シュータン-山道具・装備(登山靴)の用語集

シュータンとは

足の甲と靴紐の間に入っているパーツ部分。シュータンには様々な厚みがありホールド性を重視するトレイルランニングシューズや軽量の登山靴には薄手のシュータンが使われ、クッション性やフィット感を重視する登山靴やトレイルランニングシューズには厚手のシュータンが使われている。シュータンにシューレースをしまえる特徴あるシューズなども存在する。シュータンは足の保護や安定性を担い、フィット感を高める効果がある。シュータンホールという名がついているタンの場合そこにシューレースを通すことで安定性を向上させる。

サロモン 冬 アウトドアシューズ

関連用語

関連記事

山道具・装備(登山靴)の用語

あ行

か行

さ行

た行

ま行