北アルプスの紅葉登山

北アルプスの秋は山を深く濃く、そして優美に浮き彫りにする素晴らしい季節です。北アルプスの紅葉エリアを四つに分け、特に紅葉登山におすすめの山と紅葉時期、絶景スポットを楽しめる登山コースを難易度含めて紹介します。

北アルプスの紅葉絶景スポットマップ

北アルプスの紅葉エリアの中でも特におすすめの紅葉絶景スポットを地図で確認することができます。行きたい山を確認しておすすめ絶景スポットを巡ってみましょう。

槍・穂高・燕エリア

日本一の紅葉 涸沢周辺

  • 紅葉時期:9月下旬から10月中旬
  • 紅葉最盛時期:10月上旬
  • 絶景スポット:涸沢カール下部、上部、涸沢パノラマコース
涸沢周辺 北アルプスの紅葉登山

涸沢の紅葉は日本一と言われ例年9月下旬から10月中旬まで素晴らしい紅葉を見ることができます。涸沢カールの下部では下から上を見上げるように美しい紅葉を楽しむことができ、上部では涸沢カールを俯瞰するように紅葉の大きな景色を楽しむことができます。涸沢カールを楽しんだ後は涸沢パノラマコースを歩けばナナカマドやダケカンバなどたくさんの木々の紅葉を楽しむことができます。

おすすめの紅葉登山コース

①上高地バスターミナル→②徳沢→③横尾山荘→④Sガレ→⑤涸沢カール→⑥屏風のコル→⑦奥又白谷登山口

必要日数1泊2日登山
総コースタイム※12時間35分
累積標高約1,872m
距離約29.1km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

涸沢カールから屏風のコルへのルートは難易度が高いため、ピストンで上高地に戻るルートをとる登山者が多いです。上高地から涸沢までは以下の動画で登山コース情報と見どころを紹介しています。

紅葉のグラデーションが魅力 槍ヶ岳周辺

  • 紅葉時期:9月下旬から10月中旬
  • 紅葉最盛時期:10月上旬
  • 絶景スポット:大曲り付近、天狗原と天狗池、天狗原入口
槍ヶ岳周辺 北アルプスの紅葉登山

槍ヶ岳の紅葉は槍ヶ岳山荘のブログなどを見てもわかるように毎日びっくりするほどのスピードで進行していきます。涸沢や槍沢辺りの紅葉の名所は少し標高が下がる分、頂上の紅葉よりも少し時期が遅れ、上から見上げると紅葉のグラデーションが美しく楽しむことができます。

おすすめの紅葉登山コース

①上高地駐車場→②徳沢→③横尾山荘→④槍沢ロッヂ→⑤大曲→⑥天狗池→⑦槍ヶ岳山荘→⑧ヒュッテ大槍

必要日数1泊2日以上の登山
総コースタイム※19時間55分
累積標高約3,007m
距離約41.8km
難易度★★★★☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

雄大な景色と紅葉が魅力 西穂高岳

  • 紅葉時期:9月下旬から10月中旬
  • 紅葉最盛時期:10月上旬
  • 絶景スポット:千石尾根
西穂高岳 北アルプスの紅葉登山

千石尾根は新穂高ロープウェイがあり紅葉時期はロープウェイから見る紅葉が美しく、多くの人に利用されます。千石園地の向こうには奥穂高岳を眺めることができ、雄大な紅葉を楽しむことができます。自然散策道の鍋平高原の紅葉もおすすめです。

おすすめの紅葉登山コース

①新穂高ロープウェイ駐車場→②千石園地→③西穂山荘→④ピラミッドピーク→⑤西穂高岳

必要日数1泊2日登山
累積標高約2,006m
距離約18.6km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

黄色や赤の色彩が美しい 燕岳

  • 紅葉時期:9月中旬から10月上旬
  • 紅葉最盛時期:9月下旬
  • 絶景スポット:合戦尾根上部
燕岳 北アルプスの紅葉登山

燕岳のアクセスとして多くの登山者に利用される合戦尾根ですが、紅葉の時期は色とりどりの木々の紅葉を楽しみながら登山をすることができます。合戦の頭まで行く途中ではミネカエデの色鮮やかな黄色が美しく、合戦小屋から上部に行くとダケカンバやナナカマドの黄色や赤の色彩がより一層美しく楽しむことができます。合戦小屋ではスイカからおしるこの販売と変わり、紅葉登山の休憩ポイントにおすすめです。

おすすめの紅葉登山コース

①燕岳登山口→②合戦小屋→③燕山荘→④燕岳

必要日数日帰り登山・1泊2日登山
総コースタイム※7時間40分
累積標高約1,513m
距離約10.0km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

自然が織りなす景色も堪能 蝶ヶ岳

  • 紅葉時期:10月上旬から10月下旬
  • 紅葉最盛時期:10月中旬
  • 絶景スポット:長塀尾根
蝶ヶ岳 北アルプスの紅葉登山

常念山脈、蝶ヶ岳は涸沢カールや槍・穂高連峰の色とりどりの乱れる紅葉とは異なり、落ち着いた紅葉を楽しむことができます。 長塀尾根周辺では稜線に水がたまりやすく湿地が多く見られ、独特の紅葉を楽しむことができるおすすめスポットです。

おすすめの紅葉登山コース

①大正池→②田代橋→③上高地ビジターセンター→④明神一之池→⑤徳沢→⑥長塀山→⑦蝶ヶ岳→⑧蝶ヶ岳 (三角点)→⑨横尾山荘

必要日数1泊2日登山
総コースタイム※14時間10分
累積標高約2,114m
距離約30.5km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

黒部源流・双六・笠ヶ岳エリア

池に映る幻想的な紅葉が美しい 新穂高温泉〜双六岳

  • 紅葉時期:9月中旬から10月上旬
  • 紅葉最盛時期:9月下旬
  • 絶景スポット:双六岳台地、鏡平
新穂高温泉〜双六岳 北アルプスの紅葉登山

紅葉が見どころを迎えるとナナカマドは赤くなり、ダケカンバの黄色と合わさって鏡平に色を添えます。シシウドヶ原周辺や熊の踊り場周辺、双六岳や弓折岳の標高の高い場所と紅葉のシーズンが若干異なりそれが景色に彩りをもたらします。双六岳周辺ではウラシマツツジやミヤマダイコンソウ、チングルマやウラジロタデなどの葉が赤や黄色に色づき草紅葉もまた美しく楽しめます。

おすすめの紅葉登山コース

①新穂高ロープウェイ前駐車場→②わさび平小屋→③シシウドヶ原→④鏡池→⑤鏡平分岐→⑥くろゆりベンチ→⑦双六小屋

必要日数1泊2日登山
総コースタイム※12時間22分
累積標高約2,142m
距離約26.1km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

ナナカマドの赤い葉が彩りを添える 黒部五郎岳

  • 紅葉時期:9月中旬から10月上旬
  • 紅葉最盛時期:9月下旬
  • 絶景スポット:黒部五郎カール
黒部五郎岳 北アルプスの紅葉登山

黒部五郎カール周辺ではウラシマツツジやミヤマダイコンソウ、コバイケイソウやウラジロタデなどの様々な植物の紅葉が美しく、そこにナナカマドの赤い葉が彩りを添える素晴らしい景色を楽しめます。黒部五郎岳の紅葉のシーズンが9月下旬頃からスタートするのに対し、わさび平まで標高をが落ちると10月上旬からと紅葉時期に変化があります。新穂高温泉からアクセスすると標高を上げるたびに紅葉が美しくなる登山を楽しむことができます。

おすすめの紅葉登山コース

①新穂高ロープウェイ前駐車場→②わさび平小屋→③シシウドヶ原→④鏡平分岐→⑤双六小屋→⑥三俣蓮華岳→⑦黒部五郎小舎→⑧黒部五郎岳→⑨双六岳

必要日数2泊3日登山
総コースタイム※23時間10分
累積標高約3,856m
距離約43.8km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

ブナの葉の紅葉に包まれる わさび平

  • 紅葉時期:10月上旬から11月下旬
  • 紅葉最盛時期:10月中旬から10月下旬
  • 絶景スポット:わさび平小屋付近
わさび平 北アルプスの紅葉登山

北アルプスの紅葉スポットの中でも標高が低いわさび平周辺は、紅葉時期が10月上旬から11月下旬と期間が長く、また標高が高い場所では初雪がちらつくタイミングでわさび平で紅葉を楽しめます。わさび平付近ではブナの葉が色づき道いっぱい落ち葉で埋め尽くされる様は黄色と赤に包み込まれるような美しさがあります。

おすすめの紅葉登山コース

①新穂高ロープウェイ前駐車場→②わさび平小屋

必要日数日帰り登山
累積標高約418m
距離約5.6km
難易度★☆☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

剱・立山エリア

渓谷美・急峻な岩肌と紅葉 下ノ廊下

  • 紅葉時期:10月上旬から10月下旬
  • 紅葉最盛時期:10月中旬
  • 絶景スポット:S字峡、奥鐘山西壁
下ノ廊下 北アルプスの紅葉登山

渓谷美と急峻な岩肌、青く透き通った黒部川、その中に色づく紅葉、こんな色とりどりの景色は10月中旬をピークに楽しむことができます。スパッと切り落たスリルのある道を進むことになり、夏場では景勝地となるS字峡や十字峡は紅葉のおすすめスポットですが、この時期は特に足元に注意をしながら登山を楽しみましょう。水平歩道は黒部川上流沿いに約13kmにわたって延びる歩道ですが、大正9年に開通した、多くの電気を必要とするアルミニウム精錬のため水力発電用ダムの建設のために計画された歴史があることは、あまり知られていません。

おすすめの紅葉登山コース

①欅平ビジターセンター→②水平歩道 志合谷→③水平歩道 折尾谷→④阿曽原温泉小屋→⑤黒部S字峡→⑥S字峡→⑦下ノ廊下→⑧黒部別山沢→⑨黒部ダム 展望台休憩所

必要日数1泊2日登山
総コースタイム※12時間10分
累積標高約3,767m
距離約26.1km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

緩やかな紅葉の美しさを満喫 立山〜タンボ平

  • 紅葉時期:9月下旬から10月中旬
  • 紅葉最盛時期:10月上旬
  • 絶景スポット:一ノ谷、室堂、タンボ平
立山〜タンボ平 北アルプスの紅葉登山

室堂山荘の脇の散策道からタンボ平へと向かう登山コースは特に紅葉シーズンにおすすめで緩やかな登山道を歩きながら紅葉の景色を楽しむことができます。室堂からは多くの人たちがみくりが池方面に足を運びますが、それとは逆に一の越へ向かうのが紅葉時期のおすすめコースです。

おすすめの紅葉登山コース

①レストラン黒部平→②タンボ平→③東一ノ越→④一の越山荘→⑤立山室堂平

必要日数日帰り登山
総コースタイム※4時間50分
累積標高約400m
距離約6.9km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

360度広がる紅葉を堪能 龍王岳

  • 紅葉時期:9月下旬から10月中旬
  • 紅葉最盛時期:10月上旬
  • 絶景スポット:御山谷
龍王岳 北アルプスの紅葉登山

紅葉真っ盛りの立山へ足を運ぶ人は多く、喧騒から逃れるため龍王岳まで足を進めることで大日連山や富山湾、能登半島までの絶景を紅葉とともに楽しむことができます。五色ヶ原、薬師岳の景色を眺め、360度広がる紅葉の景色を楽しむ登山はとても気持ちが良いものです。

おすすめの紅葉登山コース

①立山室堂平→②血の池→③雷鳥沢ヒュッテ→④母恋坂(神の道)→⑤一ノ越→⑥龍王岳から⑦御山谷の紅葉を楽しむ

必要日数日帰り登山、1泊2日登山
累積標高約1,091m
距離約13.1km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

後立山・烏帽子エリア

草紅葉とナナカマドの赤い紅葉 朝日岳〜鉱山道

  • 紅葉時期:9月下旬から10月下旬
  • 紅葉最盛時期:10月上旬から10月中旬
  • 絶景スポット:五輪尾根2000m付近、雪倉岳、鉱山道
朝日岳〜鉱山道 北アルプスの紅葉登山

草紅葉とナナカマドの赤い紅葉がどこまででも続く景色は圧巻で、特に鉱山道でこれを楽しむことができます。朝日岳は北アルプスの最北部にあたり白馬岳近辺の華やかさはないものの、静かな紅葉と山を楽しめる場所としておすすめです。鉱山道は地図だと歩きやすそうに見えますが、登山道は狭くて谷側へ傾いた登山道が延々と続きます。また徒渉、ザレの急降下などがあり初級者や体力に不安のある方は避けたほうが懸命でしょう。

おすすめの紅葉登山コース

①白馬岳蓮華温泉ロッジ→②鉱山道→③雪倉岳→④小桜ヶ原→⑤朝日岳→⑥五輪の森→⑦ひょうたん池

必要日数1泊2日登山
総コースタイム※15時間50分
累積標高約2,668m
距離約25.9km
難易度★★★★☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

三段紅葉を楽しめる!? 栂池自然園・白馬岳

  • 紅葉時期:9月下旬から10月中旬
  • 紅葉最盛時期:10月上旬
  • 絶景スポット:白馬大池、栂池自然園、天狗原
栂池自然園 北アルプスの紅葉登山
出典:栂池自然園

紅葉に囲まれながら遊歩道をウォーキングできる栂池自然園は登山者以外にも紅葉を楽しむ人たちにとても人気のスポットです。栂池自然園は標高1,900mに位置する高層湿原で草紅葉は9月下旬頃から見頃となります。約5キロの遊歩道を歩けばダケカンバの黄色、ナナカマドの赤、常緑のオオシラビソがメリハリのある紅葉風景を作り出し、山頂に初冠雪があれば三段紅葉を楽しめるスポットです。白馬大池テント泊でのんびり紅葉真っ最中の白馬を歩くのは大変気持ちが良いです。

おすすめの紅葉登山コース

①栂池ロープウェイ駅→②栂池自然園 ビジターセンター→③栂池自然園→④天狗原→⑤白馬大池山荘→⑥小蓮華山→⑦白馬岳

必要日数1泊2日登山
総コースタイム※13時間14分
累積標高約1,854m
距離約22.9km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

北アルプスの絶景とともに楽しむ紅葉 五竜岳

  • 紅葉時期:9月下旬から10月中旬
  • 紅葉最盛時期:10月上旬
  • 絶景スポット:遠見尾根上部
五竜岳 北アルプスの紅葉登山

ゴンドラに乗ってアルプス平に到着したらそこは1,515mで、北アルプスの絶景とともに遠見尾根に広がる紅葉を楽しむことができます。 例年9月下旬から10月中旬まで紅葉の見頃を迎え、地蔵の頭周辺の散策がおすすめです。

おすすめの紅葉登山コース

①アルプス平駅→②小遠見山→③西遠見山→④五竜岳→⑤白岳→⑥唐松岳頂上山荘→⑦唐松岳→⑧八方池→⑨村営八方池山荘

必要日数1泊2日登山
総コースタイム※12時間40分
累積標高約2,310m
距離約17.6km
難易度★★★★☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

圧倒的なスケール感 八方尾根

  • 紅葉時期:9月下旬から10月中旬
  • 紅葉最盛時期:10月上旬
  • 絶景スポット:上ノ樺付近
八方尾根 北アルプスの紅葉登山

八方池まで続く八方尾根自然研究路は南アルプスから富士山まで見渡せる壮大な景色が広がり白馬三山に最も近く素晴らしい紅葉のみならず山々の景色も一緒に堪能することができます。圧倒的なスケール感は他の紅葉スポットとは異なり、大パノラマを思う存分堪能できます。おすすめの紅葉登山コースは日帰り登山も楽しむことができ、高山植物が豊かな八方尾根を楽しむ最も人気のあるルートです。

おすすめの紅葉登山コース

①石神井ケルン(八方山ケルン)→②第二ケルン→③八方池→④丸山ケルン→⑤唐松岳頂上山荘→⑥唐松岳

必要日数日帰り登山、1泊2日登山
片道コースタイム※3時間50分
距離約5.2km
累積標高約1000m
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

この記事の紹介者