速乾性Tシャツで作ったヘアバンド

最近凝って作っているものにヘアバンドがあるんです。元々はトレランの大会などで参加賞としてもらったTシャツなんですが、全然着ていなくてもったいないからと思って再利用してるんです。(笑)

ヘアバンドの作り方

作り方はいたって簡単で、Tシャツを切って5本の蜜編みにしているんです。適当に作っちゃてるから、綺麗ではないんですけど、ヘアバンド自体は給水速乾性のあるTシャツを使ってるから、なかなか使い心地がいいんですね。

仕事柄考える自分のスタイル

道がまっすぐのスタッフ陣

最初はトレランで皆が被っているようなキャップをしていて、それは普段からも、お店番をしている時なんかもしていたんですが、意外と見た目がワイルドだなあって感じてたんです。道がまっすぐでは2人、私と小山田さんとで店番をしていることが多い中、2人してキャップをしていると初めてのお客さんも入りづらいかなって気になったんです。

だから普段はロングスカートをはいたり…ランニングするような格好ではないほうが柔らかく見えるかなあって気にするようになって、キャップじゃなくてヘアバンドに切り替えたっていうのがキッカケなんです。

ヘアバンドに行き着くまで

速乾性Tシャツで作ったヘアバンド

最初はランニング用のヘアバンドを買って使ってたんですけど「これ作れるんじゃない?」って思って色々ネットで調べてたら、Tシャツを使ってヘアバンドを作っている人たちが結構紹介されてたんです。それを見て「あっ!着ていない参加賞のTシャツいっぱいあるじゃん」って思って、「これを利用しない手はない!」って思ったんです。

ヘアバンドはそういうキッカケだったので走るときも普段からも活用していて、Tシャツから作られているから汚れたら簡単に洗濯できるし、そもそもいらないと思っていたTシャツなので、汚くなってしまったら躊躇なく捨てられるという気軽さもラクチンでいいんです。Tシャツの再利用だからエコだし、Tシャツの素材によって風合いもかわるし、面白いんです。

女性ならではの悩み

これはきっと女子ならではの悩みなんですけど、キャップはなんだかヘアスタイルが難しいんです。男の人すぎちゃうのもなんだかな~って思って、最初BUFFをしていたんですけど、BUFFもなんか女性らしさを感じれない…って悩んでたんです。

『トレランでもランニングでもせっかくだから女性らしさを取り入れた方が楽しいよな。』と思うようになって、キャップでもないし、サンバイザーでもないし、って思ってヘアバンドにいきついたんです。走っていて思うのは最近ヘアバンドの女性がわりと多いんですね。

トレランしてる人ってオシャレな人が多い中、例えばピアスをしていてもヘアバンドであれば邪魔にならないし、あえて女性っぽいかんじにもっていった方が楽しいと感じてます。アウトドアグッズに女性モノが少なく、それとは反対に皆カワイイものが欲しいと思っている中、男モノが多くて。だからこそ女性っぽいテイストをこういう簡単なところで取り入れられるといいなあって感じているんです。