バックカントリー-アクティビティの登山用語

バックカントリーとは

レジャー用に整備されたエリアから外れた場所。手付かずの自然が残っているエリアを指す。バックカントリーの対義語にフロントカントリーがありフロントカントリーから近い場所を再度カントリーと呼ぶ。バックカントリーの一部にサイドカントリーがあるという考え方とバックカントリーとフロントカントリーの中間地点という考え方がある。多くはバックカントリースキー、バックカントリースノーボードで冬のアクティビティで使用されることが多い。バックカントリーの行き室はパウダーなため踏み固められておらずスキーの技術も異なりそれによってスキー板やスノーボード板も変わる。整備がされていないエリアをバックカントリースキーと呼ぶため雪崩などの遭難の危険がある。

バックカントリーとは

おすすめ書籍

関連用語

登山用語カテゴリー

アクティビティの用語

た行

は行

ま行