幡平登山口を起点に、八幡平周辺にある3つの山を登ります。難所はないですが、歩行距離が長いため、時間にゆとりをもって行動すると良いでしょう。

それぞれの展望地からは、八幡平周辺の山並み、風格ある岩手山、広大な湿原の展望が見られます。各展望地で岩手山の眺望が異なるので、視点の違いも面白いです。

スタート・ゴール地点八幡平登山口
地点間の距離約15.0km
累積標高差約645m
コースタイム約6時間30分
難易度中級者向け

※コースタイムは休憩時間を含まず

上級者向け:【裏岩手縦走路】八幡平と岩手山をつなぐ約50㎞のロングトレイル

紅葉の裏岩手縦走路から望む秋田駒ケ岳と鳥海山
八幡平 登山
紅葉の裏岩手縦走路から望む秋田駒ケ岳と鳥海山 出典:PIXTA

安比高原から八幡平や三ツ石山、岩手山を縦走する、全長約50㎞におよぶロングトレイルコースです。「裏岩手縦走路」と呼ばれるこのコースは、東北の名峰を眺めながら稜線を歩けるのが魅力。3泊4日の行程で、道中は避難小屋へ泊まります。