越知山泰澄トレイル

長い間、人が足を踏み入れることを許さなかった白山に、はじめて登拝(とはい)したのが僧泰澄です。

泰澄は天武天皇11年(682)に、越前(現在の福井県)麻生津(あそうず)に生まれました。幼いころより神童の誉れ高く、14歳のとき、夢で十一面観音のお告げを受け故郷の越知山(おちざん)にこもって修行にあけくれるようになりました。

 

越知山泰澄トレイル

霊亀2年(716)、泰澄は夢で、虚空から現われた女神に、「白山に来たれ」と呼びかけられます。お告げを信じた泰澄はそれまで誰も成し遂げられなかった白山登拝を決意し弟子とともに白山を目指して旅立ちました。そして幾多の困難の末、ついに山頂に到達。養老元年(717)、泰澄36歳のときでした。

 

越知山泰澄トレイル

白山の開山以来、泰澄の名声はとみに高まり、都に赴き元正天皇の病を祈祷で治したり、大流行した天然痘を鎮めるなど華々しい活躍をします。開山から8年後の神亀2年(725)には、白山山頂で奈良時代を代表する名僧行基と出会い、極楽での再会を約束したとも伝えられています。 数々の伝説を残し、「越の大徳」と讃えられた泰澄は、神護景雲元年(767)に越知山で遷化。享年86歳でした。

 

越知山泰澄トレイル

今から1300年前、越前の僧・泰澄が開山したと伝えられている白山。福井・石川・岐阜をまたぐ白山は、湧き出る水が各地を潤し、それぞれの文化・産業の源になり、信仰の対象として人々から崇められていました。泰澄は、入山することが困難だった白山への登頂に成功し、以降、白山は修行の聖地となり、今に続く白山信仰や観音信仰の山となった。

福井生まれの僧・泰澄が開山して今年で1300年。福井県内にある泰澄ゆかりの地を巡りながら、1300年のロマンを感じてみましょう。

 

越知山泰澄トレイル

【開催日】2017年5月28日(日)
【開催場所】越知山・泰澄の道(福井県越前町)

 

越知山泰澄トレイル

<行程>
06:30 集合・受付
07:00 入山式
07:15 バスで登山口(小川集落)へ移動
08:00 登山開始

<初心者向け>
Aコース /行者道入口・・・独鈷水(とっこすい)・・・山頂
<経験者向け>
Bコース/ 行者道入口・・・大谷風穴・・・かなん滝・・・お題目岩・・・独鈷水(とっこすい)・・・山頂
※山頂では、 12:00~泰澄祭(昼食)、 神事、 泰澄鍋のふるまい、 森のコンサート(ハーモニーあそうづ)などの催しを行います。

13:30 下山開始・・・花立峠・・・雀ヶ峠
15:00 悠久ロマンの杜到着・順次解散
※泰澄の足跡と史跡をたどる泰澄塾生による解説付

<参加費>
大人1,000円/中学生以下無料 ※当日受付にて支払

<参加対象者>
小学生以上 ※小学生は保護者同伴

<服装>
長そでシャツ、 長ズボン、 トレッキングシューズ、 帽子など山歩きに必要と思われる格好

<持ち物>
弁当、 水筒、 おやつ、 雨具、 手袋、 防寒ジャンパー、 タオル、 ティッシュなど

<申込方法>
当日、 午前6時半~7時に集合場所にて受け付 先着190名まで(バスの定員のため)

<その他>
当日はレクリエーション保険に加入しますが、 怪我や事故は自己責任でお願いいたします。

<今後のお知らせ>
・11月3日(日) 秋の泰澄トレイル(泰澄の史跡巡り) 集合場所:八坂神社 8時~

<主催・共催>
主催/越知山泰澄トレイル実行委員会
共催/越知山泰澄塾 日本山岳会福井支部

<お問合せ先>
越知山泰澄塾 0778-34-1330