パタゴニア フーディニパンツ
パタゴニアのフーディニパンツは、トレランをしている人には馴染み深いパタゴニアのフーディニジャケットのパンツ版です。ウィンドブレーカーって聞くとジャケットをイメージすると思うんですが、パンツとしての活用はジャケットとはまた違った意味でも便利なことが多いんです。

 

スノーラン

寒さ対策としてはトレランスタート地点までの移動中はもちろん、行動中でも寒さが厳しければ履くようにしています。最近はトレランシューズの進化も目覚ましく、雪中を走ることも無理なく楽しめるので、そういうときには短パンとフーディニパンツという出で立ちでランニングを楽しみます。もっと寒くなると、短パンではなくタイツに変えたりしますが、アウターは走るときにはいつもフーディニパンツです。

フーディニパンツの活躍するシーン

パタゴニア フーディニパンツ

走り始めは朝一ということが多く、また標高が低いところを走っているけど、やっぱり体が温まっていないので寒いんですね。1日を通して自分の体温変化を観察していると朝と夜、同じ気温でも朝はやっぱり体温が低いので『寒い!』という実感が強く筋肉が硬直しやすいんです。そんな状態で無理に体を動かすとケガの原因にも成りかねないので、出来るだけ寒さを凌ぎたい。

 

パタゴニア フーディニパンツ

そうは言ってもあまりにも暖かいレイヤリングだと直ぐに汗をかいて汗冷えを起こすので、ほどよく風を凌いでくれたらいいんです。そういう絶妙なバランスにパタゴニアのフーディニは抜群なんです。ジャケットもパンツもパタゴニアのフーディニに身を包んで、ハイクアップを行っていると程よく体が温まってくる。そうしたらパンツもジャケットも脱いで改めて走り始めると、汗をかきづらい状態を保ちながらトレランを楽しむことができます。

フーディニパンツの機能美

パタゴニア フーディニパンツ

パンツの脱ぎ履きも非常にラクです。裾はスナップボタンをババババッと開いて広がるので靴を履いたままでも着脱しやすいんです。大きな登山靴だともうちょっと開いてもらうといいんですけど、僕の場合はトレラン時での使用が多いので、トレランシューズはある程度コンパクトというのもあり、そんなに違和感を感じていないです。

 

パタゴニア フーディニパンツ

パッカブルが可能なのもトレランユースには嬉しいところです。移動中に履いていて、走りはじめに脱いでザックに収めるときパッカブルで小さくなるのはありあがたく、別の小さな収納袋を持ち歩く必要もないんです。ザックにそのまま押し込んでもいいんですけど、ザックのジップを開け閉めするときに干渉してしまったり、別のものを取り出すときにストレスを感じたりするので、パッカブルできるというのは1つ好きな点に数えられます。

重量は96グラム。ジャケットと併せても200グラム弱で非常にコンパクトになります。

日常に溶け込むフーディニパンツ

パタゴニア フーディニパンツ

最後にシルエットなんですが、だぼっとせずに履いた時に細身で括弧よく履けるんです。トレランをする時は寒い季節でも短パンを履くときが多く、そうすると移動中はちょっと寒いし恥ずかしいんです。パンツも丈が短くペラペラのテクニカルなものだと余計にその恥ずかしさは増長します。

 

パタゴニア フーディニパンツ

そんな時にもこのフーディニパンツがあれば全く違和感ないし、シルエットの美しさから普通のパンツっぽく見えるんです。だから『仕事帰りは走って帰ろう』なんていう時にもフーディニパンツを履いて過ごして、帰りはそのまま着替えずに帰るなんていうこともしばしばです。

シルエットが細身だと走りづらいのでは?と思ったんですが全くその違和感を感じません。機能性という面での活用以外にも人目を気にして、移動中は行き帰りに履くことが多いのもフーディニパンツの良さだと実感してます。