専用ケース付き

1983年の発売以来、数々の登山隊、冒険家、スキーヤーの雪上生活を支えてきた日本製の雪用のこぎり、モチヅキスノーソー。

氷用のこぎりの特徴である“あさり”、刃先を順に逆にすることで、硬く締まった雪もスピーディーに切り割いていける

金物の街、新潟県燕三条ののこぎり職人によって丹精込めて手づくりされた刃は、日本だけにとどまらず海外のスノーヤーの間で高い評価を得てきた。

刃先には2mmのクリスタルグリッド
ピットチェック時の雪柱を切り出す目安になる30㎝スケール

しかし、のこぎり職人の高齢化と後継者不足により、2012年モチヅキスノーソーは在庫消滅とともにこの世から消えた。7年の歳月を経た2019年、多くの復活を望む声に応えるべく、ヘビーユーザーであったビッグマウンテンスキーヤーであり国際山岳ガイドの佐々木大輔監修のもと、新生・モチヅキスノーソーがついに発売された。

スノーソー本体概要

  • 本体価格:¥7,000+税
  • 全長:470mm 刃長:340mm
  • 重量:190g(本体160g)
  • 材質:ステンレス/天然木
  • 内容:本体、専用ケース