ひっくり返したり包んだりせずにオムライスができるのはメスティンならではと思います。今回紹介するのは材料を混ぜて、炊いて、卵をかけて蒸すだけというシンプルなメスティンレシピです。

    レシピのポイント

    • 材料を準備したらお米と一緒に混ぜる
    • 15分の炊飯でオムライスの中身が完成
    • 卵はとろとろが良ければ蓋をする時間を調整するというシンプルな考え
    • ケチャップ多めで酸味の調整ができる

    材料

    メスティンレシピ とろとろオムライス 材料
    • お米一合
    • 鶏もも肉1/4切れ
    • 玉ねぎ1/2個
    • トマトピューレ一つ
    • ケチャップ大さじ2
    • コンソメ一個
    • 卵一個

    レシピ

    メスティンにお米と水を入れる

    メスティン炊飯で習ったようにお米を入れてメスティン内部のグロメットにまで水を入れる。この状態でお米にしっかり水を含ませる。

    鶏もも肉、玉ねぎ、トマトピューレ、ケチャップ、コンソメを入れる

    メスティンレシピ とろとろオムライス

    鶏もも肉は事前に細かく切っておき、玉ねぎも薄くスライスしておくと作る時にとっても楽チンです。

    メスティンレシピ とろとろオムライス レシピ
    上記のようにお米が嵩を増すので、この状態で混ぜるとこぼしやすいです。

    お米の上に材料を乗っけた状態で炊くと、炊いた後に混ぜるのが大変なので、この時点でお米と水とこれらの材料をしっかり混ぜてしまいます。

    炊飯をする

    メスティンレシピ とろとろオムライス 炊飯

    弱火で15分炊いて、炊けたらしっかりと蒸します。

    溶いた卵を上から回しかける

    メスティンレシピ とろとろオムライス レシピ

    蒸し終わったら蓋を開けて卵を回しかけます。

    蓋をして弱火で1〜2分で出来上がり

    メスティンレシピ とろとろオムライス 完成

    ちょっと半熟の卵が残るくらいのオムライスが好きな人は弱火で1.5分ほどがおすすめです。

    しっかりとした卵の硬さを求める場合は3分ほど弱火で炊くと良いと思います。

    出来上がったオムライスの上にケチャップをかけてもいいし、お好みで味を調整します。

    メスティンレシピ とろとろオムライス

    蓋を開けた時の見事な焼き加減で、テンションが上がるメスティンレシピです。

    山旅旅ショッピング

    登山人気アイテム

    メスティン好きのアイテム

    ソロキャンプ道具

    軽量化のための登山装備

    冬山登山 寒さ対策

    この記事をシェアする

    関連キーワード