ダイソーメスティンはトランギアのメスティンよりも小ぶりなので、炊き込みご飯をするときにいくつかの注意が必要です。今回は実際に炊き込みご飯を作りながらその注意点をまとめていきます。

    ダイソーメスティンを使う上での注意ポイント

    • 吹きこぼれないように最初の工程を考える
    • お米は1合ではなく0.8合を目安にする
    • お米以外にたくさん食材を入れない

    ダイソーメスティンの炊き込みご飯の材料

    • お米:0.8合
    • お水:170ミリリットル
    • ごぼう
    • ハム
    • キャベツ
    • コンソメ
    • 醤油
    ダイソーメスティン 炊き込みご飯 材料

    食材と調味料は適宜変更することができます。余った食材でもいいし、地元の道の駅に訪れて入手してもいいし、季節の野菜や食材で炊き込みご飯は楽しめます。

    調味料は

    • コンソメと醤油バージョン
    • 味噌とかつおだしバージョン
    • みりんと醤油バージョン
    • 鶏ガラスープバージョン

    と4種類あり、入れる食材によってバージョンを変えています。今回はコンソメと醤油バージョンで作りました。

    ダイソーメスティン 炊き込みご飯 調味料

    レシピ

    工程1

    ダイソーメスティンに0.8合のお米を入れます。お水は170ミリリットル入れてしっかりとお米に水を含ませます。この状態で約10から20分ほど放置します。これによってしっかりお米に水を含ませ、出来上がりに芯が残らないようになります。

    ダイソーメスティン 炊き込みご飯 調味料

    工程2

    食材を細かく刻みます。火の通りが偏らないように食材の大きさをそろえて切るようにしましょう。

    ダイソーメスティン 炊き込みご飯 食材

    工程3

    工程2で刻んだ食材と調味料を全てダイソーメスティンの中に投入します。この時に味が偏らないように混ぜます。

    ダイソーメスティン 炊き込みご飯 作り方

    食材が多すぎると水が溢れてしまうので、もし多く切りすぎてしまった場合は無理に入れないようにしましょう。

    ダイソーメスティン 炊き込みご飯 作り方

    工程4

    炊飯を行っていきます。ダイソーメスティンはトランギアのメスティンと比べると小ぶりに作られているので炊飯時に吹きこぼれやすいというデメリットがあります。

    ダイソーメスティン 炊き込みご飯 注意点

    だから最初は蓋をせずに火にかけ、水嵩が落ち着いたタイミングで蓋をします。

    最初は蓋をダイソーメスティンの上に乗せるような形で様子を見て、その後蓋をします。こうすることで吹きこぼれを少なくすることができます。

    ダイソーメスティン 炊き込みご飯 作り方

    工程5

    15分たったらすぐに火を止めるのではなくグツグツとした音が聞こえないか確認します。もしもグツグツと水が逃げるような音がしていたら炊飯時間が足りないのでプラス数分加算して炊飯を続けます。

    火を止めたら蒸し時間となります約10分そのまま放置をします。

    ダイソーメスティン 炊き込みご飯 完成

    蓋を開けてかき混ぜたら完成です。短時間でご飯を作ることができ、全て投入するというシンプルなレシピはダイソーメスティンの炊き込みご飯ならではです。

    山ごはんだけでなくキャンプ飯、また日常の自宅ランチなどにも活用しています。一度覚えてしまえばとても簡単なので是非皆さんも試してみてください。

    ダイソーメスティン 炊き込みご飯 完成

    ダイソーメスティンを使った炊飯、トランギアメスティンとの違い、実際の炊き込みご飯のレシピなども併せてお読みください。

    山旅旅ショッピング

    登山人気アイテム

    メスティン好きのアイテム

    ソロキャンプ道具

    軽量化のための登山装備

    冬山登山 寒さ対策

    この記事をシェアする

    関連キーワード