登山者の通過データをスマート道標とアプリを連携させて残し、万が一の遭難時の捜索範囲の限定に役立てるといった、スマホを活用して安全に登山を楽しめるような取り組みが、福島県や長野県などの各自治体で広がっています。
大阪北部地震や西日本豪雨などの自然災害も続き、万が一に備える大切さを感じる2018年。今回は入れておくことで登山がより安全&楽しくなるようなアプリをご紹介させていただきます。

YAMAP

アプリ YAMAP

(https://yamap.co.jp/)
・YAMAPアプリの地図を使えば、携帯の電波が届かない山の中でも、地図情報を事前にDLしておけば山中でも現在位置を確認できる。
山道を歩いた奇跡が記録されるので、撮った写真やコメントを加えて、オリジナルの「活動日記」を作成できる。

 

Compass

アプリ コンパス

(https://www.mt-compass.com/)
・このアプリを使って登山届を作成すると、共に登るメンバーやルート、緊急連絡先などが協定を結ぶ自治体や県警に共有され、下山予定の7時間後までに安否報告がないと、緊急連絡先にメールが届き、早期の捜索開始につなげられる。
・ワンプッシュで現在地の位置情報を家族や友人に知らせる「いまここ機能」も搭載

 

goo防災

アプリ goo

(http://advance.bousai.goo.ne.jp/web/)
・安否確認WEBサイト「J-anpi」と連携しており、災害時にいち早く自分の安否情報の登録・家族等の安否情報の検索が可能
・地図を事前にDLしておけば、オフラインでも緊急避難場所や公衆電話の位置が確認できるため、見知らぬ土地で災害に巻き込まれた時も安心
プッシュ通知により災害情報やゲリラ豪雨予報もお知らせしてくれ

 

tenki.jp 登山天気

アプリ テンキ

(https://tenki.jp/docs/mountain-app/promotion/)
・当日の天気予報や雷危険度などを一目で確認できる「山コンディション」や、日本三百名山のふもとから山頂まで、標高別にわかる天気予報「ピンポイント予報」など、山に特化した天気情報のみを提供しているアプリ。
・毎月240円の月額制だが、初月お試し無料期間あり。

 

WHAT 3 WORDS

アプリ

(https://itunes.apple.com/us/app/what3words/id657878530?mt=8)
・地球を3m×3mの57兆のグリッドに分けているので、目印が何もない場所でも確実に相手の居場所や待ち合わせ場所を特定できる
・また、それぞれのグリッドに3単語が割り振られているため、検索も簡単に。

 

YAMASTA

アプリ ヤマスタ

(http://yamasta.yamakei.co.jp/)
山頂や山小屋などの所定の場所でチェックインすることによって、記念スタンプがもらえるアプリ。場所によってスタンプの種類が異なり、集めたスタンプの数に応じてトロフィーがもらえる。
期間中に行われているイベントの対象になっている山にすべてチェックインすると、認定証とピンズがもらえるイベントも開催中。

山旅々のLINE@はじめました
友だち追加