登山でスマホという道具は、必須装備の1つになっている。登山口までの移動、登山中の写真撮影、登山後の温泉探しや、旨いもの巡り。仲間や友人、家族へ登山中の安否を伝える道具として・・・と様々な機能を果たす。

スマホはこのような機能を果たすから登山中に、また移動中に充電が切れたときのことは考えておきたい。そこで今回は山旅旅編集部で、おすすめのモバイルバッテリーを紹介する。

モバイルバッテリーで重視するポイントは3点。コンパクト性と重量とバッテリー容量。まずはじめに考えて起きたいのがバッテリー容量。次に重量で、重量が軽ければおおよそコンパクトになってくる。

モバイルバッテリーの考え方

まずは自分のスマホがどれだけの内臓バッテリーの容量をもっているかを知ることからはじめる。iPhoneで調べてみると以下のようになっている。

iPhone(アイフォン)バッテリー容量
iPhone XR2,942mAh
iPhone XS2,658mAh
iPhone XS Max3,174mAh
iPhone X2,716mAh
iPhone 81,821mAh
iPhone 8 Plus2,691mAh
iPhone 71,960mAh
iPhone 7 Plus2,900mAh
iPhone SE1,624mAh
iphone 6s1,715mAh
iPhone 6s Plus2,750mAh
iPhone 61,810mAh
iPhone 6 Plus2,915mAh
iPhone 5s1,560mAh
iPhone 5c1,510mAh
iPhone 51,440mAh
iPhone 4S1,432mAh
iPhone 41,420mAh

比較をしてみると、画面サイズが大きい方がバッテリー容量が大きいことがわかる。自分のスマホのバッテリー容量がわかったら、次にどれだけの容量のモバイルバッテリーを購入すればフル充電を行えるかをチェックする。

ここで注意が必要なのは、充電時も電力は消費されるため、モバイルバッテリー容量の6~70%ほどで見積もっておくと良い。例えば3,000mAhの容量ならば2,100mAh程度が実際に利用できる容量となる。また、スマホのバッテリーもモバイルバッテリーも繰り返し使うことで、バッテリーは少しづつ劣化していき、容量は減少していく。感覚で「短いな」と感じるほどになったら、再購入を検討する。

登山におすすめモバイルバッテリー

商品名:Anker PowerCore+ mini 

Anker PowerCore+ mini

容量:3,350mAh
重量:約80グラム
サイズ:約9.5 x 2.3 x 2.3(cm)

おすすめポイント①形状がスティックタイプであるところ。ポケットに入れても嵩張りづらく、トレイルランに出かける場合は前面のポケットにスマホと一緒に充電しながら仕舞っておける。

おすすめポイント②アンカー独自技術のPowerIQテクノロジーが実現するフルスピード充電が可能な点。接続すると自動で最適な充電方法に切り替わるという優れもの。おおよそ3~4時間で満タン充電が可能。

おすすめポイント③カラーはブラック以外に、ゴールド、シルバー、ピンク、ブルーとあり、男性にも女性にも使いやすいカラー展開となっている。

商品名:MOXNICE モバイルバッテリー ケーブル内蔵

MOXNICE モバイルバッテリー ケーブル内蔵

容量:8,000mAh
重量:約150グラム
サイズ:約10.4×6.5×1.3(cm)

おすすめポイント①とにかく薄いという点。大きさで例えるならばトランプのような大きさ。角には丸みがあるのも特徴。

おすすめポイント②ケーブルが内臓されており、ケーブルを忘れて充電が出来ないという心配が軽減される。またただでさえ、登山の道具がごちゃごちゃしている中、ケーブルがどこかにいってしまったという心配も少ない。またケーブルを使えば2台同時に充電も可能。

おすすめポイント③1グラムあたりの充電容量が優秀。150グラムという重さではあるが、8,000mAhという充電容量は重さに対してのパフォーマンスが高い。

商品名:Anker PowerCore 10000

Anker PowerCore 10000

容量:10,000mAh
重量:約180グラム
サイズ:約6×9.2×2.2(cm)

おすすめポイント①上記で紹介したモバイルバッテリーの中ではサイズは大きいものの、世の中にあるモバイルバッテリーの中では、10,000mAhという容量の中では世界最小、最軽量をうたうサイズ感。縦走登山などで複数回の充電が必要と言う場合には、これくらいの容量のモバイルバッテリーが安心。

おすすめポイント②以前はブラックのみだったが、最近はビビットな青や赤、そして白が展開されている。登山道具の中で視認しやすい。

商品名:Anker PowerCore Fusion 5000 

Anker PowerCore Fusion 5000

容量:5,000mAh
重量:約189グラム
サイズ:約7×7.2×3.1(cm)

おすすめポイント①1台で2役こなすところ。モバイルバッテリーとしてはもちろん、折りたたみのコンセントプラグが付いているので、充電器としても機能する。登山終わりの温泉施設などで充電するには最適な作りといえる。

おすすめポイント②2ポートのUSBが付いているので、仲間が困ったときにも一緒に使える。

以上、アンカー製品が多いがそれだけ優秀なモバイル充電器を世に送り出しているという印象を感じる。ちなみに個人的にはAnker PowerCore 10000を使用しており、縦走登山などで大変重宝している。トレイルランにはちょっと嵩張るのでより軽量なものの購入を検討している。