パタゴニア キャプリーンサーマルウェイト

パタゴニアのキャプリーンサーマルウェイトの良さはトレランをする人たちからはその良さをよく聞いていたんです。ポーラテック・パワー・グリッド素材を使用しているんですけど、この生地は凹凸になっていて肌に接する凸がタッチポイントとなって素早く汗を吸湿して表面に素早く拡散するという性質があるので肌面をドライに保ち続けてくれるんです。また凹にあたる細かいグリッドのすき間に空気層ができ、速乾性と保温性を高めることができるんです。

 

パタゴニア キャプリーンサーマルウェイト

元々はポーラテックのベースレイヤー素材としてはパワードライを好んで使っていた時代があって、それはそれで凄く良かったんです。通気性もあるし伸縮性に優れていて着心地もよかったです。そんなパワードライをさらに軽量化して通気性と吸湿速乾性を向上させたのがパワーグリッドなんですね。

 

赤城山でスノーラン

この軽量化によってとにかくコンパクト性は非常に向上したと感じてます。寒い時期に家から近場の山にトレランをしにいく時はベースレイヤーとしてそのまま着ていくのでコンパクトである事の重要性はそこまでないんですが、暖かいシーズンになると縦走登山でミッドレイヤーとして活用するために持ち歩いたり、帰りの着替えとしてザックの中に入れておいたりする事があるので、そういう時にはコンパクトであることは助かります。

パタゴニア キャプリーンサーマルウェイト

キャプリーンのフィット感の良さ

全体的に伸縮性があるので肌にほどよくフィットしてくれます。フィットしすぎないから単体での着用も違和感なく普段着としても活用しています。このフィット感はアクティビティの最中には非常に大事だと感じていて、ベースレイヤーにフィット感がないと肌との間に空間が多く生まれて熱が外に放出されるんです。いわゆるウェアに熱が溜まりづらい。夏場は全く問題ないし、逆にその方が汗を多くかく時期にはいいのかもしれませんが、これが寒い場所・時期になると体を冷やす原因にもなるのでベースレイヤーのフィット感は標高が高い場所に行くときと時期に応じて注意するようにしています。

 

スノーラン

ウェアの内側で水分を皮膚からすばやく除去し、外側の生地ですばやく乾かすという機能性も寒い時期には非常に大事で水分が体やウェアに付着していると一気に熱が奪われて身体が冷え込む。だから運動が止まったときなんかは特に注意が必要ですよね。そういうリスクが軽減されるという点でも、キャプリーンサーマルウェイトの機能性は立派だと思ってます。

パタゴニア キャプリーンサーマルウェイト

ジップネックフーディの良さ

キャプリーンサーマルウェイトにはジップネックのものと、フーディタイプのものと2種類あって、僕はフーディタイプのものを使ってます。体を動かしていても、どうにもこうにも暖かくなりづらいのが、僕の場合は手の指と耳で、寒くてこの部位が痛くなると「あ~イタイ!」ってランニングや歩きに集中できなくなって100%の楽しみが実現できなくなるのが嫌なんです。だからトレランでも縦走でもこの部位2つを暖めるウェアやグッズには気を使っていて、そのうちの1つがキャプリーンサーマルウェイトというわけです。

 

パタゴニア キャプリーンサーマルウェイト

キャプリーンサーマルウェイトのフードは立体的にできていて、被ると解るんですが頭をすっぽり収めてくれるんです。それこそ首筋もすべて。バラクラバの鼻まで覆う部分を取ったようなイメージです。

 

パタゴニア キャプリーンサーマルウェイト

逆に熱くなればジップ全開で涼しい風を取り込むことができます。

 

赤城山でスノーラン

被った状態でトレイルを走っているとすれ違った人に驚かれます。それこそ4,5人で皆キャプリーンサーマルウェイトのジップネックフーディでフードをした状態で走っていた時なんかは『気持ち悪がられただろうね』なんて言って笑っていた時を思い出します。