山岳保険-その他の登山用語

山岳保険とは

登山を行う上で最悪の事態を想定することは重要である。もしも遭難をしてしまった場合に捜索費用は一人当たり1日5000円から3万円の費用が発生すると言われている。冬場や危険地帯を操作する場合には10万円ほどかかる。内訳は公的機関の他に地元の山を専門とする救助隊や地元の消防団員が参加することがある。また山小屋泊を捜索をしてくれる人たちが利用した場合はその金額もかかる。さらに遭難救助のためにヘリコプターを利用することで負担額は上昇する。山岳保険は様々で有名なところではモンベル、ココヘリ、やまきふ共済会、日本山岳協会、jroなどがあり、価格も保険内容も様々である。1日のスポットで活用できる山岳保険もあるので登山時には活用について検討したい。

山岳保険とは

おすすめ書籍

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazonで探す
¥1,980 (2021/11/26 08:53時点 | Amazon調べ)
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazonで探す
山と溪谷社
¥1,100 (2021/11/26 14:37時点 | Amazon調べ)
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazonで探す

関連用語

登山用語カテゴリー

登山用語その他の用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行