登山服装

登山を始めようと思ってもどのような服装で行けば良いか悩む方も多いと思います。初心者向けの登山服装の着用テクニック、選び方、知っておくと便利な素材や機能性について紹介します。あやまった登山服装にならないよう安心安全で登山を楽しみましょう。

初心者向けの登山服装について

初めて登山をする方や、これから本格的に登山を始めようとしている方が最初に悩むのが登山でどのような服装すれば良いのかということだと思います。ここではどのようなステップで登山の服装を揃えていくかについて考えていきましょう。

初心者向けの登山服装

持っているウェアを活用しよう

登山で使用する服装は機能性ウェアな為に高価なものが多いです。最初から全てを買い揃えるのはコスト的にもなかなか難しいはずです。初心者の方はまず普段着用している服装から登山でも使えるアイテムを探してみましょう。

運動する時に着用していたジャージ素材のウェアや、ポリエステル素材が混紡されている雨や汗に濡れた時に乾きやすいものなどを着用するのがおすすめです。

持っているウェアを活用しよう

このような服がなくても低山であれば普段着として着用しているチノパンやコットン製のTシャツでも問題ありません。経験を積みながらより登山に適したアイテムを少しずつ揃えていくというのがおすすめです。

登山用服装の着用テクニック

低いところから高いところに移動するのが登山です。低いところは気温が高く100m高くなると気温は約0.65°下がるとされています。

登山用服装の着用テクニック

また運動量に応じて体温変化が起こり、上りは暑いけど下りは寒いとか、行動中は暑いけど休憩中は寒いとか状況に応じて体温変化が激しいのも登山です。

体温や気温の変化に応じて着脱する

このように暑くなった時に服を脱いで涼しい風を取り入れ発汗を抑え、寒くなった時に体温低下が起こらないように服を着る必要があります。

体温や気温の変化に応じて着脱する

汗をかくことで気温が下がった時、体温が奪われ、それによって体力を消耗してしまいます。汗をかくことも、体温が奪われることも、いづれも体力消耗に繋がるので着脱を頻繁に行って体温調整を行いましょう。

登山用服装は重ね着が基本

登山の服装は着脱がしやすいように重ね着をすることが基本とされています。ベースレイヤーと呼ばれるものは肌に直接触れる下着の役割を担います。

登山用服装は重ね着が基本

ミドルレイヤーは中間着とも呼ばれ保温の役割を担います。

アウターレイヤーは耐風・耐水性で雨風に対して体を守るための役割を担います。

必ず3層構造で登山をしなければいけないというわけではなく、あくまで基本形であって、暑い時期に低山登山をする際はベースレイヤーで行動して寒くなった場合にアウターレイヤーを着用するなど季節に応じて変化を加えることも重要です。

登山用服装の選び方ポイント解説

登山での着用テクニックを覚えたら次にレイヤリングごとの選び方とポイントを紹介します。暑い季節と肌寒い季節とで選び方もポイントも異なります。検討すべき服装は以下の11種類です。

※横スクロールで表がスクロールできます。
服装ポイント
ベースレイヤー速乾性・保温性
ミドルレイヤー軽量性・保温性
アウターレイヤー耐候性
防寒着保温性・コンパクト性
パンツ歩きやすさ
ソックスクッション性・通気性
登山靴グリップ性・防水性
ザック容量・フィット感
サングラス偏光・UVカット
グローブ保温性・耐久性
帽子透湿性・通気性

ベースレイヤーは速乾性と保温性で選ぶ

肌に汗が付着していると乾く際に一緒に熱を奪われてしまいます。肌に一番近いベースレイヤーは汗をかいたら素早く吸収して汗離れの良いウェアを選ぶと良いでしょう。

ベースレイヤーは速乾性と保温力で選ぶ

ベースレイヤーの選び方のポイントは吸湿と速乾スピードです。暑い季節におけるベースレイヤーは汗の量が多いため汗を吸収した後素早く拡散して乾きが早い化繊がおすすめです。

肌寒い季節におけるベースレイヤーは乾きが早いものは同時に体温を奪うスピードも早いため寒くなりがちです。汗の量も少ないことが想定できるためゆっくりと乾くメリノウールがおすすめです。

暑い季節でも高所に移動することで風が強く気温も下がります。標高差のある登山では肌寒くなることを想定したベースレイヤーを着用するようにしましょう。

ミドルレイヤーは軽量性と保温性で選ぶ

ミドルレイヤーの役割は保温です。行動中暑ければバックパックの中にしまっておくことになるのでできるだけ軽量なものを選びましょう。

軽量であることで保温力が失われてしまって寒い思いをしては意味がありません。この点には注意が必要です。

寒い季節にはミドルレイヤーを着用して行動することを想定しておきましょう。この場合のミドルレイヤーは、吸湿速乾性が備わっていて体温調整がしやすいジッパーやボタンのついたウェアを選びましょう。

アウターレイヤーは耐候性で選ぶ

アウターレイヤーは雨や雪が降った時に体を濡らさずに行動ができる役割を担うため、防水透湿性が備わっているハードシェルを選びましょう。

アウターレイヤーは耐候性で選ぶ

行動を伴って着用が必要なため汗をかかずに行動ができる通気性と透湿性を備えたウェアがおすすめです。

レインジャケットであればピットジップや透湿性の高い素材を使ったシェルがおすすめです。雨や雪ではなく風をしのぐことができるウインドブレーカーは軽量かつコンパクトになるシェルが多いため様々なシーンに持ち歩くことができます。

レインウェアに採用される素材として認知の高いゴアテックス・eVent・パーテックスシールド・ポーラテックネオシェル・各メーカー独自素材の違い、またレインウェアを選ぶ際に必要な防水性・透湿性について、そしてレインウェアを特徴づけるピットジップやフード形状など、登山だからこそ重視すべきレインウェアの特徴について紹介しています。雨が降って寒い思い、暑い思いをしないように正しいレインウェアを選べる知識をみにつけましょう。

防寒着は保温性とコンパクト性で選ぶ

山小屋やテント泊を行う登山では夜と朝を山の上で過ごすことになるため保温力のある防寒着が必要になります。行動中はバックパックの中に入れておくことになるため軽量かつコンパクトな防寒着がおすすめです。

防寒着は保温力とコンパクト性で選ぶ

ダウンウェアや化繊中綿のジャケットやパンツは軽量かつコンパクトになるため活用している人も多く、ダウンは濡れに弱いですが軽量なものが多く、化繊は濡れに強い特徴があります。

パンツは歩きやすさで選ぶ

トレッキングパンツやショーツはストレッチがあり足上げがしやすいものを選びましょう。登山では岩場を登ったり鎖場がある登山道があります。足上げがしづらいことで思ったように行動ができない、ということがないように選びましょう。

パンツは歩きやすさで選ぶ

登山初心者の方は運動効率のアップが望める好キのコンプレッションタイツを取り入れるのもオススメです。運動時の余分な筋肉の振動を抑え筋肉の疲れを軽減することが望めます。

ソックスはクッション性と通気性で選ぶ

登山では足の汗と足のトラブルに気を配る必要があります。汗で足が蒸れることでマメができやすくなりますので通気性のあるソックスで蒸れを効果的に逃がしましょう。

ソックスはクッション性と通気性で選ぶ

またソックスが厚手であることでクッション性を補え、登山靴とソックスで足裏への衝撃を緩和することができます。

登山靴はグリップ性と防水性で選ぶ

整備されている登山道を歩くだけなら歩きやすく低山向け登山靴を選びましょう。ソールは比較的柔らかくアッパーは通気性が施され軽量な為に無理なく歩行することができます。

ガレ場や鎖場などがあるテクニカルな登山道ではソールは固めで防水性が施された登山靴を選ぶと、体力に自信がない方でも柔らかなソールと比較して足ブレが少なく安定した歩行を行えます。

このような登山道がある山は高所であることが多く急な天候変化も多いことでしょう。ゴアテックス性の登山靴であれば足を濡らさず安心して登山を行えます。

ザックは容量とフィット感で選ぶ

どのような登山スタイルを楽しむかによって持ち歩く装備が異なります。日帰り登山で山ごはんを楽しむだけの登山であれば、必須装備となるエマージェンシーキット、ファーストエイド、防寒着、レインウェア、山ごはん道具をパッキングすれば良いので容量は20 L 以下の小さなサイズのザックを選びましょう。

ザックは容量とフィット感で選ぶ

山小屋泊やテント泊になれば必要な装備が増えます。必要な装備を知って、これらを無理なくパッキングできる容量のザックを選びましょう。

またしっかりと背中にフィットさせることで疲れ方が異なりますので、背面長を測り自分の身体合ったザックを選ぶことも重要です。

サングラスは偏光とUVカットで選ぶ

高度1000メートルで紫外線は10%強高くなります。目に紫外線が入ると身体全体が日焼けをし疲れやすくなります。また登山道を目視するのにも偏光サングラスがあると凹凸が見やすく安全に登山ができます。

サングラスは偏光とUVカットで選ぶ

また登山道では木々に覆われている場所も多くサングラスがあることで目を保護し安全性を保ちます。

グローブは保温性と耐久性で選ぶ

グローブはオールシーズン、登山では必要なアイテムです。体が冷えて最初に冷たくなるのが指先や足先です。手が冷たくなると登山の集中力がなくなるのでグローブはサブグローブも準備するぐらいの気持ちで重要視しましょう。

グローブは保温力と耐久性で選ぶ

岩場やロープ、木々などを握る場面が多いのも登山の特徴です。不用意に触って手を傷つけないように耐久性のあるグローブで手を守りましょう。

帽子は透湿性と通気性で選ぶ

帽子があることで登山時の強い紫外線から頭と首、顔全体をある程度守ることができます。登山中は頭から汗をかいてもしっかりと熱を逃がし、発汗を促すさ無いよう、被る帽子は通気性のある素材がおすすめです。

また汗や雨で保水してもすぐに乾く素材であることで重くなりづらく快適に登山を行うことができます。

帽子は透湿性と通気性で選ぶ

ハットタイプは日差しを360度避けることができ、バンドが付いていることで強風に帽子が飛ばされずに済みます。バンドが付いていなくとも風飛び防止のキャップキーパーを取り付けるのもおすすめです。

まとめ

登山で必要な服装として最低限のアイテムを選び方のポイント交えて紹介してきました。

登山中に周りと比較して汗っかきなのか?寒がりなのかなどパーソナルな部分が分かってきたら自分にとって快適な服装を考慮し購入していくことでより快適な登山を楽しむことができるでしょう。

登山の服装は日々技術の進化とともに変化してきています。新しい服装を取り入れるのもまた登山の楽しみでもあります。

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

この記事の紹介者