登山道は岩や石、木の根など様々な障害物があり、雨や夜露で滑りやすい場所も多いです。そんな登山道を登ったり下ったりを繰り返し、何千、何万歩も歩くための登山靴は登山においてもっとも重要な装備と言えます。

自分の足に合った登山靴

自分の足に合った登山靴

足の形は十人十色だから登山靴の特徴もまた様々です。自分の足に登山靴が合わないと、靴擦れ、疲労の蓄積、場合によっては怪我、事故につながるので慎重に登山靴を選ぶ必要があります。

最初の一足はミッドカットかハイカット

最初の一足はミッドカットかハイカット

登山靴はローカット、ミッドカット、ハイカットの3種類のタイプに分けることができます。最初の一足はどのタイプが良いかというと、ミッドカットもしくはハイカットの登山靴をおすすめします。

このタイプの登山靴は適度な剛性を備え、大は小を兼ねる考えから、ステップアップをして少し標高の高い山に行ってみようと考えた時に汎用性が高いため幅広い登山に使用することができます。

ハイキングや低い山に出かけるときにはオーバースペックに感じると思いますが、登山靴で歩くことに慣れるためにも、おすすめの選択肢です。お金をかけることができれば、ハイキング用と低山登山用、高所登山用と分けて登山靴を使用するのが最も快適です。


種類ハイカットミッドカットローカット
イメージハイカット 登山靴ミッドカット 登山靴ローカット 登山靴
特徴・登山に最も適している・低山など整地された登山に適している・素早い行動を楽しむスタイルに適している
メリット・砂利などの異物が入りづらい・ハイカットより動きやすく軽量・軽量で運動性が高い
・ペースを上げての長距離移動が可能
デメリット・重量がある
・足首の可動域が狭い
・軽量性ではローカットに劣る・異物が入りやすい
・怪我のリスクが高い

登山靴を選ぶ際のポイント

まずは登山靴の各部名称を知ることから始めましょう。

登山靴 おすすめ 各部名称
※横スクロールで表がスクロールできます。
番号パーツ名称役割
アンクルパッド足首にあるパッド。ふくらはぎに当たるので、柔らかい素材を採用している
アイレット靴紐を通す部分。多少のことでは緩まず、適度に締められるように配慮されている。
ヒールカップ
タン
踵を保護する部分。岩や木々などの自然物から守ってくれる
コバセミワンタッチ、ワンタッチアイゼンを装着するための部分。
サイドプロテクター靴の左右を保護する役割を担う。主にゴム素材が使われる
タン舌の様な形状の泥除け。登山靴によってはクッション性があるものも
シューレース靴紐。平紐と丸紐があり、登山靴の特徴や個別に使い分けることができる
アッパー甲皮と呼ばれる靴の大部分を占める部分。用途によって防水素材や皮革が使われる
ミッドソール衝撃吸収の役割を持つ部分。登山靴の特性によって構造が異なる
トウカップつま先を保護する部分。ヒールカップ同様、自然物から足を守る
アウトソール靴底。各社独自素材のソールからビブラム社などのものを使用している。

上の画像と表は登山靴の各部名称を説明したものですが、ローカットもミッドカットも各部名称は同様です。この中で登山靴を選ぶ際に注目する必要があるのが、⑧アッパー、⑨ミッドソールの2点です。

アッパーは軽量性と耐久性のバランスを考えることが重要で、最初の一足には皮革と布を組み合わせたハイブリッドタイプがおすすめです。軽量で、価格も比較的安く、耐久性にも優れています。

ミッドソールはシャンクと呼ばれるプレートが入っている登山靴を選ぶようにしましょう。ミッドソールが柔らかいと足に負担がかかりやすく、不整地での安定感に劣るため、怪我のリスクが高くなります。

登山靴の選び方について詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

インソールとソックスにも気を配る

インソールとソックスにも気を配る

登山靴と一緒に気を配る必要があるのがインソールとソックスです。インストールはかかとのホールドを高め、土踏まずのアーチをサポートするため、歩行の安定と疲労の軽減が期待できます。

ソックスは足の汗を吸収し、マメや靴擦れなどの足のトラブルの回避を期待できます。また厚手のものはクッション性に優れているため足裏の疲労経験が期待できます。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年12月02日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム