カテゴリーから探す

山のモノ Wear / Gears

山のコト Experiences

登山におすすめのメリノウールのベースレイヤー8選

登山におすすめのメリノウールのベースレイヤー8選

ベースレイヤーには化学繊維のものとメリノウールの2つに大別することができます。メリノウールは優れた保温性と高い防臭力、ゆっくり乾くため汗冷えを起こしづらいメリットがあります。今回は登山でおすすめのメリノウール製ベースレイヤーを紹介します。

メリノウールの特徴

化繊素材と異なりメリノウールの特徴を挙げだすと4つリストアップできます。

  • ゆっくり乾くために汗冷えしづらい
  • 細かな繊維でバクテリアを閉じ込め皮脂のニオイを閉じ込める
  • 価格が高い
  • 肌触りが柔らかく肌に優しい

上記で挙げ出した特徴はメリノウールの混紡比率によって異なることを覚えておきましょう。

おすすめのメリノウール製ベースレイヤー

登山は汗をかきづらいスポーツなのでベースレイヤーにはなるべく薄手のメリノウールがおすすめです。以下で紹介するメリノウールのベースレイヤーは薄手タイプのものをピックアップしています。

アクティビティによって選べるメリノウール「スマートウール メリノ150、120、スポーツ」

スマートウールのメリノウール製ベースレイヤー

スマートウールには大きくわけてメリノ150とメリノスポーツ150とメリノスポーツ120の3種類があります。素材に違いがありメリノ150はメリノウールの比率が高いのでハイキングなどのゆっくりとした登山で保温性を重視したベースレイヤーとして使用し、トレイルランニングなどのハードなアクティビティで乾きの早さを重視する際はメリノスポーツ150を使用するなどがおすすめです。新しくメリノスポーツ120が登場し生地重量が30g軽くなり、より通気性に優れたベースレイヤーとして使用ができます。

今回紹介したクルーネックタイプ以外にもフード付き、ジップアップタイプなど展開が幅広いのも特徴のブランドです。

柔らかな肌触りが気持ち良い「アイスブレーカー 150ゾーン」

アイスブレーカーのメリノウール製ベースレイヤー

ベースレイヤーとしてのアイスブレーカーはスマートウールと展開や生地重量の種類などが似ており、天秤にかけて迷う方も多いと思います。混紡比率を見てみるとアイスブレーカーにはポリウレタンが入っており、生地に光沢感があり肌触りがつるりとした特徴を備えています気持ちストレッチ性が高いのも特徴的です。

柔らかさと伸縮性に優れた「ウールパワー クルーネックライト」

ウールパワーのメリノウール製ベースレイヤー

生地重量の公開がないのですが、生地感は薄手のニットのように縫われており、伸縮性に優れ、縫い目からの通気性も特徴的なベースレイヤーです。スマートウールやアイスブレーカーの150シリーズと比較すると肉厚な作りなので保温性の高いベースレイヤーとして位置づけ、寒い季節の登山で且つゆっくりな行動向けにおすすめのベースレイヤーです。

独創的な2種類のメリノウール「パタゴニア キャプリーンシリーズ]

パタゴニアで大変人気のあるキャプリーンシリーズは化繊素材のベースレイヤーとして様々なアクティビティで使用ができる展開が特徴です。その中でもメリノウールが混紡されているアイテムがクールメリノとエアの2種類です。クールメリノは非常に薄い仕上がりで、ハードなアクティビティ用に使いやすく、オールシーズンで使いやすいベースレイヤーです

一方キャプリーンエアはニット素材でセーターのような作りなのにも関わらずベースレイヤーで、多くのデッドエアを溜め込んで保温する特徴を備えています。冬の登山からスキー用ベースレイヤーとして寒い季節に使いやすい仕上がりです。

脇の下と背面のメッシュ地で発汗を防止「アクリマ ライトウール」

アクリマのメリノウール製ベースレイヤー

アクリマのライトウールは非常に軽量かつ通気性に優れた薄手のベースレイヤーでトレイルランニングなどのハードなアクティビティで使いやすい仕上がりです。ロングスリーブタイプのライトウールスポーツは脇の下と背面にメッシュ地のウールネットを組み合わせており、汗で濡れても優れた速乾性でべたつきを防止します。

保温性に重視した普段遣いしやすいTシャツ「フーディニ デソリ」

フーディニのメリノウール製ベースレイヤー

フーディニからはデソリとアクティブという2種類のメリノウール製ベースレイヤーが販売されており、デソリはメリノウール100%、アクティブは化繊混紡タイプです。保温性を重視するのならばデソリ、乾きの速さと耐久性を重視するのならばアクティブを選ぶと良いでしょう。フーディニのロゴが背中や肩にあしらわれておりデザイン性にも優れているので普段使いにもおすすめです。

背面からの熱を効率的に放出「ノローナ ビティホーン ウール

ノローナのメリノウール製ベースレイヤー

アクリマのライトウールスポーツと同様、背面とサイドにメッシュ地を採用しており紹介するベースレイヤーの中では最も通気性に優れた作りとなっています。この特徴を活かすのならば圧倒的にハードなアクティビティでの使用がおすすめです。

乾きの速さが圧倒的!「モンテイン プリミノ140」

モンテインのメリノウール製ベースレイヤー

メリノウール混紡のベースレイヤーの中でもプリミのは化繊素材にプリマロフトゴールドを使っています。これによって乾きの速さが圧倒的に異なり、汗をかいた瞬間の拡散能力に優れています。それでいてメリノウールの良さも体感できる特徴があり、ハードなアクティビティでおすすめのベースレイヤーに仕上がっています。

モンベルスーパーメリノウール EXP.

繊度18.5ミクロンの「マルチクリンプウール」を使用しており、ストレッチ性、自然放電するカーボン繊維の使用、保温力に優れた素材の使用でコストパフォーマンスに優れたメリノウールシャツを夜に送り出しています。

出典:モンベルオフィシャルECサイト

▼ベースレイヤーの基本についてわかる記事

Topics

注目記事

Ranking

週間ランキング

Contents

山旅旅のコンテンツ

SNS

オンラインショップ

Online Shop Yamatabitabi

山旅旅がセレクトする、軽量で使い勝手がいい、普段使いもできるアウトドア用品を扱うオンラインショップです。