ウェーダー-山道具・装備(ウェア)の登山用語

ウェーダーとは

釣りにおいて水中に入っても濡れないように腰や胸まで伸びた胴長を指す。サスペンダーが不要なので肩への負担が軽減できるタイプなども出回っている。水深が深い場所まで濡れずに移動できるウェーダーをチェストウェーダーと呼び、胸の高さまで伸びている。次に腰上まで伸びたウエストハイウェーダー、お尻ぐらいの高さまでのヒップウェーダーと大きく3種類に大別することができる。長さ以外には足裏がラジアルソール、フェルトソール、フェルトスパイクソールと種類があり、踏む場所がどのような状況かで選択する。ウェーダーとブーツが一体型になっているもの、別でストッキングウェーダーを履き、ウェーディングシューズを着用するものと種類が豊富なのも特徴。

ウェーダーとは

おすすめウェーダー

ダイワ(DAIWA)
¥13,391 (2021/11/27 23:27時点 | Amazon調べ)
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazonで探す
\超PayPay祭開催中!/
Yahoo!で探す
シマノ(SHIMANO)
¥12,474 (2021/11/27 23:27時点 | Amazon調べ)
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazonで探す
\超PayPay祭開催中!/
Yahoo!で探す

関連用語

関連記事

山道具・装備(ウェア)の用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

ら行