パタゴニア トレイルランのウェア類

パタゴニアというメーカーが好きな理由の1つに、適したレイヤリングについてシーン別で色々と相談できるパタゴニアスタッフの方がいるというのがあって、大変心強くメリットと感じています。

パタゴニアで選ぶベースレイヤー

パタゴニア キャプリーン
パタゴニアのウェアの中でも使用頻度が非常に高い3種類のウェアがあります。この3種類のウェアを上手に組み合わせて、おおよその山行やトレーニングの為のランニングで活用しています。

まずはベースレイヤーですが、パタゴニアのキャプリーンライトウェイトと、パタゴニアのキャプリーンサーマルウェイトのジップアップを活用しています。パタゴニアのキャプリーンライトウェイトはロングスリーブを使っています。

夏は特にこだわらず化繊のTシャツでアクティビティを楽しんでいます。3シーズン(春・夏・秋)の寒い時間帯、またはオフトレイル(藪っぽい)を含む場合では、キャプリーンライトウェイトのロングスリーブの出番が多くなります。

パタゴニアのキャプリーンライトウェイト

パタゴニア キャプリーンライトウィエト

キャプリーンライトウェイトを着てアクティビティをすることもあれば、非常に軽くコンパクトになるので着替えとしても持ち歩くことも多いです。

常時持ち歩いているので、例えば化繊のTシャツで走っているけど、寒くなったらキャプリーンはぴったりしているので、Tシャツを一度脱いでキャプリーンロングスリーブに着替えて、上からTシャツを重ね着すれば体幹を保温するので効果的です。

パタゴニアのサーマルウェイト

パタゴニア キャプリーンサーマルウェイト

パタゴニアのサーマルウェイトにおいて、ジップがあることで、暑くなって体が火照った時に、ジップを開けるパタパタと風を取り入れれば涼しくなれるのと、首周りがクルーネックに比べて、ジップネックだと包み込んでくれるので寒さから守ってくれるという良さを感じています。

サーマルウェイトをトレイルランニング中に着用する時って、僕の場合は外気温が0度とか、相当寒くないと着用しないので、使用率はキャプリーンライトウェイトに比べると低いですが、冬になると常用しています。

パタゴニア キャプリーン

冬になるとロングスリーブのキャプリーンライトウェイトが常用で、緊急時の為に、また着替えにも常に持ち歩くものとして、ザックに予備としてキャプリーンサーマルウェイトが入っています。

冬の最中で寒い場所にいくと、キャプリーンサーマルウェイトが常用で、ザックに予備として更に暖かなウェア(これは寒さによって様々です)が入っています。

パタゴニア ベースレイヤー

夏になると化繊のTシャツが常用で、ザックに予備としてロングスリーブのキャプリーンライトウェイトが入っているというように、暑さ・寒さによって着用するベースレイヤーと持ち歩くウェアがスライドしていくような考え方です。

パタゴニア フーディニ

冬場のランニングには、追加でパタゴニアのフーディニの出番が多くなります。走ってて暑くなってくると、まるめてポケットにしまって走り続けています。パタゴニアのキャプリーンライトウェイト、キャプリーンサーマルウェイト、パタゴニアのフーディニ。この3種類を上手に使い分け、レイヤリングを行うことで、おおよその山行では事足りています。

まとめると
■3シーズン(春・夏・秋)の日中のみ数時間の行動。ハードに動くとたくさん汗をかく状況では適当な化繊の半袖シャツ

■3シーズン(春・夏・秋)の寒い時間帯、またはオフトレイル(藪っぽい)を含む場合、3000m級高地では
・キャプリーンライトウェイト
・フーディニ(動き始めや風が吹いて寒く感じるとき)
・キャプリーンサーマルウェイト(防寒着兼予備)

■寒い場合(冬)
・キャプリーンサーマルウェイト
・フーディニ
+防寒着にはパタゴニアのナノパフやナノエア

ベイパーバリアシャツ

北極のレースで気遣っているレイヤリング

北極のレース時には、キャプリーンサーマルウェイトとパタゴニアのナノエアのレイヤリング間に、水分を一切通さない目的の為に、ベイパーバリアシャツというものを着用しています。これは防水シャツなんですが、自分の汗が外に出ないようにするためのものです。これを行わないと自分でかいた汗で、ミッドレイヤーのダウンやフリースが凍っていってしまうんです。このような状況にならない為のレイヤリングにも、パタゴニアのベースレイヤーを取り入れています。
パタゴニアの登山・トレイルランニングに最適の装備をもっと見る

山旅々のLINE@はじめました
友だち追加