子供と行く赤城山の登山

息子との登山は今回で2回目となり、前回は秋口の草津白根だったが、今回は11月後半で冬口といって正しいのか解らないが「赤城山」となった。

今回は同じ学年の息子を子に持つ山仲間と、お互いに息子を連れての登山。友人は「息子との登山は初めて」という事もあって、大人の足で上り下り合計で2時間ほどの地蔵岳登山と、小沼のハイキングを合わせたプランを立ててみた。

朝起きた子供の機嫌は最悪ながらも、天気は良好。朝6時に東京から赤城山へと車を飛ばす。

赤城山に到着して目に飛び込んだ景色

赤城山登山口9時に登山口へ到着すると、まばらについた雪景色。息子たちを連れて来た僕たちに「とんぼ返り」という言葉が思い浮かばなかったというと嘘になる。危ないと思ったら引き返そうという言葉と握手を交わして登山道へ。
赤城山地蔵岳の登山手はじめの登山道は結構な勾配があり、道も子供には不明瞭。子供の後ろに大人がくっつき転倒に備えながら上へ上へと目指す。

 

赤城山地蔵岳の登山雪で足が軽く滑ったり、どちらが正しい登山道かを当てたりするのが、「ただ登るだけ」にはならないからか、疲れを見せながらも楽しんで登る。
赤城山地蔵岳の登山少し開けた登山道で記念撮影。この時に同い年の男の子達が楽しそうに、バカな顔をして写真に写ろうとする姿をみて、楽しそうな登山になりそうだと思えた。