アウトドアで役立つアイテムや、アイデアは災害時、停電時の助けになります。身の回りにある道具で少しでも停電などの状況をよくする為のアイデアをお伝えします。

停電時は灯りを拡散

ヘッドライトとプラティパスの水筒を使った簡易ランタンは、キャンプなどで灯りを作るときに、雰囲気のでるアイデアとしておすすめです。

このアイデアを家にあるアイテムで応用すれば明かりを作ることができます。上の写真はスポットライトをつけたスマホをテーブルの上に置いて、その上にペットボトルを乗せただけです。

ペットボトルではなくビニールでも明かりは拡散します。これは登山やキャンプをするときにもできるアイデアで、とても役立ちます。1つのライトではすごく明るいものではないですが、幾つかのスマホを使えば明かりは強くなります。

停電時はモバイルバッテリーが役立つ

スマホで明かりを作ることもできる、そう考えると停電時はモバイルバッテリーがあるだけで安心感が高まります。普段は使わないけど、もしもの時にという使い方をする際には、軽くてコンパクトな、登山で活用できるモバイルバッテリーがおすすめです。

登山でおすすめのモバイルバッテリーで軽量・コンパクトなモバイルバッテリーを紹介しています。

また災害時には缶詰だけで栄養、美味しい食事を簡単に作ることができます。登山で楽しむ山ごはんもぜひ確認してみてください。

少しでも皆さんの助けになれば幸いです。