マウンテンカラ

テンカラを満喫した僕らは木道を足早に歩き、あたりをつけていた野営場所へ日没前に無事戻ってきた。『このあたりは熊が出没するよ』と大瀬くんから釘をさされていた僕らは、片手に熊よけスプレーを持ち、大きな声を出してドキドキしながら歩いていた。

 

王滝村 テンカラ

野営場所についたからといってこの心配から解放されたわけではない。今回は深い深い山の中で一夜を明かすわけだから、熊の心配しかり、天気が不安定だから増水の心配、虫たちの心配、色々な心配を抱えているわけだ。

それでも深い渓での野営という僕らにとっての試みは、未知数が多く、それが刺激となって楽しみに変わっていく。

 

マウンテンカラ

まずは寝床の設営。僕は木曽駒ヶ岳でファストパッキングで使用していた、nemoのテント『ブレイズ1p』。高橋くんは既にマウンテンカラではおなじみとなったファイントラックのツェルト2ロング。ナミネムくんはビッグアグネス フライクリーク。テント場ではないので石ころや岩をどけて平らな場所を確保し設営する。

 

王滝村 テンカラ

時間は17時。この時間は夕まづめといって魚がエサを摂る時間とされていて好漁の潮時。僕とナミネムくんはまだ釣果がなかったので辺りで挑戦してみるものの、残念な結果に終わった。

 

王滝村 マウンテンカラ 野営

渓流での野営生活

『暗くなる前に薪を確保』という鉄則にしたがい周辺を散策。前日に雨が降っていた為か、落ちている木の多くは湿っていたものの、乾いた枯れ木を必死に探して野営場所に運ぶ。

 

ライトマイファイヤーの『ティンダーオンアロープ』

渓流での野営生活

細かな枝を着火の火種として徐々に太さのある枝を上に。まるでミルフィーユのように重ねていく。『着火剤にいいもの持ってきたよ~!』と高橋くん。取り出したのは天然油分を浸みこませたライトマイファイヤーの『ティンダーオンアロープ』

これ木片そのものに油分がしみ込んでいるので着火剤になる。

 

渓流での野営生活

まな板を団扇代わりに使い火を起こす。僕たちマウンテンカラチームでは「火を素早く起こせるのがカッコいい男」という信念がある。火を起こした瞬間に野営感がグンと上がった。火は男のロマン。狩を行っていた原始の血が騒ぐと、アウトドアで楽しむ晩餐会に心が躍る。