ノローナ 化繊インサレーション

今年大きな進化を遂げて、非常に周りでも話題になっているのがノローナのアルファじゃないでしょうか?『知らなきゃ損』と言っても過言じゃないほどに、その快適性は素晴らしいものがあります。

 

ノローナ 行動着

ノローナ アルファの汎用性の高さ

まず1つにアクティビティを選びません。トレイルランニングでも、登山でも、バックカントリースキーでも、なんでも対応してくれます。

ベースレイヤーの上にアウターとして着用する場合は、冬場であれば行動着として、3シーズンであれば行動着から休憩着として1年中使えます。冬場になればミドルレイヤーにも抜群です。

ノローナ アルファの作り

ノローナ ロフォテン アルファジャケット

ノローナのアルファは今期から発売されたものではなく、前から発売されているものです。去年のモデルは表生地と裏生地にサンドウィッチされるようにポーラテック社のアルファが挟まれているような作りでした。行動中でも通気性を損なわない為に裏生地にはメッシュ生地が採用されていて、保温性と軽量性、速乾性に通気性のバランスがよく化繊インサレーションのジャケットの中でも、行動着に向いているという特徴があったんです。

ポーラテック アルファ

そしてこの年に発売されたノローナのアルファは斬新にも裏生地のメッシュ部分を全て取り払ってしまって、ポーラテック社のアルファが剥き出しなんです。これによって更に通気性が向上され、軽量化が遂げられています。

そして身体から放出される熱がアルファ生地にダイレクトに到達するので、アルファ生地の特性が最大限に生かされるんです。

 

ポーラテック

ポーラテック社のアルファの凄さ

化繊インサレーションには様々ありますが、ポーラテック社のアルファは、もともとはアメリカの特殊部隊からのオーダーがはじまりなんです。特殊部隊の任務では、僕らが想像できないようなコンディションの中で活動が強いられるようで、例えば水の中にずっと身を潜めて、陸に上がって行動し続けるとか、それが極寒な場所であったり、灼熱な場所であったりと、様々なシチュエーションがあるようです。

 

ポーラテック アルファ

特殊部隊からのオーダーは保温性があり、通気性があり、防水性もあり、耐久性、保護性といった、まるで魔法のようなジャケットを求めてきたようで、ベストなチューニングの結果生まれたのが、アルファという超軽量なインサレーションというわけです。

革新性としては、その構造にあるようで、ガーゼのようなベース生地にポリエステル綿を編みこんだ作りで、デッドエアを蓄えることで保温性を向上させているんです。デッドエアは読んで字の如く動かない空気という意味です。

また格子状の隙間によって通気性があり、過剰に暑くなったり、ムレる心配もないんです。

アルファの特性を知った上で、ノローナのアルファの作りに戻ると、裏の生地が取り払われた事で、デッドエアを蓄えやすくなり、更に通気性も向上するので、機能を失う事なく、性能が向上した行動着といえると思ってます。

ノローナ アルファのディテール

ノローナ アルファ

表生地にはパーテックスが使用されており、軽くしなやかでありながら、速乾性にも優れています。また撥水性が高いので軽い雨にも安心して着用し続けられます。

ポーラテック

ノローナ 行動着

ボディのサイド、枠から腕の内側にはポーラテックのパワーグリッドが採用されていて、汗を素早く吸収し発散してくれ、通気性も抜群、速乾性にも優れています。またストレッチ性にも優れているので、ここにも行動着としての良さを実感することができます。

 

ノローナ アルファ

両サイドにはポケットがあり、ポケット内部がメッシュになっているので、開け閉めすることでベンチレーションとしても機能してくれます。

 

ノローナ 化繊インサレーション

袖口にはサムホールが付いているんです。これ手の甲を暖める役割というより、袖口から冷たい空気を遮断できるというほうが、使っている実感としては良いと感じてます。それとハイクアップ時にベースレイヤーにノローナのアルファで、スキーで滑り降りる時は、上にハードシェルを着用するという時はミドルレイヤーとなるわけですが、サムホールがあるおかげで袖がまくれ上がることがないんですね。これが結構便利なんです。

 

ノローナ 行動着

襟の部分は立体裁断で、高く作られているので、冷たい空気が首元から入りづらく、暖かく居たい時には暖かく居れ、涼しくなりたいときはジップを下げるというように、温度調整が簡単です。

ノローナ アルファのデザイン性

ノローナ アルファ

ジャケットのカラーは赤、青、黒とあって、僕は黒を着ています。どれもマットな渋い色味なので、普段着としても活用できます。また表生地とアルファをつなぐ為の縫い目が斜めなんです。これがデザイン性として好きなところの1つです。ちょっと肌寒いという季節ではTシャツにノローナのアルファ、冬になればロングスリーブにノローナのアルファというように、温度調節がしやすいので、ベースレイヤーに変化を持たせるだけで、汎用的に使えるのもいいところです。

化繊インサレーションがこんなにも軽くなって、行動着としての側面を強く持たせたジャケットという点で、新たな世界が生まれたという感じがしています。

ポーラテックの種類について、フリースについて詳しく知る

山旅々のLINE@はじめました
友だち追加