バッグとは本来、物を入れて持ち運ぶための道具。
とてもシンプルな考え方です。

革新的なデザインや強烈なデザインを求めるのではなく、先人達が残した気づきと知恵を大切にし、仲間であるサポートライダーのフィードバックを基に細部まで気を配り、”繊細なバランスから生まれる必然的デザイン”をデザイン哲学として追求します。

「バッグは冒険に欠かせないパートナー」

バックカントリー用のバックパックからトリップに必要なバックなど、多機種にわたって、フィールドで活動する彼らの気づきと知恵に敬意を払い、日本人の感性が生み出すバッグを発信します。

Plus one works / Shumari35

僕が考える雪山での行動は常にShumari35がベースとなっています。このShumari35とは、滑りたい!叫びたい! スーパーハッピーパウダーランを!!…ではなく(笑) 、シンプル、スピーディー、 セーフティーであり、この 3S をいつ何時も心がけて行動するようにしています。

 

厳しい環境下での判断や作業は常にストレスを抱えることになるので、できる限りストレスを軽減する努力が必要になるのです。

長年のガイド経験から得たアイデアを集約して生み出されたお気に入りのバックパックが、Plus one works / Shumari35です。手放せないアイテムです。

バックカントリーガイドとして活動する中で、日々溜め込んだたくさんのアイデアを最大限聞いてもらって開発に携わることのできたBC スノーボーダーのためのバックパック『Shumari35』

 

このザックの特徴はなんといっても、大きく口が開くロールトップ のギアラック。このロールトップ機能によって、いかなる時も板を装着したままストレスなくスノーセーフティギア(ショベル、スノーシュー、プローブなど)を取り出すことができます。

ラックの中が暗くてギアを選別しづらかったり、ぐちゃぐちゃになるのを防止のするために、部屋を作って色分けし、より使いやすくなっています。

 

ロールトップギアラック

Shumari35の代名詞でもあるロールトップギアラック。そもそもハイク時に着ないジャケットをどうしたらよいだろうという発想からこの機能が生まれました。ザックの中にしまうには嵩張るし、スノーボードと一緒にストラップで留めたり板に被せたとしても、雪で濡れたり、風で飛ぶのが心配だったんですが…。この機能のおかげでそんな心配どこ吹く風ですね(笑) 簡単に取り出せ、しっかり固定もでき非常に使えるシステムです。

もちろんジャケットをしまっておく以外にも、ヘルメットやアイゼンの収納にもバッチリです!!

山旅々のLINE@はじめました
友だち追加