パタゴニア キャプリーン4

寒い時のベースレイヤーはキャプリーン4

寒い時期のトレランでベースレイヤーに着用しているのは、パタゴニアのキャプリーン4で、走り出しはこれ1枚で、寒くなったらウィンドブレーカーを着たり、雨が降ればレインウェアを着るというような使い方です。寒くなる事が予想されていれば薄手の化繊ダウンを着るというように、キャプリーン4の上に天候や気候の違いで上に羽織るものを変えるというようなシンプルな考え方で持ち物を考えています。

 

パタゴニア キャプリーン4

僕がもっているのはプロトタイプのものなんですが、パタゴニアに勤めているとき、日本でも売り始める事が決まって本国からプロトタイプとして届いたんです。それでこれをもって営業先に行ってたんです。それをいまだにつかってるんです。

 

パタゴニア キャプリーン4

サイズ感はこのプロトタイプのものが僕にはばっちり合っていて、それでいてあまり体系が当時から今まで変わっていないので、ずっと使い続けているんです。

汗っかきに丁度いいキャプリーン4

パタゴニア キャプリーン4

キャプリーンより少し厚手のR1,R2というコンパクトに収納可能なグリッド構造のレギュレーター・フリースがあるんですが、僕は汗っかきなのでキャプリーンの方がいいんです。真夏には出番はなくなりますが、たとえば標高の高い所にレース視察に出かけたり、レースのお手伝いで作業をしりいったりする時には着用することが多いです。

OMMのレースに出場しているんですが、1回目も2回目もこれをベースに着用して出場しましたね。汗をかいたときに透湿性が抜群で渇きが早いです。肌に接する部分のグリッド構造がよい働きをしているなあと感じます。

 

パタゴニア キャプリーン4

胸ポケットの部分はベンチレーションにも活用していて、風を取り入れたいときにはジッパーを空けてというような使い方をしています。

キャプリーン4のフードを活用

パタゴニア キャプリーン4

フード付がやっぱりよくて、山の中で寒くなったときにかぶると、あったかいし耳隠れるし、ジップアップで首もしっかり暖めてくれます。フード付でないタイプ、丸首のタイプと色々あるんですが、僕はフード付が一番好きですね。

とにかくトレイルランナーをしていると、周りに使っている人が多いなあという印象を受けます。

パタゴニアの登山・トレイルランニングに最適の装備をもっと見る


トレイルランニンググッズを取り揃えるSo Cal
山旅々のLINE@はじめました
友だち追加