冬の登山に備えた登山向け最強アイテムは、汗をかいても気化熱による汗冷えが少なく、冷たい風にさらされてもしっかりと体温を維持してくれる冬の登山だけでなく一年中使える汎用性に優れたものです。そしてピックアップしてみたら、コーデュラ製のグローブを抜いて、どれもポーラテック製品だったことに驚きました。ポーラテックの優れた特徴と冬の登山においての万能性について紹介します。

とにかく冷たい風から手を守る−山旅防風ミトン

とにかく冷たい風から手を守る−山旅防風ミトン

山旅防風ミトンはコーデュラナイロン製のミトン型グローブで、重さは21g、パッカブルすることができて手のひらに収まるほどの大きさで持ち歩くことができます。小雨程度の雨であれば雨をしっかり弾き、簡易的なレイングローブとしても使えます。

グローブをしてみると分かりますが、通気性がないので冷たい風からしっかりと手を守り、手がかじかむことがとにかく少なく、このグローブを冬の登山に持ち歩くようになってから、手が痛くなることがなくなりました。そしてスマホタッチもできて個人的には最強なグローブだと思います。

肌から汗をすぐに吸い上げる−パタゴニア キャプリーンサーマルウェイト

肌から汗をすぐに吸い上げる−パタゴニア キャプリーンサーマルウェイト

ポーラテックのパワーグリッドの中でも、最も薄手の番手を採用したベースレイヤーです。冬の登山では少しでも汗をかくと、その部分に風が触れることで冷たく感じ、それがもとに体温低下が促進されてしまいます。しかしこのベースレイヤーを着用することで、すぐに汗を吸い上げて外側の生地に移動させるので、汗冷えリスクが大幅に軽減され寒くもなく、暑くもなく、冬の登山を楽しめます。

ジップアップで涼しい風を体に取り込み、体に吸い付くようなフィット感によって腕まくりが容易なので体温調整が容易な冬には最強のベースレイヤーです。

頭を温め汗蒸れを吸い上げる−薄手のビーニー

頭を温め汗蒸れを吸い上げる−薄手のビーニー

厚手のビーニーだと防寒性には優れていますが登山をしていて頭に汗をかきやすいので薄手のビーニーを冬の登山では愛用しています。ビーニーはヘルメットとの相性も良く、頭から出る汗をしっかりと吸収してくれます。

頭が蒸れた状態で風に当たると、自分では気づきませんが頭がかなり冷えて、集中力が途切れてしまいます。頭の防寒対策は後回しになりがちですが冬の登山では重視しています。

冷たい風から耳も守ってくれる薄手のビーニーは冬の登山には欠かせないアイテムの1つです。

パタゴニア・オフィシャルサイト

程よく体を温め通気性に優れた−Rabアルファフラッシュ

程よく体を温め通気性に優れた−Rabアルファフラッシュ

ポーラテックのアルファダイレクトを採用したアクティブインサレーションです。この素材は汗っかきな僕には通気性と保温性のバランスが秀逸で、樹林帯から稜線に出るまで着用し続けることができるミドルレイヤーです。

汗をしっかりと吸収し乾きも早く、ジャケットタイプで体温調整がしやすく、フードがないのでレイヤリングがしやすいミドルレイヤーです。

また体の側面から脇にかけてと、脇から風に当たらない腕の部分全てがストレッチ素材なので、動き易く背中や体幹部分に使用されているポーラテックアルファよりも透湿性に優れているので、効果的にミドルレイヤーの中の熱を外側に排出します。

動きを妨げない防寒性に優れたフリース−フーディニ パワージャケット

動きを妨げない防寒性に優れたフリース−フーディニ パワージャケット

暖かいだけでなく動きを妨げない優れたストレッチ性のある、ポーラテックのパワーストレッチ製のフリースです。

上で紹介したRabアルファフラッシュと比較すると通気性よりも防風性に優れたフリースで、その分重いのですが、全く重さを感じない気持ち良く着用できるミドルレイヤーです。

パワーフーディよりもフードがない分肩周りがとても軽く感じ個人的にはジャケットタイプの方が好みです。厳冬期の高所登山におけるミドルレイヤーに最適で、冬の普段使いにもこのジャケットばかり着用しています。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2023年01月24日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム