パタゴニア ライトウェイト・トラベルトートパック22

アクティビティで使用するのではなく、日帰りの登山やトレランで必ず持っていっているギアの1つにパタゴニアのライトウェイト・トラベルトートパック22Lがあります。これはどんなときに使用するかというと、例えばトレランであればトレランザックにライトウェイト・トラベルトートパックを小さくパッキングして入れておいて、トレラン終了後お風呂に入って、その後濡れたものを一切合財、このトートパックに入れて帰るというような使い方です。

 

パタゴニア ライトウェイト・トラベルトートパック22

せっかく着替えた綺麗なウェアなのに、汗で濡れたトレランザックを背負うのが嫌で「何かいいものないかなあ」って探し当てたのがこれだったんです。日帰り登山でも夏場だとやっぱり同じように汗をかくのでバックパックの中に入れておいて同じような使い方をしています。

 

パタゴニア ライトウェイト・トラベルトートパック22

ライトウェイト・トラベルトートパックのコンパクト性

22リッターという結構な容量が入るのに重さは400グラム弱で、トートパックの内側に取り付けられているジッパー式ポケットに本体をそのままクシュクシュにして詰め込めむ方法でパッキングが可能です。パッキング後は手のひらサイズに収まる大きさで小さなトレランザックにも押し込めるし、非常にコンパクトになるのでどんな場所にも持ち歩けるよさがあります。この容量を求めると通常のデイパックだと800グラム~1,000グラムというのがおおよその重量感なのに対して、約半分の軽量性は『持ち歩く』シーンにおいては使い心地が抜群です。

パタゴニア ライトウェイト・トラベルトートパック22

ライトウェイトなのに背負い心地も抜群

軽さを求めていくと背負い心地が気になるんですが、これは非常に背負い心地もいいんです。ゴツゴツした形状のものをトラベルトートパックの中に詰め込んで背負うと背中に物があたる違和感を感じるかなあ~って心配だったんですが、これがほとんどない。軽量なバックパネルが背中にクッション性をもたらせてくれるのでとても背負い心地がいいです。またショルダーストラップも同じように柔らかなクッション性があるので肩が痛くならないような施しがあるんです。

 

パタゴニア ライトウェイト・トラベルトートパック22

パタゴニア ライトウェイト・トラベルトートパック22

トラベルトートパックという名の通り、手に持って持ち運ぶこともできるし、肩にかけて持ち運ぶこともできる。こういう2way以上のバックって肩掛け専用で使うときにショルダーストラップがブラブラしてたりするのが嫌なんですけど外に出ないように収納できるんです。ウエストベルトも収納できないと切ってしまうこともあるんですが、トラベルトートパックはちゃんと収納できます。

全体に使用されている素材は耐久性があるリップストップナイロン製で、ポリウレタンでコーティング加工がされているので、ちょっとぐらいの雨はへっちゃらです。

パタゴニア ライトウェイト・トラベルトートパック22

パタゴニアギアの素晴らしさ

ポケットの量というか施しというか、あってほしいところにちゃんとある、あってほしい形でちゃんとある、という感動があるんです。メインのコンパートメントは上部からジップ全開で物の出し入れがしやすく、パッカブルする際にも使用するオーガナイザーポケットはメインコンパートメントの中に取り出しやすい場所に配置されているので、貴重品などを入れるのに最適です。

 

パタゴニア ライトウェイト・トラベルトートパック22

また外側には同じくジップが縦に開閉する大型のポケットがあって、背負っているときに片手をショルダーストラップから外してザックに入っているものを体の前に持ってきて取り出すのに非常にラクなんです。

忘れがちな性格な僕はこの部分のジップを閉め忘れることが多くて、危ういことが多いので細かくて落っことしやすいものは入れないように心がけてます。主には文庫本やノート、筆記用具などを入れる事が多いです。またサイドには伸び縮みするメッシュ素材のポケットがあり、ここにはドリンクを差し込めます。

 

パタゴニア ライトウェイト・トラベルトートパック22

荷物の中身がウェア類だったりするとモコモコになってしまうので、そういうときはサイドにあるコンプレッションストラップで圧縮をかけることもできます。

まあ、とにかく使い心地が抜群なので普段仕事に行くときの荷物入れ、スーパーに買い物に行くときの買い物袋としても利用しています。他にも同じ大きさのバックが沢山あったので、これを購入した際に断捨離してクローゼットがスッキリしました。