サロモン エスラボ「センス ウルトラセット」

サロモン エスラボ「センス ウルトラセット」

サロモン センス ウルトラセットのポケット

ウルトラトレイルだったらこれかなというザックはサロモンのエスラボ「センス ウルトラセット」です。前面にはペットボトルが2本、その下に350ミリリットルの容量のポケット、ここには直ぐに取り出したいジェルなどを入れています。

 

サロモン エスラボ「センス ウルトラセット」

右肩付近にあるジップポケットには錠剤のサプリメントやコップを入れてます。最近のレースでは給水の時に「資源の無駄にならないようにマイコップを持ってきてください」というのがあるので携帯しているんです。

 

サロモン エスラボ「センス ウルトラセット」

サロモン エスラボ「センス ウルトラセット」

腰のあたりの左右のジップポケットには、入らないだろうと思われるんですが、ストレッチが効いているんでシェルジャケットが入っちゃうんです。例えば山の中を走っている最中に寒くなったり、雨がふったりすれば出して使うというように便利なんです。左にジャケットであれば、じゃあ右はパンツというように入れるものを考えています。

圧縮袋を使って上手にパッキング

サロモン エスラボ「センス ウルトラセット」

更にUTMBといったウルトラのレースでは、食料など、持ち物が多くなってくるんですね。そのまま左右のポケットに入れてもいいんですが、そのままだとふくらみがあるしというので、そこで使うのが圧縮袋なんです。

 

サロモン エスラボ「センス ウルトラセット」

サロモン エスラボ「センス ウルトラセット」

サロモン エスラボ「センス ウルトラセット」

サロモン エスラボ「センス ウルトラセット」

ジャケットとパンツを1つの圧縮袋に入れて空気を抜けば、ジャケット1つ分ぐらいの容量にすることができるので、かさばりを抑え、抑えた分の容量に他の必要なものを追加できるんです。これらは3リットルの背中のポケットに収めてしまいます。その場合左右のジップポケットは携帯電話や予備の食料などを入れておくという使い方をしています。

センス ウルトラセットを上手に使う

サロモン エスラボ「センス ウルトラセット」

サロモン エスラボ「センス ウルトラセット」

それと背中のあたりにバッテリー入れがあるんですね。なのでヘッドランプのバッテリーを入れて、本来頭につけて置くものをベストに収めることで頭への負担を軽減させているというようにしているんです。こんな風に実際のレースでも使っています。このザックを使わない場合は、サロモンのエスラボ「センスショーツ」についている、腰周りについているポケットに入れて使っています。

この記事のタグ