登山で必要な持ち物-初心者も安心

登山で必要な持ち物をリストアップし、忘れ物のないよう心がけることは大変重要です。登山の持ち物の中でも必須装備と言われる必ず持ち歩くべきものと、あると便利な持ち物とに分けることができます。また日帰り登山、山小屋泊、テント泊とシーン別で便利な持ち物と必要な持ち物があります。 忘れ物チェックリストと合わせて役立ててください。

基本的な服装

まず初めに登山の基本的な服装についてですが、重要なのは汗をかかないということです。暑い時には薄手になり、寒い時には重ね着をすることができるようにしておきましょう。

登山の基本的な服装
※横スクロールで表がスクロールできます。(アイテム名をクリックするとそのアイテムの詳しい記事を読めます。)
#持ち物名役割・ポイント
パンツ歩きやすい裁断、ストレッチで速乾性の高い素材
ゲイター透湿性で蒸れを軽減し、ある程度の長さで砂石の侵入を防げるもの
ウィンドブレーカー冷たい風を防ぎ、透湿性によって汗をかきづらいもの
ベースレイヤー肌から汗離れに優れ、気化熱によって体温低下のリスクの少ない素材
キャップ・ハット日差しから首、顔、頭を守り、汗の蒸れを軽減する透湿性の高いもの
レイングローブ雨、風から手を守り手首からの雨の侵入を防ぐもの
グローブ防寒対策のグローブと、木や石などから手を守る役割
防寒着休憩中や宿泊時など行動を伴わないときに身体を冷やさないもの
サングラス紫外線から目を守り、地面の照り返し時に凹凸を視認によって歩行をしやすくする
レインパンツ雨、風から下半身を守る。脱ぎ履きがしやすいサイドジッパーの長さがあるもの
レインジャケット雨、風から上半身を守る。首や手首から雨の侵入を防ぐもの
ソックス地面からの突き上げや歩いている際のクッション性と透湿性による蒸れ軽減

必ず持っていく持ち物

登山で必ず持っていく持ち物は多種多様で、ここで紹介するのは日帰り登山、山小屋泊〜テント泊登山共通の必須装備です。この装備がないことで、怪我のリスク遭難のリスク、強いては死のリスクに繋がりますので必ず持ち歩くようにしましょう。

登山に必ず持っていく持ち物
※横スクロールで表がスクロールできます。(アイテム名をクリックするとそのアイテムの詳しい記事を読めます。)
#持ち物名役割・ポイント
ソフトボトル水分補給の為に水を持ち運ぶためのもの
スマホ現在地確認、地図確認、写真撮影などアプリを使用する
時計気圧変化、標高確認、心拍確認など、現時点の情報を取得する
ヘッドライト調光機能と操作性の簡便性、USB充電で電池が満タン状態で持ち歩けるもの
モバイルバッテリースマホ、時計など充電がなくなった際の電池補給
トイレットペーパートイレ利用時にペーパーが無かった場合の保険
登山届登山口にて提出、予定行動と実際行動の差を確認するためのもの
トレッキングポール歩行サポートができる耐久性、柔軟性のある素材で軽量なもの
レイングローブ基本的な服装⑥と同じ
グローブ基本的な服装⑦と同じ
サングラス基本的な服装⑨と同じ
紙地図今までの行動と今後の行動計画を確認するため
ファーストエイド怪我、体調不良など不足時に改善を促すためのキット類
マスク山小屋の出入り時の感染症対策
財布山小屋での支払い、お札が濡れない素材のもの
レインカバー雨が降った際にザックを濡らさないためのもの
防寒着基本的な服装⑧と同じ
レインパンツ基本的な服装⑩と同じ
レインジャケット基本的な服装⑪と同じ
タオル汗を拭う、首に巻き付けて日焼け対策など
歯ブラシ歯ブラシの柄の部分を切るなどしてコンパクトに持ち運ぶ
ヘルメット転倒、落石などの危険がひそむ登山道を歩く際に必要。状況に応じてカラビナ、シュリンゲ、チェーンスパイクも
熊鈴動物に人間がいることを気づかせるため
熊スプレー熊と遭遇してしまったさい、更には熊が近づいてきた際に必要

山ごはんを楽しむための持ち物

最も考え方によって持ち物が変わるカテゴリーが山ごはんの持ち物です。ここで紹介する山ごはん用持ち物はあくまでも一例ですので、自分の好みに合わせて持ち物を変えましょう。以下で紹介する持ち物は2泊3日テント泊を想定しています。2食付きの山小屋泊であれば晩ごはんと朝ごはんは必要ありませんし、日帰り登山であればもっと食料を削ることができるでしょう。

山ごはんを楽しむための持ち物
※横スクロールで表がスクロールできます。(アイテム名をクリックするとそのアイテムの詳しい記事を読めます。)
#持ち物名役割・ポイント
行動食エネルギー補給、糖分補給、塩分補給を重視
夜ご飯のおかず腐りづらい野菜、フリーズドライ製品など軽量で美味しい食事
スープ夜の食事中に身体を温め、疲れをとる栄養のある食材を使用したもの
ジップロック飯押し米と好みの食材・調味料で味つけをしてジップロックへ。お湯や水を注げば完成
おつまみ夜の食事中にお酒を楽しむためのおつまみ
お酒ワインやハードリカーなどを入れてお酒を山で楽しむ
燃料写真はガスストーブだが、固形燃料やアルコールなど山ごはんに合わせて燃料を選択
カトラリー折りたたみができてクッカー内に収納できるもの、スプーンとフォークが一体型のものなど
クッカー作りたい食事にあったクッカー。お湯を沸かす専用のもの、調理に向いているものなど
ランタン夜食事をする、テント内で過ごす際の明かり
コップ、お皿スープやおかずなど出来上がった料理を入れる。また飲み物を飲むため。
ライターストーブに着火させるため
調味料塩、油、コンソメなどの必要な調味料

上記とは別にメスティンを使用してご飯を炊きます。メスティンを持ち歩かない場合は以下の②ナイフ以外を省いてアルファ米に変更することで軽量化が行なえます。

山ごはんを楽しむための持ち物
※横スクロールで表がスクロールできます。(アイテム名をクリックするとそのアイテムの詳しい記事を読めます。)
#持ち物名役割・ポイント
メスティン炊飯に適したクッカーで様々なレシピを楽しむことができる
ナイフ食材を刻むなど、山ごはんを楽しむための必須装備
メスティンコジーメスティンで炊飯を行う際の蒸らしようギア兼メスティン用保温ケース

テント泊で必要な持ち物

テント泊をする際に必要な持ち物です。夜から朝にかけておテントで過ごすために、テント場の気温を鑑みて保温力と軽量性のバランスを考えて装備を選ぶ必要があります。

テント泊で必要な持ち物
※横スクロールで表がスクロールできます。(アイテム名をクリックするとそのアイテムの詳しい記事を読めます。)
#持ち物名役割・ポイント
テント平均重量1キロ程度を目安にコンパクトにも持ち運べる軽量テント
グランドシートテントを地面から保護すると共に地面からの冷えを軽減
ペグテントを風で飛ばされないように固定するとともにテント内の空間を確保
吸水シートテント内についた結露を拭う
テント内でより良い就寝を行うための軽量な枕、コンパクトに持ち歩ける機構
テントマットテント内でより良い就寝を行うための軽量なマット、コンパクトに持ち歩ける機構
シュラフダウン、化繊と種類があり、保温力と携行性に優れたモデル
シュラフカバーシュラフを結露による濡れから守ると共に、保温力を向上させる

登山中にあると便利な持ち物

登山中にあると便利な持ち物

登山をする際に気をつけるべき点に軽量化があります。登山に持っていく持ち物が軽ければそれだけ必要な体力を温存することができ、結果、登山中の行動を完全に保つことができます。自分にとってどこまで重要性の高いものかを吟味しここで紹介する便利な持ち物を持っていくかの判断が必要です。

※横スクロールで表がスクロールできます。(アイテム名をクリックするとそのアイテムの詳しい記事を読めます。)
#持ち物名役割・ポイント
テーブルお皿やカトラリー作った食材を地面に置かずに済む
サコッシュ行動食や地図などすぐに取り出したいものをまとめておける
ビニール濡れたもの、ゴミなどを入れておく
浄水器水場以外で水の確保が可能
着替え宿泊するときに開放的な気持ちになることができるための最低限の着替え
手ぬぐい汗ふきタオルとは別にあることで汚れたものを拭き取るなどができる
ドライサック寝袋、防寒着など濡らすと困るギア類を収納しておく

登山の持ち物を決めた後にするべきポイント

登山で必要な持ち物を買い揃えたら、実際の登山でこれらを持っていくことになります。 そこで以下の順でするべきポイントをしっかり押さえてリスクのない登山を楽しみましょう。

忘れ物チェックは必ず行う

登山の持ち物を Google のスプレッドシートや Google Keepなどのメモアプリを使用してチェックリストを作ります。登山の持ち物をザックにパッキングする前に一度床に並べて忘れ物がないかチェックリストを見て確認を怠らないようにしましょう。

登山装備チェックリスト(PDFファイル:A4サイズで印刷できます)

パッキング方法を身につけよう

登山の持ち物を上手にパッキング

ザックの中に揃えた持ち物を何も考えずにパッキングするのはやめましょう。パッキング方法は重量によって歩きにくくならないよう、身体の重心位置に近い場所に重いものを、離れた箇所に軽いものをしまうようにしましょう。

安心した気持ちで登山を楽しもう

今回紹介した登山の持ち物は温かい季節における持ち物となっています。冬山になると、更に防寒対策用の持ち物が増えますので注意して下さい。

必要な登山の持ち物を理解することで、その道具がどのようなシーンに必要なのかを理解することができるでしょう。理解を深めることで余計な持ち物を省くことができ、ザックの重量が軽くなります。いつもの登山がより快適に、忘れ物によるリスクや不安を取り除くことができて登山を大いに楽しむことができます。

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

この記事の紹介者