耐久撥水加工-山道具・装備(ウェア機能)の登山用語

耐久撥水加工とは

耐久撥水は通常の撥水と比べ耐久性が高くJIS企画によって耐久力が定められている。洗濯100回を行った後における撥水の度合いによって表されこの撥水度が高いと耐久度が高いということとなる。耐久撥水性能が高いことで摩擦や汚れまた洗濯などによる撥水性能の低下を抑制するためこのようなリスクの多い登山におけるレインウェアは耐久撥水となっている場合が多い。撥水がなくなるとメンブレンから水を通すことはないが表生地に雨などが吸水してしまい重量が重くなりこれによって体力が奪われるために撥水されなくなったウェアは撥水加工を行う必要がある。

ホグロフス

おすすめ書籍

関連用語

関連記事

山道具・装備(ウェア機能) の用語

あ行

か行

さ行

た行

は行