カテゴリーから探す

山のモノ Wear / Gears

山のコト Experiences

奥穂高岳の難易度別ルート紹介・北アルプス初心者〜上級者向け

奥穂高岳の難易度別ルート紹介・北アルプス初心者〜上級者向け

穂高岳連峰の主峰である奥穂高岳は日本で3番目の高さを誇り、槍ヶ岳とともに北アルプスの盟主とも呼ばれています。一度は挑戦してみたいと憧れる登山者も多いことでしょう。奥穂高岳は険しい岩稜が続き、難易度の高い上級者向けのコースが多いと言われています。

北アルプス初心者ならば一度涸沢まで登山に挑戦し、体力をチェックして奥穂高岳へ挑戦するというステップがおすすめです。涸沢〜奥穂高間のザイデングラードは非常に事故が多い場所なので心して登山をする必要があリマス。今回は奥穂高岳登山1泊2日のコースを難易度別に紹介します。

奥穂高岳の基本情報と魅力

奥穂高岳は穂高見命という神様が山頂に降臨したという伝説があり、現在でも霊峰として周辺地域住民に敬われています。1906年(明治39年)、測量官の阿部郡治が初登頂しました。百名山、新日本百名山、日本百高山、甲信越百名山、東海の百山、信州百名山といった数々の名山に選ばれており、登山をするならいつかは挑戦したいと憧れる人も多い山です。

都道府県長野県・岐阜県
山域北アルプス南部
エリア北アルプス
標高3,190m
天気・アクセスなど奥穂高岳の詳細

奥穂高岳の魅力1 四季の自然を満喫できる

奥穂高岳の最大の魅力は四季折々の豊かな自然を楽しめることです。岩肌に生える草花や高山植物が咲き乱れる6月〜8月の夏季には数多くの登山客が訪れますが、北アルプスいちと言われる美しい紅葉は混雑が予想されます。

奥穂高岳の魅力2 壮大なスケールの景色に出会える

壮大なスケールで連なる岩稜も魅力の一つ。体力的にも技術的にも困難な登山になることが多い奥穂高岳ですが、見る人を圧倒する岩壁や岩尾根の迫力に多くの登山者が魅了されています。上の写真の中心に見えるのは垂直の絶壁が連な理、急峻な痩せ尾根の難所が続くジャンダルムで、奥穂高岳をスタートにして挑戦する人を見ることができます。

奥穂高岳の魅力3 他では得ることができない達成感を味わえる

険しい岩稜帯を踏破していく達成感や登頂した時の感動が大きいことも魅力です。難所が多いと言われる奥穂高岳ですが、それを乗り越えていくという征服欲は登山者にとってはたまらない感動を味わえることでしょう。

奥穂高岳の難易度別おすすめ登山コース

奥穂高岳の魅力を満喫できる難易度別コースを紹介します。初心者からハイレベルな登山に挑戦したい人まで、奥穂高岳の魅力を十分に堪能できる登山コースです。

北アルプス初心者ならばこのルート!人気が高い上高地~涸沢~奥穂高岳コース

上高地から涸沢を経由し、奥穂高岳へ向かう登山ルートは体力に問題がなければ初心者でも挑戦しやすいコースです。

1泊目は上高地バスターミナルから涸沢ヒュッテを目指し、ヒュッテか涸沢テント場に宿泊。2日目は涸沢ヒュッテからザイテングラートに向かい、穂高岳山荘で休憩して奥穂高岳に向かいます。

1日目の上高地バスターミナルから涸沢ヒュッテまでかかる時間は約6時間、2日めの涸沢~奥穂高岳山頂~上高地バスターミナルで約10時間かかりますが、40代~50代でも多少の登山経験があれば問題なくクリアできるコースです。

必要日数1泊2日
コースタイム17時間46分
距離約36.1㎞
累積標高2,100m

ルート紹介

上高地バスターミナルから明神、徳沢、横尾までは前穂高岳や梓川などの美しい景色を見ながらハイキング気分で楽しむことができます。徳沢や横尾にはトイレや水場があるので、ゆっくり休憩することも可能です。横尾からは徐々に勾配がきつくなり、ダケカンバ林の急坂が始まると涸沢までは登坂が続きます。ダケカンバ林からは少々辛い登山になりますが、涸沢ヒュッテに到着すれば雄大な眺望を楽しみながらゆっくり休憩することも可能です。

2日目は1時間ほど歩くとザイテングラート取り付きます。ザイテングラートは岩尾根の急坂が続くコースの中で一番難易度の高い箇所です。浮石や落石にも気を付けながらしっかり歩きましょう。

ザイデングラートは遭難(下山寺の滑落が多い)ことで有名です。

ザイテングラート取り付きから穂高岳山荘までは約2時間かかります。穂高岳山荘で休憩して奥穂高岳へ向かいます。

穂高岳山荘からは鎖と梯子のある岩場が続く登山道です。小屋から登って富山側に出ると強風に煽られることもあるので体温調整に注意しましょう。穂高岳山荘から奥穂高岳までは約50分で到着します。

ルート地図