美ヶ原は、八ヶ岳中信高原国定公園の北端に位置し、当初は放牧場として開かれた。現在は観光地として開発され、標高2000mの台地は北アルプスを間近に八ヶ岳連峰、浅間山などの展望が良く、遊歩道が整備されて観光客で賑う。静かに美ヶ原を味わおうと思えば、三坂からのコースがある。バス利用の場合は、松本から美ヶ原高原美術館行きがある。

    出典:美ヶ原観光連盟

    美ヶ原高原の登山ルート

    • 難易度:初級
    • 合計所要時間:2:05
    • 累積標高:190m
    • 距離:約6.8km
    • コースタイム:道の駅美ヶ原高原-(0:40)→牛伏山-(0:10)→山本小屋ふるさと館-(0:25)→塩クレ場-(0:20)→王ヶ頭-(0:30)→王ヶ鼻-(0:20)→美ヶ原自然保護センター
    美ヶ原について

    バス終点にある高原美術館には、様々な作品が屋外展示される。それらの間を行くと、牛伏山に着く。

    ケルンが積まれた草原の山頂からの展望は素晴らしく、美ヶ原台地が一望できる。ゆるやかに下り、大駐車場のある山本小屋に出る。牧柵の中の平らな車道を行くと美ヶ原のシンボルタワー、美しの塔に出る。鉄平石で作られており、霧の発生時には鐘を鳴らせる避難塔として造られた。

    まもなく塩くれ場の分岐。左に行けば茶臼山、当方面。牧柵の遊歩道をなだらかに登ると最高峰、王ヶ頭(2034m)に着く。テレビの中継塔など各種のアンテナが立ち、ホテルもあり一瞬自分のいる場所を疑ってしまう。なだらかな草原の歩道を王ヶ鼻に向かう。ここからの北アルプスの展望は素晴らしい。穂高連峰から立山連峰、白馬岳まで一望だ。

    適当な場所に陣取り、至福の時間を取るのも悪くない。山頂を満喫したら、ゆるやかに天狗の露地を通り自然保護センターに下る。松本まで下りた後、時間があれば浅間温泉で湯に浸かり帰るのもよいかもしれない。

    美ヶ原 茶臼山の登山ルート

    • 難易度:中級
    • 合計所要時間:5:05
    • 累積標高:691m
    • 距離:約9.4km
    • コースタイム:いこいの広場-(0:40)→広場-(1:30)→百曲り園地-(0:15)→塩クレ場-(1:00)→茶臼山-(1:00)→広場-(0:30)→いこいの広場-(0:10)→三城

    三城へは、ビーナスライン扉峠から松本市内に通ずるアザレアラインで入る。三城いこいの広場には駐車場、売店、トイレがあり、県民憩いの森としてキャンプ場、オートキャンプ場、フィールドアスレチックなどが整備されている。

    センターハウス脇から登山道に入る。川沿いにサワラの巨木などを見ながら行くと広小場に出る。公園になっていて、東屋やトイレ、案内板があり、ここまで車で入ることも可能だ。広場からは、左の斜面の登山道を登る。いきなりきつい登りで名前のごとく百曲がり。カラマツ林や雑木林に覆われ展望のない急登である。視界が開けるとそこは美ヶ原台地の縁で、岩場の上に長く牧柵が続いている。ここから美しの塔までは25分。

    このあたりは、観光客で賑やかだ。塩くれ場手前から牧場内に付けられた歩道を正面の茶白山に向かう。美ヶ原牧場には春から秋まで約300頭の牛が放牧されている。時には人懐こい牛が寄ってくる。茶臼山頂上は草原で展望良く、とくに車山、蓼科山方面が近くに見える。三城へのルートは幾つかあるが、ハイランドロッチ手前から茶臼山山腹を巻いて、樹林の中を広小場に向かう。

    美ヶ原の概要

    • 地域:中部地方、甲信越地方、信越地方
    • 都道府県:長野県
    • 山域:日本百名山
    • 標高:2034m(王ヶ頭)

    八ヶ岳の概要

    八ヶ岳の四季、気象、八ヶ岳周辺の山々、八ヶ岳へのルートの概要を紹介しています。

    八ヶ岳の登山ルート

    八ヶ岳の関連書籍

    山旅旅ショッピング

    登山人気アイテム

    メスティン好きのアイテム

    ソロキャンプ道具

    軽量化のための登山装備

    冬山登山 寒さ対策

    この記事をシェアする

    関連キーワード