保水性-山道具・装備(ウェア機能)の登山用語

保水性とは

水を保つ性能のこと。撥水加工がなくなり生地に雨などが付着すると重量が増す。これは保水した状態となる。登山において保水はデメリットを表現することに多く用いられる。ゴアテックスのシェイクドライはメンブレンを表地に使用した素材で、撥水加工をしなくとも保水しないことから注目を浴びている。

ウェアの撥水加工

おすすめ書籍

関連用語

関連記事

山道具・装備(ウェア機能) の用語

あ行

か行

さ行

た行

は行