北アルプス 立山黒部アルペンルート

初夏の暑さを忘れさせてくれる”立山黒部アルペンルートの雪

立山黒部アルペンルートは、標高3,000m級の峰々が連なる北アルプスを貫く世界有数の山岳観光ルートです。

総延長37.2km、最大高低差は約2,000m。そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にあります。 立山は、その標高の高さから雪が溶けにくく6月中旬頃まで雪を楽しむことができるため初夏のじめじめした暑さを忘れ、涼しげな空気に触れることができます。 また6月26日からは、日本一の高さ(186m)を誇る黒部ダムの迫力満点の観光放水が楽しめます。

 

北アルプス 立山黒部アルペンルート

天空の白壁を歩こう!雪の大谷ウォーク

標高2,450mの立山室堂平は、世界でも有数の豪雪地帯。中でも室堂付近にある「大谷」は、吹きだまりになっているため特に積雪が多くその深さは最大で20mを超えることもあります。この「大谷」を通る道路を除雪してできる巨大な雪の壁が「雪の大谷」で、6月でも10mの高さの雪壁を仰ぎ見ることができます。(例年の見ごろ~6月中旬頃まで)

 

北アルプス 立山黒部アルペンルート

日本最高所の雪の迷路を歩こう ~Snow Maze~

「立山・雪の大谷ウォーク」アルプス広場特設会場に、日本最高所の雪の迷路がオープン。「立山の雪」を活用した縦横30メートル、雪壁の高さ2メートルの迷路でおとなもおこさまも、皆で触れあい楽しむことができます。期間は5/18~5/31まで。

 

北アルプス 立山黒部アルペンルート

北アルプス 立山黒部アルペンルート

初夏の立山に迫力の滑り台 ~Snow Slide出現!~

同じくアルプス広場特設会場に、全長30メートルの巨大な雪の滑り台が出現!まだ大量に残る立山の雪を利用した迫力満点のソリ遊びが期間限定、無料でお楽しみいただけます! ※会場までのアクセスは有料。開催期間は6月3日(土)~ 22日(木)まで。

 

北アルプス 立山黒部アルペンルート

北アルプス 立山黒部アルペンルート

本格的な夏の立山で楽しむ!パワースポットめぐり

日本三霊山の一つにも数えられる立山連峰は、山全体をご神体とし古くから山岳信仰の対象とされてきておりました。 そのため、「地獄」と「浄土」を巡礼できる、まさにルート全体がパワースポット!雄大な自然の美しさに包まれ、心も身体も癒されるアルペンルートで特にオススメのスポットをご紹介します。

 

北アルプス 立山黒部アルペンルート

おすすめスポット1. ~念仏を唱える滝、 称名滝~

落差350mを誇る日本一の大瀑布。流れ落ちる水の迫力は圧巻の一言。
雪解けのこの時期だけに現れる二本目の滝「ハンノキ滝」と、水しぶきが作りあげる虹を見れば効果も二倍!さらに水量が増した時には、二本の滝から分岐していくつもの小さな滝が現れる珍しい光景に出会えることも。力強い水しぶきとマイナスイオンのシャワーから霊峰立山のパワーを充填できます!

 

北アルプス 立山黒部アルペンルート

北アルプス 立山黒部アルペンルート

おすすめスポット2. ~持ち帰れるパワースポット? 立山玉殿の湧水~

霊峰立山の主峰、雄山。その山頂3,003m建つ、日本一標高の高いパワースポット。
立山信仰の中心的な存在のこの場所は眺望もよく、晴れた日には日本三霊山の全てを一度に眺められることも!

また雄山の直下から湧き出る水は、降り積もった雪が200年以上もの歳月をかけて自然濾過され湧出した軟水です。湧水はミネラルが豊富で美容にも最適。雄大な景色と美味しい湧水で身も心もリフレッシュできるパワースポットです!