ホグロフス バンジーフード

オールシーズンで活躍してくれて、ついつい手にとってしまう大好きなウェアにホグロフスのバンジーフードがあります。冬の寒い時期にはミッドレイヤーとして機能して、その他のシーズンではアウターとして機能してくれます。

ホグロフス バンジーフードで登山開始

ホグロフス バンジーフード

冬の登山のレイヤリングは、ハイクアップ時にウールのベースレイヤーにこのバンジーフードを着てスタートします。寒ければレインウェアとして持ってきているジャケットを上に羽織ることもあります。そうして標高が上がって寒さが厳しくなればダウンを追加してというようにしています。

 

ホグロフス バンジーフード

表面は起毛していないツルリとした肌触りだから重ね着するときに着やすく脱ぎやすいんです。腕を通す時もストレスなく着脱できるのは山行中には重宝します。

レイヤリングに便利なバンジーフード

ホグロフス バンジーフード

春、秋といったちょっと肌寒さを感じる山でのレイヤリングはベースレイヤーとウィンドブレーカーだけでハイクアップを開始して、稜線に出て寒さが厳しくなったらバンジーフードをアウターとして着て登山を続けるといった使い方です。

バンジーフードが採用した生地

ホグロフス バンジーフード上の写真はキャンピングカーで日光旅を楽しんだ時の模様。寝るときも着用したままで気持ちよく過ごす(体験レポはこちら

夏場はテン場に着くまでザックの中に忍ばせて、寒くなったら着て、そのまま寝袋の中でも着たままで過ごすことが多いです。

素材はポーラテックのパワーストレッチプロを採用していて、重量比に対する保温性が高いという印象を感じます。モコモコし過ぎていないので、嵩張りも気にならず持ち歩く際のパッキングもラクでいいです。

バンジーフードの着心地の良さ

ホグロフス バンジーフード

夏場以外では移動着としてもアウターとして着ることが多いのは、なんといっても着心地の良さからです。「バンジー」という名の通りストレッチが凄いんです。バンジージャンプのバンジー。いわゆるゴム紐という意味があるんですが、とにかく伸縮性が高い。生地厚も抑えられているから軽さもあって動きやすいんです。大袈裟ではなく着ていないような心地よさを感じます。

ホグロフスウェアに感じる事

ホグロフス バンジーフード

ホグロフス全般に言えるのは、デザイン性が高いから普段着としても積極的に取り入れることができるところだと感じてます。バンジフードに関しては表面がモコモコしていないので春や秋に着ても街着に最適なので「今日は寒いから何を着ようかなあ?」とクローゼットでついつい手にとるのもバンジフードなんです。あまりにも着用回数が多いので、別の色のものも買おうか迷ってます。(笑)