前回、THE NORTH FACEの勝負服の中でもザックを紹介させてもらいました。今回は、ウェアを紹介したいと思います。それが「ショートスリーブエンデューロクルー」です。

私は、汗をよくかくのですが、寒がりという面倒くさい体質をしています。そんな私の体質にバッチリはまったのが、このエンデューロクルーでした。

THE NORTH FACE「ショートスリーブエンデューロクルー」

素材は、肌面で水分を保持しないポリプロピレン、表面が吸汗速乾性と耐摩耗性に優れるポリエステルトリコットのダブルフェイス構造。つまり、かいた汗を素早く吸い上げて、ドライな着心地を保ち、不快な汗冷えを軽減してくれます。

 

THE NORTH FACE「ショートスリーブエンデューロクルー」

一枚でドライレイヤーとベースレイヤーの役割を果たす優れものです。さらに、耐摩耗性にも優れているので、ザックによる擦れなども防いでくれます。夜間走行や標高差があるロングレースやファストパッキングにとって汗冷えは大敵なので、「ショートスリーブエンデューロクルー」は、おすすめです。

ショートスリーブだけでなく、ロングスリーブもあるので、季節ごと使い分けるのもいいと思います。私は、真冬や高山以外は、ショートスリーブを使用し、アームカバーやシェルで温度調節をすることが多いです。

山梨の魅力〜山へのアクセスのよさ、山での出会い

THE NORTH FACE「ショートスリーブエンデューロクルー」

山梨は何と言っても、山へのアクセスのよさが魅力です。どの駅で降りても数キロで山へアクセスすることができます。そして、山梨は至る所に温泉があるので、山で疲れた体を温泉で癒すなんていうのもいいですね。

私の実家からもすぐに山に入ることができるので、山は特別なものという感じではなく生活に密着したものです。でも、都会の人にとっては、山に行くためには、細かく予定を立てたり、計画を立てたりするので特別な場所といえるかもしれませんね。山梨県人にとっての海みたいなものなのかもしれません。私にとっては、特別なものではない山ですが、特別でないからこそ、同じ場所でも素敵な出会いがたくさんあります。その中でも印象的だった方との出会いを紹介したいと思います。

その方はツイードのニッカズボン、アーガイル柄のハイソックスにハンチング、まさに英国紳士のような格好でした。年齢はなんと80歳。さらにびっくりでした。

「とってもオシャレな洋服ですね。」「これは、私が20代の頃に買ったものなんだよ。」よく見ると、ズボンには多くの修復箇所がありました。年齢を重ねるのと同じように、このスボンも年月を重ね、今までずっと大切にされてきたんだろうなと思いました。

「でもね、このズボンは私が30代から60代の頃はずっとしまっておいたんだ。」「20代で始めた登山だけど、30代から60代までは、家族ができて、仕事も忙しくて山登りをする余裕はなかった。でも、子ども達が独り立ちして、60代後半からまた登山を始めたんだ。」「やっぱり山はいいね。私は山登りを始めた頃とは随分変わってしまったけど、山は変わらずにおかえりと私を迎えてくれる。君も、これからの人生の中で変わっていくと思う。でも、山が変わらずに待っていてくれるように、変わらないものを大事にしていきなさい。」

なんだか、その言葉にぐっと込み上げてくるものがありました。

山ではハイカーもトレイルランナーも動物達も同じ場所を共有しています。山でハイカーさんと出会えば、自分もハイカーになる。あいさつをする。ちょっとした会話をする。山には、普段忘れかけていたことを思い出させてくれる力があります。年齢も職業も性別も何も関係ありません。だから、私は山が好きなんだと思います。

山梨の魅力 山へのアクセスのよさ、山での出会い