お釜や樹氷など、観光名所として知られている「蔵王山」。また、日本百名山のひとつにも選ばれ、登山者にも親しまれています。そんな蔵王山の魅力や登山コースについてご紹介します。

蔵王山ってどんな山?

蔵王山は山形県と宮城県にまたがる火山群の総称で、「蔵王連峰」と呼ばれることもあります。また、蔵王連峰を北蔵王、南蔵王の二つに分ける区分や、宮城県側の部分が宮城蔵王、山形県側の部分が山形蔵王とも呼ばれます。蔵王連峰の主峰は熊野岳で、火山ならではのダイナミックな山岳風景と、冬季に見られる巨大な樹氷が見どころです。

山名蔵王山(ざおうざん・ざおうさん)
場所宮城県と山形県の両県南部の県境
標高1,841m
天気・アクセスなど蔵王山の詳細情報

東のお山【蔵王山】の魅力

四季折々の風景を楽しめる蔵王山。以下では蔵王山の魅力についてシンプルにご紹介します。

蔵王のシンボル【蔵王のお釜】

蔵王のお釜
蔵王のお釜

蔵王のお釜は蔵王連峰の中央部にある河口湖で、エメラルドグリーンの湖面が美しく、蔵王の観光名所になっています。別名「五色沼」と呼ばれ、季節や天候、日差しなどさまざまな条件によって湖面は表情を変えます。アクセスの良さも相まって、何度も足を運ぶ人もいるようです。

約25キロにおよぶ蔵王連峰の美しい稜線

熊野岳から望む蔵王連峰
熊野岳から望む蔵王連峰

蔵王連峰は北の雁戸山、南の不忘山まで約25kmにもおよぶ山々のことを指します。蔵王の主峰の熊野岳からは、蔵王連峰のどこまでも続くような美しい稜線が見られます。

氷と雪の芸術【蔵王の樹氷】

蔵王の樹氷
蔵王の樹氷 出典”蔵王の樹氷 | 山形県 (pref.yamagata.jp)

樹木に氷や雪が付着する樹氷。蔵王の樹氷は「スノーモンスター」と呼ばれ、さらに木の原型がなくなるほどに大きく成長します。全国的にも珍しい蔵王の樹氷群は、まさに自然が作り出したアートです。

蔵王山の難易度別登山コース

蔵王山の登山コースは山形県側、宮城県側から登るコースがあります。今回は両県から登るコース、そして中央蔵王を縦走する3つのコースについてご紹介します。

登ってすぐ絶景に出会える【刈田岳~熊野岳往復コース】

刈田岳山頂からの展望
刈田岳山頂からの展望

蔵王山頂レストハウス付近の登山口から、蔵王の主峰である熊野岳に登るコースです。登山口は標高約1,700mのところにあり、登山口から歩いてすぐ「蔵王のお釜」を見ることができます。また、刈田岳山頂も登山口から歩いて10分くらいで着くので、寄っていくとよいでしょう。
気軽に絶景に出会えるコースのため、多くの観光客が訪れます。しかし、熊野岳山頂は小石がゴロゴロ転がっている斜面を登るので、転倒に注意しながら登る必要があります。

スタート地点蔵王山頂レストハウス
ゴール地点蔵王山頂レストハウス
地点間の距離約4.9km
累積標高差約180m
コースタイム約2時間30分
難易度初級
刈田岳~熊野岳往復コース

ロープウェーで行く【地蔵岳~熊野岳コース】

蔵王地蔵尊
蔵王地蔵尊

山形県側の蔵王山麓駅からロープウェーを使って登り、道中の地蔵岳を通って熊野岳を目指すコースになります。コースタイムが比較的短く、地蔵山頂駅(ロープウェー上駅)から熊野岳へは約1時間程度で登れます。
地蔵山頂広場には蔵王地蔵尊がまつられており、蔵王地蔵尊建立後に遭難者が少なくなったことから、「災難よけ地蔵」と呼ばれるようになりました。道中で立ち寄り、安全祈願していくとよいでしょう。

▼ロープウェーの詳細はこちらから
ロープウェイ(料金・営業案内・施設案内)|蔵王ロープウェイ|蔵王温泉スキー場 山形 (zaoropeway.co.jp)

スタート地点地蔵山頂駅
ゴール地点地蔵山頂駅
地点間の距離約3.1km
累積標高差約244m
コースタイム約1時間40分
難易度初級
地蔵岳~熊野岳コース

蔵王三山をめぐる【中央蔵王縦走コース】

三宝荒神山の展望
三宝荒神山の展望

短い山行でなく、もっと蔵王山を楽しみたい方は中央蔵王縦走コースがおすすめです。宮城県側の登山口から蔵王三山(刈田岳・熊野岳・地蔵岳)、そして三宝荒神山を往復するコースになります。蔵王のお釜や蔵王の美しい稜線、そして三宝荒神山に咲く高山植物を見ることができます。

スタート地点蔵王山頂レストハウス
ゴール地点蔵王山頂レストハウス
地点間の距離約9.0km
累積標高差約477m
コースタイム約4時間30分
難易度初級
中央蔵王縦走コース

蔵王山登山口へのアクセス方法

各登山コースにおける登山口へのアクセス方法について解説します。

【宮城県側】蔵王山頂レストハウスへのアクセス方法

・マイカー
蔵王山頂レストハウス向かいの刈田岳山頂駐車場を利用します。
(宮城県側)東北自動車道 村田I.C.より車で約50分(約34km)
(山形県側)東北中央自動車道 山形上山I.C.より車で約45分(約30km)
※有料道路の蔵王ハイラインを通ります

▼蔵王ハイラインの詳細はこちらから
蔵王ハイライン|宮城交通 (miyakou.co.jp)

・バス
(山形県側から)山形駅~蔵王刈田岳山頂 山交バスで約2時間(片道2,050円)
(宮城県側から)白石蔵王駅~蔵王刈田岳山頂 ミヤコーバスで約1時間40分(片道1,960円)

▼山交バスの時刻表はこちらから
山交バス/路線バス時刻表 (yamakobus.co.jp)

▼ミヤコーバスの時刻表はこちらから
timesche2022.pdf (miyakou.co.jp)

【山形県側】蔵王山麓駅へのアクセス方法

・マイカー
東北中央自動車道 山形上山I.C.より車で20分(12km)

・バス
山形駅~蔵王温泉バスターミナル 山交バスで約40分(片道1,000円)

▼山交バスの時刻表はこちらから
山交バス/路線バス時刻表 (yamakobus.co.jp)

蔵王山下山後のおすすめ山旅スポット

蔵王には豊富な温泉地があります。なかでも、宮城県側にある遠刈田温泉の「三治郎」がおすすめです。三治郎には12種の湯船があり、どのお風呂からでも蔵王連峰を眺めることができます。肌触りのよい濁り湯につかることで、登山の疲れを癒してくれるでしょう。

名称かっぱの宿 旅館 三治郎
住所宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉本町3
日帰り入浴料大人900円/子供500円

▼三治郎の詳細はこちらから
遠刈田温泉【かっぱの宿 旅館三治郎】宿泊予約|温泉がおすすめ (sanjirou.co.jp)

蔵王山の魅力、そして登山コースを3つご紹介しました。どのコースも比較的短いので登りやすく、そして見どころがたくさんある山になります。また、蔵王のお釜は日によっても見え方が変わるので、何度か足を運んで見比べてみるのも面白いでしょう。下山後は蔵王の温泉地でゆっくり羽を伸ばすのもおすすめです。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年10月03日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム