サロモン XA ELEVATE GORE-TEX

長い距離のトレイルを楽しむ為には、荷物を軽量化し、スピードを上げてトレイルを移動します。これをスピードハイクと呼んでいます。

その為に欠かせないのは、軽快な走りを可能にするトレイルランニングシューズ。様々な気候に対応してくれ、常に快適な状態を保ってくれるウェア。そしてダイナミックな動作にフィットしてくれるバックパック。

スピードハイクを楽しむ為に、この3点を抑えておけば、大から小までのストレスに悩まされることなく快適な山行を実現できることでしょう。エマージェンシー、ファーストエイド、行動食などの必須装備もパーソナルな情報を理解して準備しておくことも大切です。

あらゆる状況に対応するトレイルランニングシューズ『サロモン XA ELEVATE GORE-TEX』

サロモン XA ELEVATE GORE-TEX

スピードハイクでは、ガレ場や岩場、小石やドロなどの滑りやすい山道など、長い距離を移動するので、様々なトレイルに遭遇します。また登山口は晴れていたけど、山を幾つか越してみたら雨が降り始めた、なんていう状況も少なくありません。

いわゆる長い距離を移動するスピードハイクでは、予定外の事が起きやすく、その為に様々なシーンに対応してくれる装備というのは大事だと考えています。

サロモン XA ELEVATE GORE-TEX

そんな心配を拭ってくれるシューズはサロモンのXA ELEVATE GORE-TEXです。その名の通り、ゴアテックスファブリックを使用しているので、雨が降っても、水たまりで水がシューズに跳ねてもアッパーからの水の侵入を防いでくれます。

XA ELEVATEというGORE-TEXのない若干重量が軽くなったモデルも存在します。価格もGORE-TEXモデルよりも軽量そして安価なので、雨の心配がなければ、こちらのモデルもおすすめです。

トレイルランニングシューズ『サロモン XA ELEVATE GORE-TEX』のフィット感

サロモン XA ELEVATE GORE-TEX

サロモンシューズのフィット感は逸品で、センシフィットによって、ミッドソールからレーシングシステムまで足全体を包み込んでくれます。スピードハイクでは、左右、前後と様々な角度で体重の移動があるなか、足がシューズにしっかり固定され、履き心地を維持し続けてくれるというのは、疲れが溜まり辛く、結果怪我の防止にもつながるので、サロモンのXA ELEVATE GORE-TEXは安心感を与えてくれます。

サロモン XA ELEVATE GORE-TEX

レーシングシステムはサロモンが特許を持っていて、その斬新かつ、使い心地の良さから、僕はずっとサロモンを買い続けているといっても過言じゃありません。

サロモン XA ELEVATE GORE-TEX

それはクイックレースという機能なんですが、細くて丈夫なレースを1回締め上げることでシューズのフィット感が生まれます。レースそのものに摩擦がない為に、ぎゅーっと引っ張れば、爪先側から足首側までフィット感を生み出してくれます。

サロモン XA ELEVATE GORE-TEX

更に余ったレースと、ロックしておく為のパーツが、シューズのタン上部に収納しておけるので、走っている最中にレースが解けることもなければ、レースを木の枝に引っ掛ける心配もありません。

サロモン XA ELEVATE GORE-TEX

僕は一度トレイルで転んだことがあるのですが、これはレースが木の枝に引っかかった事が原因でした。それから蝶結びで出来る輪っかでさえも不安に感じ、それからはサロモンのクイックレースによって、安心してスピードハイクを楽しんでいます。

トレイルランニングシューズ『サロモン XA ELEVATE GORE-TEX』の走りやすさの秘密

サロモン XA ELEVATE GORE-TEX

サロモンのXA ELEVATEに足を入れて、ちょっと歩くだけでも、その驚くような推進力に圧倒されることでしょう。

推進力以外にも、足裏の耐久性や安全性を得るために、様々なテクノロジーが採用されています。シャーシ、ミッドソール、アウトソールそれぞれの特徴をお話していきます。

サロモン XA ELEVATE GORE-TEX

アウトソールとミッドソールの間に、アドバンスドシャーシというシャーシが配置されていますが、このシャーシは、様々な動きをコントロールし、効率的なエネルギーマネジメントによって、安定感と反発力を実現しています。踵とつま先がリンクされているので、シューズの中間部分にも一貫性をもたらし、更に体重を移動する際の全体的なローリング改善がなされていることで、前へ前へと足運びがラクで、快適な走りを実感できます。

ミッドソールにはENERGYCELL+という、リバウンド力の高い素材を配置しており、軽快な走りが可能になっています。ランニングロッカー形状にシェイプされているので、推進力があり、長い距離を移動しても足への負担が軽減されます。

サロモン XA ELEVATE GORE-TEX

アウトソールにはサロモンのオリジナルソールブランド「コンタグリップ」の上位モデルに使用されている『プレミアムウェットトラクション』を採用しています。これによって様々な路面においてのグリップ力が素晴らしく、濡れた岩場、スピードハイク時での上り、下りで、しっかりとトレイルを掴んで、前へと全身を押し出してくれます。

プロフィールフィルムはシャーシと同様にアウトソールとミッドソールの間に配置されていて、足裏の路面からの凹凸の突き上げを軽減してくれます。フィルム状なのは、安定性向上のスタビライザーとしての機能を持たせるためなんです。

サロモン XA ELEVATE GORE-TEX

サロモンのXA ELEVATE GORE-TEXのほかに、このシーズン新たに登場したのが、XA ENDUROも要チェックシューズです 。

XA ENDUROは更に険しい山道、例えば藪こぎなどが強いられるようなトレイルでもガシガシ使える安定感が魅力です。足首は一体型ゲイターによって、小石の侵入を防ぐなど、安定性×プロテクト×グリップ力に長けたモデルです。

シューズの次に、スピードハイクで愛用のバックパックを紹介します。

様々な悩みを解決してくれるバックパック『サロモン AGILE 12 SET』

スピードハイクに限らず、トレイルラニングにも活用できる、今までにないテクニカル過ぎないデザイン性のバックパックは、サロモンのAGILE 12 SETです。

サロモン AGILE 12 SET

サロモン AGILE 12 SET

フィット向上の為の機能は、3点アタッチメント設計で、ショルダーストラップがヒップベルトに連結し、更にバックパック本体とつながっているので、本体をできるだけ身体に近づける仕組みが備わっています。

サロモン AGILE 12 SET

ショルダーの裏側には有孔EVAが施されているので、荷重が分散され肩が痛くなるような事も少なく快適に移動が可能です。

サロモン AGILE 12 SET

サロモン AGILE 12 SET

メインコンパートメントはジッパーでがばっと開けることができるので、ザックの下の方に収納したものも、一発でアクセスでき、取り出し~収納が非常にラクチンです。

パックデザインが尻ツボミになっており、荷重そのものが上にくるような設計になっています。これによって安定感が増し、楽に背負うことができます。

サロモン AGILE 12 SET

サロモン AGILE 12 SET

メイン以外のポケットは胸ポケットにはサロモンの500mlのソフトフラスクがフィットする作りになっているので、ハードな動きでも弾みが少なく、安定性に優れています。ポケットにいれたままでも水が飲みやすく、移動しながらの水分補給がラクになりました。

しかもサロモン AGILE 12 SETは『SET』と商品にあるとおり、フラスクが付属されているんです。別で購入する必要がないのでお財布に優しいのも嬉しいです。

ザックの側面に行動食などを入れておけるメッシュポケットがあり、背負ったままアクセスができます。

様々な天候にも移動し続けられるジャケット『サロモン OUTSPEED HYBRID JKT』

サロモン OUTSPEED HYBRID JKT

最後に雨が降っても、風が激しくても、スピードハイク中、体を常に快適に保ってくれる素晴らしいウェアの紹介をします。

サロモン OUTSPEED HYBRID JKT

まずはサロモンのOUTSPEED HYBRID JKTです。このジャケットは非常にユニークな作りで、ウインドシェル機能をベースに、雨に降られても身体を濡らさないように、ボディー上部が防水になっています。

サロモン OUTSPEED HYBRID JKT

重量は200グラムちょっとと防水性能もあわせもったジャケットと考えれば軽量な部類に入り、持ち歩きにも便利です。

サロモン OUTSPEED HYBRID JKT

ウインドシェルのサイドには、レーザーカットのホールが設けられているので、高い通気性を実現し、移動中のオーバーヒートを防いでくれます。

保温性、耐風性、耐水性を合わせもちながら、行動中も着続けられる機能美に優れたジャケットです。

耐久性と速乾性を併せ持つパンツ『サロモン OUTSPEED PANT』

サロモン OUTSPEED PANT

サロモンのOUTSPEED PANTは急な天候変化に対応した、速乾性機能をもったパンツです。

サロモン OUTSPEED PANT

ロングパンツでハードなアクティビティを行うと、どうしても蒸れの心配が生じますが、肌触りが良いソフトシェル素材で、ドライな状態を保ってくれます。稜線に出て風が強くなっても、適度な保温力によって、体を極端に冷やす心配もなくなりました。またポケットをベンチレーション変わりに使うことで、溜まった熱を外に逃がすことができます。

サロモン OUTSPEED PANT

大きな動きを妨げない4ウェイストレッチ素材によって、走る、登るといった動作がしやすく、スピードハイクには最適なのはもちろん、ハイキングや登山、バイクパッキングなどの山遊びにも最適です。

サロモン OUTSPEED PANT

247グラムという軽量であり、コンパクト性も併せ持つので、帰りにお風呂に入って帰ってくるような時にも、バックパックに収納して帰ってこれます。
軽量だと色々と機能を削ぎ落としがちですが、パンツとしての収納力もあり、僕は行動食で出たゴミを入れたり、ジェル類などの細かな補給食を忍ばせておいてます。

サロモン OUTSPEED PANT

走っている最中に足元が見えづらくならないように、裾の部分はゴムによって絞られ、アクティビティにおいての使いやすさは流石サロモンという感想です。

山旅々のLINE@はじめました
友だち追加