フライフィッシング-アクティビティの登山用語

フライフィッシングとは

テンカラとは異なり格調高い紳士のスポーツとして親しまれているアウトドアフィッシング。歴史はイギリスの貴族から始まり日本では1902年にグラバーがカワマスを放流して楽しんだことが始まりとされている。栃木県日光市の湯川と湯ノ湖は日本のフライフィッシングの聖地として知られている。フライフィッシングの要素にはキャスティングとファイトとタイイングと自然観察という要素に分けることができる。キャスティングは釣り糸自体の重さによってフライを投入するために、フライを目的地に飛ばすためのキャスティングを覚えることはフライフィッシングで重要な技術である。ファイトは釣れた魚を手元に釣り上げる技術をいう。退院後は魚の食べ物に似ているイミテイトフライを制作することで購入することもできるし自分で制作することもできる。自然観察は現地に潜む水生昆虫や小魚の種類を確認し似たフライを選びキャスティングすることで釣果に差が出るためフライフィッシングの哲学と言われている。フライを水面に浮かせる釣り方や水中に沈める釣り方など手段も様々で奥深いスポーツとして知られている。

フライフィッシングとは

おすすめ書籍

関連用語

登山用語カテゴリー

アクティビティの用語

た行

は行

ま行