山旅でめぐり合う景色は季節ごとでその美しさが様変わりします。春夏は新緑と高山植物、秋には紅葉、冬には雪景色。360度カメラは、出会った景色を360度で死角のない景色で収めることができ、改めて感動をあじわったり、SNS上で仲間と盛り上がったりと、可能性が広がります。現在では有力メーカーが次々と魅力的な360度カメラを投入し、価格もお手ごろに入手しやすくなっています。

今回は持ち歩きやすく、使いやすい、積極的にアウトドアに持っていきたくなる。そんな360度カメラを紹介します。

RICOH 360度カメラ RICOH THETA m15

RICOHが発売した360度カメラ「THETA(シータ)」は、普通のデジタルカメラと同じ感覚で使える360度カメラとしては世界初で、この商品から360度カメラの存在感が増してきたように思います。RICOH THETAのラインナップは全部で5つ。一番安価なTHETA m15で16,000円前後。一番高価なTHETA Z1で126,000円前後となっています。

RICOH THETA m15は質量が約95グラムと一番軽く、外形寸法も一番コンパクトで持ち運びやすいです。グレードがアップすることで、静止画性能、動画性能における画質に変化があり、ライブストリーミング性能のありなしの違い、内蔵メモリーの違いなどが挙げられます。

この下で紹介する「RICOH 360度カメラRICOH THETA SC」と比較するとその違いが解りやすいと思います。

  • 外形寸法:42*129*8mm
  • 質量:約95g
  • 静止画性能:3,584*1,792px
  • 内蔵メモリー:約4GB
  • 動画性能:1,920*1,080px
  • ※最大連続記録時間5分

RICOH 360度カメラRICOH THETA SC

上記で紹介したm15との違いは静止画性能、動画性能、内蔵メモリーの違いが挙げられます。また水中ハウジングケースが使えるので、海や川などでも360度カメラの利用が可能となっています。

スペックが大幅にアップされるものの、RICOH THETAのラインナップ5つの中では2番目に軽く、アウトドアシーンにおいてはバランスのとれた商品という位置づけに思います。

  • 外形寸法:45.2*130*22.9mm
  • 質量:約102g
  • 静止画性能:5,376*2,688px
  • 内蔵メモリー:約8GB
  • 動画性能:1,920*1,080pxと1,280*720pxの選択が可能
  • ※最大連続記録時間5分

360度カメラInsta360 GO

親指ほどの大きさの超軽量、超コンパクトな360度カメラ。重量はなんと約20グラム。あまりにも小さくて軽いから持ち歩く手軽さよりも、無くしてしまいそうな心配のほうが高いくらいの360度カメラです。

本体は表面レンズを1つだけ装備。半球360度撮影カメラという割り切りによって面白い使い方が出来ます。例えばクリップのソケットを装着すれば、ザックやズボンのポケットなどに装着した状態で撮影ができます。

また大変面白いのは、ペンダント型になった板を首からつるしTシャツの中にいれ、外側に360度カメラInsta360 GOを磁石によって固定化させることができます。様々な撮影方法を自分なりに考えて使える、遊びの延長線上にあるような360度カメラに仕上がっています。

  • 外形寸法:49.4*21.4*14.85 mm
  • 質量:約18.3g
  • 静止画性能:2,560*2,560px
  • 内蔵メモリー:約8GB
  • 動画性能:2,720*2,720px
  • ※最大連続記録時間15秒、30秒、60秒で選択

360度カメラInsta360 ONE X

上で紹介した360度カメラInsta360 GOが軽量、コンパクトに振り切った360度カメラとするのならば、360度カメラInsta360 ONE Xは、5.7Kの高画質撮影が可能な描画性能にこだわった360度カメラという位置づけです。

また滑らかな動画撮影は可能で、手ぶれ補正は非常に優秀に仕上がっています。

重量は今回紹介する360度カメラの中では重い部類に入りますが、高画質、高機能を求めるのならばこの重さは仕方ないと諦めが付くでしょう。ダイブイケースや自撮り棒などのオプション製品も他の製品同様揃っています。

  • 外形寸法:114*48*27.6 mm
  • 質量:約90.9g
  • 静止画性能:6,080*3,040px
  • 動画性能:5,760*2,880px

360度カメラGoPro Fusion

アクションカメラの旗手GoProの手ぶれ補正機能は逸品です。動画撮影時に手振れを補正するためのツールに「ジンバル」というものがありますが、これを利用する必要がないといわれるほどに安定した動画を楽しめます。また4つのマイクが搭載されており、臨場感のある動画が撮影できます。動画解像度も4K対応となっているので、360度カメラというより、360度動画撮影を楽しみたい人には大変面白いアイテムだと思います。しかしながら編集行程が多いこと、重量があるという点がデメリットだと思います。

  • 外形寸法:74*75*40 mm
  • 質量:約220g
  • 動画性能:5,228*2,624px(メモリー2枚・専用アプリで書き出しの必要あり)

【国内正規品】GoPro Fusion 360° カメラ CHDHZ-103-FW
GoPro(ゴープロ)