野菜のチーズ蒸し

テント泊やキャンプなど、のんびりした山行計画や時間に余裕がある時には、とことん自然を満喫して心身を休めたいもの。今回はお酒のつまみやサイドメニューにピッタリな、野菜のチーズ蒸しをご紹介します。

レシピのポイント

  • 野菜が沢山で彩り豊か
  • ワインのつまみに最適
  • 冷凍野菜で簡単調理
  • 野菜の水分で水要らず

調理時間と使用燃料

  • 準備5分
  • 調理15分
  • 使用燃料:エスビット・固形燃料14g×2

材料

  • 冷凍野菜 適量
  • チーズ適量
  • バター 1個
  • 塩コショウ適量

レシピ

材料を入れて加熱する

材料を入れて加熱する。あとは待つだけという「えっ、これでおしまい?」の手間が全くかからない超簡単な工程です。蓋をして加熱後、チーズが溶けても野菜が冷えている可能性があるので、少し長めに加熱すると良いです。

ポイントとして、チーズは全体に沢山かけたほうが、野菜に塩気が行き渡ります。チーズで足りない分は塩コショウで調整できます。

野菜のチーズ蒸し

完成!

彩りが鮮やかな野菜のチーズ蒸しが完成です。多少加熱しすぎても焦げ付く心配のないレシピなので、固形燃料で調理する自動レシピの「ほったらかし度」は高い「気がついたら出来てた」という非常に便利な料理です。

伸びるチーズと野菜それぞれの食感を是非楽しんでください。

野菜のチーズ蒸し

レシピのポイント

今回は冷凍野菜を使いましたが、事前にカットした生野菜を持ち込んでも作ることが出来ます。その方が食感もより感じやすく、栄養価も高いので、荷物や準備時間に余裕がある時はこちらがオススメです。調理する際には少量の水を追加すれば蒸すことが出来るので、忘れずに入れておきます。

上手く作れない場合

「チーズが上手くトロけない」「野菜の芯が冷たい」などの問題が出た場合は「蓋がしっかり被せる」「メスティンを少し遠ざけて火力調整する」「チーズを入れる前に、野菜だけ先に加熱する」ことで解消されます。困ったときに試してみてくださいね。

固形燃料の特徴

今回使った固形燃料と、おすすめの固形燃料の比較を分かりやすく説明したページになります。燃焼時間や火力などをレビューしていますので、是非参考にされてください。

野菜のチーズ蒸しで山でゆったり時間を

山は予定された行程を時間通りに踏破する、計画性と実行する体力を問われる、実は高度なアクティビティです。そんな中でもゆったり時間を設定して、時にはのんびり自然の時間に身を任せるのも、登山の醍醐味です。野菜のチーズ蒸しはそんなゆったり時間にピッタリなメニューです。是非ワインなどのお酒のお供に作ってみてください。

野菜のチーズ蒸し

その他のメスティンレシピの記事

メスティンといっても、トランギアのメスティン、ラージメスティンやダイソーメスティンとサイズと形が様々あります。またメスティンで作ることのできるレシピも様々です。メスティンの様々なレシピを紹介中ですので、是非チェックしてみてください。

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

関連キーワード

この記事の紹介者