壮大な湿原に高山植物が咲き誇る八幡平。遊歩道が整備され、散策しやすいことから多くのハイカーに親しまれています。ここでは、八幡平の魅力と登山コースについてご紹介します。

八幡平ってどんな山?

山名に「平」とつくように、八幡平はなだらかな山容の高原台地です。八幡平は壮大な湿原と豊富な高山植物が魅力で、日本百名山、花の百名山に選ばれています。八幡沼などのあたりは遊歩道が整備されているため歩きやすく、多くのハイカーに親しまれています。

山名八幡平(はちまんたい)
場所岩手県と秋田県にまたがる
標高1,613m
天気・アクセスなど八幡平の詳細情報

壮大な高原台地【八幡平】の魅力

壮大な湿原をもつ八幡平。以下では八幡平の魅力をシンプルに紹介します。

【ドラゴンアイ】雪解け時に見られる神秘の光景

八幡平のドラゴンアイ(鏡池)
ドラゴンアイ 出典”八幡平ドラゴンアイ発信局 | 美の国あきたネット (akita.lg.jp)

八幡平といえば、雪解け時に見られるドラゴンアイが有名です。八幡平頂上付近にある鏡沼の雪解けの様子が、まるで竜の目の様に見えることから『ドラゴンアイ』と呼ばれています。
ドラゴンアイが見られるのは5月下旬~6月上旬の約2週間ほど。限られた場所・限られた時期にしか見られない神秘な光景なのです。

壮大な湿原と高山植物のお花畑

八幡平の湿原
八幡平の湿原

八幡平では気持のよい湿原歩きができます。壮大な湿原に、大小さまざまな湖沼。また夏季にはニッコウキスゲやコバイケイソウなど、たくさんの高山植物が咲き誇る。まさに楽園のような、自然に癒される場所です。

【八幡平三大展望地】高原や岩手山を一望できる

茶臼岳から見る岩手山
茶臼岳から見る岩手山

八幡平には、『八幡平三大展望地』と呼ばれる景観がよい場所があります。その場所とは、畚岳(もっこだけ)・源太森(げんたもり)・茶臼岳(ちゃうすだけ)の山頂。八幡平周辺にある山々で、八幡平の高原や風格ある岩手山の眺望が見られます。

八幡平の難易度別登山コース

登山口は山頂付近にあるため、頂を踏むだけなら百名山の中でもっとも容易な山といわれています。以下では、八幡平を楽しむための登山コースについて解説します。

【ハイキング】壮大な湿原と湖沼群を楽しむ八幡平周回コース

八幡沼展望テラスから見る八幡沼
八幡沼展望テラスから見る八幡沼

八幡平周辺をぐるっと周回するルートで、ハイカーに人気のコースです。登山道が整備されており、八幡平山頂までは石畳の道、八幡沼周辺は木道の遊歩道になっているため歩きやすいです。気持のよい湿原歩き、そして大小さまざまな湖沼めぐりが楽しめます。とくに八幡沼展望テラスからの眺めがよく、大きな八幡沼と湿原の美しいコントラストが見られます。

合計距離: 4003 m
最高点の標高: 1622 m
最低点の標高: 1541 m
累積標高(上り): 185 m
累積標高(下り): -180 m
総所要時間: 01:47:35

※総所要時間は休憩時間を含む

【八幡平~源太森コース】壮大な湿原を一望できるコース

源太森の展望
源太森の展望

ハイキングコースである八幡沼を超えて源太森を目指すコースです。八幡沼を過ぎると遊歩道がなくなり登山道になります。難所はなく、距離も近いので手軽に登頂できます。ただ木道が崩れていたり、浮石があったりするため、転倒しないよう注意して歩きましょう。
源太森の山頂からは、見晴らしのよい眺望が楽しめます。歩いてきた壮大な湿原や、風格ある岩手山の展望は見物です。

合計距離: 5142 m
最高点の標高: 1610 m
最低点の標高: 1536 m
累積標高(上り): 217 m
累積標高(下り): -218 m
総所要時間: 02:24:57

※総所要時間は休憩時間30分を含む

八幡平三大展望地をめぐる縦走コース

畚岳の展望
畚岳の展望

体力に自信のある方は、八幡平三大展望地(畚岳・源太森・茶臼岳)をめぐる縦走コースがおすすめです。八幡平登山口を起点に、3つの山を登ります。難所はないですが、歩行距離が長いため、時間にゆとりをもって行動すると良いでしょう。
それぞれの展望地からは、八幡平周辺の山並み、風格ある岩手山、広大な湿原の展望が見られます。各展望地で視点の違いを楽しめます。

合計距離: 14972 m
最高点の標高: 1613 m
最低点の標高: 1443 m
累積標高(上り): 612 m
累積標高(下り): -562 m
総所要時間: 06:37:36

八幡平おすすめの登山時期

八幡平の見どころはシーズンによって変わります。下記ではおすすめの登山時期と見どころについて解説します。

【5月下旬~6月上旬】ドラゴンアイが見られる時期

ドラゴンアイが見られるのが5月下旬から6月下旬頃です。気温によって雪解けの進み具合がかわるので、最新情報を確認しながら訪れるとよいでしょう。登山道には残雪があるので、必要に応じて軽アイゼンを準備して登るようにします。

▼ドラゴンアイの最新情報はこちらから
八幡平ドラゴンアイ発信局 | 美の国あきたネット (akita.lg.jp)

【6~8月】夏の高山植物が咲き乱れる時期

夏の八幡平
夏の八幡平 出典”温泉天国 秋田八幡平 l 秋田八幡平トレッキングコース (akita-hachimantai.jp)

八幡平は高山植物が豊富で、時期によりさまざまな高山植物が見られます。初夏にはショウジョウバカマやヒナザクラ、盛夏にはニッコウキスゲやワタスゲなどが見られます。湿原と花に囲まれた散策が楽しめるでしょう。

▼八幡平の花カレンダーはこちらから
花カレンダー[八幡平開花時期カレンダー]|八幡平市観光協会 (hachimantai.or.jp)

【9月下旬~10月中旬】秋の紅葉が色づく時期

秋の八幡平
秋の八幡平

八幡平の湿原は9月中旬頃から草紅葉が進み、9月下旬頃には黄金色に輝く草紅葉が見られます。10月初旬~中旬にかけて樹木も色づき、中腹のアスピーテラインでは紅葉の中を駆け抜けるドライブコースを楽しめるでしょう。

【1月~3月】厳冬期に見られる樹氷

八幡平の樹氷
八幡平の樹氷 出典”温泉天国 秋田八幡平 l トレッキングコース 八幡平山頂の樹氷(冬期限定) (akita-hachimantai.jp)

八幡平は山頂の見返り峠を中心にアオモリトドマツの樹海が広がっており、これらの木々が冬になると氷結して樹氷となる。八幡平の樹氷は『スノーモンスター』と呼ばれ、樹木の原型が分からなくなるほど成長します。樹氷を見に行くには、ふもとの秋田八幡平スキー場からリフトに乗り、さらに約5㎞ほど歩く必要があります。そのため、雪山装備をしっかり持って登りましょう。

八幡平登山口へのアクセス方法

起点になる八幡平登山口へのアクセス方法は以下のとおりです。

・マイカー
駐車場:八幡平展望駐車場(普通車500円)
東北自動車道 松尾八幡平I.C.より約40分(約26km)
※八幡平展望駐車場を岩手側に少し下ったところに無料の駐車場もあります

・電車/バス
東北新幹線 東京駅~盛岡駅まで約2時間20分
岩手県北バス 盛岡駅~八幡平頂上まで約2時間

▼岩手県北バスの時刻表はこちらから
盛岡~八幡平 | 岩手県北バス(公式サイト)

八幡平登山口のマップはこちらから

八幡平下山後のおすすめ山旅スポット

八幡平を下山したあとに寄りたい観光地についてご紹介します。

【八幡平ハイツ】庭園風露天岩風呂で疲れを癒そう

八幡平ハイツ
八幡平ハイツ

八幡平を岩手県側に下ると、八幡平温泉郷があります。なかでも『八幡平ハイツ』は庭園風露天岩風呂で、とても風情があります。さらに、露天風呂から見える岩手山が気分を盛り上げてくれます。

名称八幡平ハイツ
住所岩手県八幡平市松尾寄木1-590-4
泉質単純硫黄温泉(硫化水素型)
日帰り入浴料日帰り入浴料:大人630円、子供300円
登山口からのアクセス車で約30分(約23km)

▼八幡平ハイツの詳細はこちらから
岩手県 八幡平温泉郷 八幡平ハイツ 公式ホームページ (8mantai.jp)

【ふけの湯温泉】八幡平最古の温泉

約400年前に開湯した、八幡平最古の温泉『ふけの湯温泉』。バリエーション豊かなお風呂と、自然の趣きあふれるお風呂が魅力です。内風呂・露天風呂・野天風呂・岩風呂・樽風呂・枡風呂と6つの種類があります。また、オンドルという蒸し風呂も楽しむことができます。

名称ふけの湯温泉
住所秋田県鹿角市八幡平字熊沢国有林
泉質単純泉・弱酸性泉 (敷地内に泉質の異なる3本の源泉)
日帰り入浴料大人600円/子供300円
登山口からのアクセス車で約20分

▼ふけの湯温泉の詳細はこちらから
【公式】蒸ノ湯温泉 l ホーム (fukenoyu.jp)

【ふうせつ花】大豆のごちそうを堪能しよう

岩手県で有名な豆腐屋さんの「ふうせつ花」。豆乳を使用したドーナツやワッフル、ソフトクリームなどのデザートが人気です。こだわりの大豆、そして八幡平の上質な井戸水を使用することで素材本来のおいしさを味わえます。

名称ふうせつ花
住所岩手県八幡平市保戸坂236
登山口からのアクセス車で約50分(45km)

▼ふうせつ花の詳細はこちらから
ふうせつ花 [岩手八幡平・安比] (fusetsuka.com)

八幡平の魅力や登山コースについてご紹介しました。八幡平はなだらかな山容で難所がなく、初心者向けの山になります。体力に自信のある方は、八幡平三大展望地をめぐる縦走コースにチャレンジしてみてください。壮大な景色に感動すること間違いなしです。そして八幡平下山後は、ご紹介した温泉やお豆腐屋さんで観光すると充実した山旅になることでしょう。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年12月02日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム