日本全国の紅葉登山

夏が終わり秋山シーズンに突入したら、気持ちは紅葉を楽しむ登山に切り替わりますね。9月中旬頃から10月末にかけて日本列島を南下していく紅葉の山。日本全国のおすすめの紅葉の山と難易度別登山ルートを一挙公開します!

北海道エリア

北海道は日本一早く紅葉が訪れるエリアです。9月中旬頃には紅葉の見頃を迎えて、10月初旬まで楽しむことができます。

大雪山・旭岳

紅葉登山 大雪山・旭岳
  • 紅葉シーズン:9月初旬から10月初旬

大雪山周辺では8月も終わりになるとチングルマ、ウラシマツツジ、ナナカマドが色付き始めて9月中旬には色とりどりの紅葉を楽しむことができます。標高が低い場所では10月初旬頃まで紅葉を楽しむことができ、初心者から上級者まで紅葉を楽しむことができるおすすめエリアです。

知床・羅臼

紅葉登山 知床・羅臼
  • 紅葉シーズン:9月中旬から10月中旬

羅臼岳の山頂部分は9月中旬から下旬にかけて紅葉が始まります。知床五湖では10月初旬頃に紅葉のシーズンとなり、標高の高い場所では雪が残る美しい自然のグラデーションを楽しむことができます。

東北エリア

東北エリアの紅葉は早いところで9月中旬から色付きがスタートします。八幡平や蔵王などは平地からも素晴らしい紅葉が楽しめるスポットです。東北ならではの静かで優しい山々の紅葉はアルプスとはまた異なった魅力があります。

八甲田山 (標高:1,584m)

紅葉登山 八甲田山
  • 紅葉シーズン:9月下旬から10月下旬

八甲田山の紅葉はブナ、ナナカマド、ダケカンバの赤、オレンジ、黄色の彩りが美しく雄大な景色を楽しむことができるエリアとして人気があります。山頂では湿原の草紅葉がなんとも美しくおすすめポイントです。

おすすめの紅葉登山コース

①酸ヶ湯公共駐車場→②毛無岱→③八甲田大岳→④八甲田清水(辰五郎清水)→⑤地獄湯の沢

必要日数日帰り登山
総コースタイム※5時間
累積標高約798m
距離約9.2km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

八幡平

紅葉登山 八幡平
  • 紅葉シーズン:9月下旬から10月中旬

日本とは思えない雄大な景色を標高が低いところからも楽しめる八幡平ではグリーンシーズンも美しいですが紅葉もまた感動を与えてくれます。9月下旬からダケカンバの黄色とヤマモミジが山頂付近を染め始めます。見所は湿原の草紅葉で木道を歩きながら楽しむことができます。

おすすめの紅葉登山コース

①八幡平山頂レストハウス→②見返峠→③源太森→④八幡沼展望テラス→⑤八幡平→⑥メガネ沼

必要日数日帰り登山
累積標高約373m
距離約8.9km
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

三ツ石山・岩手山

紅葉登山 三ツ石山・岩手山
  • 紅葉シーズン:9月中旬から10月下旬

岩手県と秋田県の県境にそびえる三ツ石山は真っ赤に紅葉する山として東北唯一の紅葉の美しさを誇ります。山頂の大岩から見下ろす紅葉は有名で毎年多くの登山者がここを訪れます。岩手山は山頂の西側方面が紅葉スポットとしておすすめで、七滝コースが特に紅葉登山にはおすすめのルートです。

おすすめの紅葉登山コース

①岩手山七滝コース登山口→②七滝→③鬼ヶ城→④不動平避難小屋→⑤岩手山→⑥岩手山八合目避難小屋

必要日数1泊2日登山
総コースタイム※10時間22分
累積標高約2,059m
距離約24.6km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

関東エリア

関東エリアの紅葉は首都圏からアクセスが良いため混雑と紅葉の見所を照らし合わせながら無理のない計画を立てるのがポイントの1つです。通常のコースタイムどおりの計画を立てていると思わぬところで混雑に巻き込まれ、思った通りに行動できないなどの可能性を踏まえる必要があります。

妙義山 (標高:1,104m)

紅葉登山 妙義山
  • 紅葉シーズン:10月下旬から11月下旬

険しい岩肌と紅葉に色づいたモミジやカエデの赤や黄色のコントラストが特異な景色として楽しめます。妙義紅葉ラインはその名の通り妙義山の紅葉がとても美しく楽しむことができるスポットです。

おすすめの紅葉登山コース

①登山者用駐車場→②妙義神社→③第二見晴→④妙義山→⑤大の字

必要日数日帰り登山
総コースタイム※6時間13分
累積標高約822m
距離約4.8km
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

尾瀬周辺

紅葉登山 尾瀬周辺
  • 紅葉シーズン:9月中旬から10月下旬

湿原の草紅葉は9月中旬頃から楽しむことができ一面黄金色に染まる景色は息をのむほど美しいです。また燧ケ岳や至仏山に登るとナナカマドやダケカンバの紅葉が美しく頂上から尾瀬ヶ原を見下ろす景色もまた雄大で、おすすめの紅葉スポットです。

おすすめの紅葉登山コース

①鳩待峠駐車場→②尾瀬 山の鼻小屋→③牛首分岐→④尾瀬小屋→⑤東電分岐→⑥ヨッピ吊橋

必要日数日帰り登山
総コースタイム※6時間10分
累積標高約337m
距離約19.4km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

那須岳 (標高:1,917m)

紅葉登山 那須岳
  • 紅葉シーズン:10月初旬から10月中旬

朝日岳から始まる那須岳周辺の紅葉は見頃を迎えるのが10月中旬頃です。ツツジやカエデの赤、コシアブラの黄色、紅葉に染まらない緑のコントラストは美しくロープウェイからも楽しめるため初心者の方々にも楽しめるスポットです。

おすすめの紅葉登山コース

①ロープウェイ駐車場→②峰の茶屋跡避難小屋→③那須岳神社→④朝日の肩→⑤北温泉分岐→⑥三本槍岳

必要日数日帰り登山
総コースタイム※7時間
累積標高約1,179m
距離約12.8km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

日光周辺

紅葉登山 日光周辺
  • 紅葉シーズン:9月下旬から11月上旬

日光周辺の山には男体山、女体山、日光白根山などが有名ですがそれぞれ標高差があり紅葉は長い期間で色々なスポットで楽しむことができるのが日光周辺の魅力の一つです。戦場ヶ原や小田代原の草紅葉は9月下旬から見所となり日光白根山や男体山の紅葉も始まります。日光には滝や湖もあり紅葉の彩りを添える自然景観を楽しむことができます。

おすすめの紅葉登山コース

①竜頭滝上駐車場→②泉門池→③小田代原バス停→④湯滝→⑤日光湯元ビジターセンター

必要日数日帰り登山
総コースタイム※3時間30分
累積標高約169m
距離約12.0km
難易度★☆☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

赤城山 (標高:1,828m)

紅葉登山 赤城山
  • 紅葉シーズン:10月中旬から11月初旬

都心からもアクセスしやすい赤城山はカルデラ湖を持つ山で、風がない時の湖畔に映る紅葉はとても美しいです。赤城大沼湖畔にある赤城神社のカエデはとても美しく見事な景色です。

おすすめの紅葉登山コース

①黒檜山登山口→②黒檜山大神→③黒檜山絶景スポット→④大ダルミ→⑤駒ヶ岳→⑥駒ヶ岳登山口駐車場

必要日数日帰り登山
総コースタイム※5時間28分
累積標高約1,080m
距離約10.5km
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

高尾山周辺

紅葉登山 高尾山
  • 紅葉シーズン:11月初旬から11月下旬

高尾山の紅葉は11月上旬からスタートします。上旬時期にはケーブルカー周辺で楽しめるイロハモミジやツタウルシの紅葉、下旬時期には高尾駅前の銀杏並木が楽しめます。紅葉シーズンが終わりを迎えるタイミングは大変混み合うので計画を持って登山に出かけましょう。

おすすめの紅葉登山コース

①高尾ビール ランタン タップルーム→②小仏関跡→③高尾山国有林→④城山→⑤もみじ台→⑥高尾山 6号路→⑦高尾山登山道 稲荷山コース入口

※最後にビールを楽しみたい方は逆のコースがおすすめです。

必要日数日帰り登山
総コースタイム※5時間5分
累積標高約1,045m
距離約14.1km
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

奥多摩周辺

紅葉登山 奥多摩周辺
  • 紅葉シーズン:10月下旬から11月中旬

奥多摩の山々はどこも美しい紅葉が楽しめます。紅葉をじっくり楽しむならば三頭山など登りやすく平坦の多い登山道がおすすめです。奥多摩湖に映し出される紅葉もまた美しいです。

おすすめの紅葉登山コース

①麦山浮橋→②三頭山登山口→③入小沢ノ峰→④三頭山(西峰)→⑤ハチザス沢ノ頭→⑥西原峠→⑦数馬峠→⑧数馬の湯

必要日数日帰り登山
総コースタイム※6時間45分
累積標高約1,439m
距離約14.6km
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

富士山 (標高:3,776m)

紅葉登山 富士山
  • 紅葉シーズン:10月初旬から10月下旬

富士山は標高差があり長い期間紅葉が楽しめますが特に青梅周辺のカラマツの紅葉はおすすめです。頂上に向かうというより紅葉を楽しむならば奥庭ハイキングなど短時間で楽しめる登山コースがおすすめです。

おすすめの紅葉登山コース

①富士山五合目簡易郵便局→②奥庭駐車場公衆トイレ→③奥庭→④山小屋 奥庭荘

必要日数日帰り登山
累積標高約186m
距離約5.3km
難易度★☆☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

八ヶ岳

八ヶ岳の紅葉は北八ヶ岳と南八ヶ岳とは異なり、それによって楽しみ方も異なります。特に北八ヶ岳の池巡りは池と紅葉の景観が見どころで例年人気のある登山コースとなっています。

北八ヶ岳

紅葉登山 北八ヶ岳
  • 紅葉シーズン:9月下旬から10月中旬

北八ヶ岳は池めぐりハイキングコースが人気ですが紅葉時期もまたこのコースがおすすめです。池に映し出されるダケカンバやナナカマドの紅葉は素晴らしく、中山峠辺りではカラ松なども加わり山肌が一面に染まる景色は圧巻です。

おすすめの紅葉登山コース

①北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅→②七ツ池→③亀甲池→④双子池ヒュッテ→⑤雨池→⑥雨池峠

必要日数日帰り登山
片道コースタイム※6時間15分
距離約9.6km
累積標高約760m
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

南八ヶ岳

紅葉登山 南八ヶ岳
  • 紅葉シーズン:9月下旬から10月上旬

稜線で楽しめる紅葉はウラシマツツジやナナカマドなどの赤く染まる紅葉とダケカンバの黄色の紅葉のコントラストが美しいです。標高を落とすと景色が変わりしらびその樹木とのコントラストが八ヶ岳ならではの景色として楽しむことができます。

おすすめの紅葉登山コース

①美濃戸口バス停→②美濃戸山荘→③行者小屋→④阿弥陀岳→⑤赤岳→⑥キレット小屋→⑦権現岳→⑧青年小屋→⑨編笠山→⑩観音平 駐車場

必要日数1泊2日登山
片道コースタイム※13時間40分
距離約19.2km
累積標高約2,078m
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

霧ヶ峰 (標高:1,925m)

紅葉登山 霧ヶ峰
  • 紅葉シーズン:9月下旬から11月上旬

草紅葉が美しい霧ヶ峰は樹木が少なく尾瀬ヶ原のような景色を楽しむことができます。永遠と続く黄金色に輝く草紅葉は風が吹くことでキラキラと輝き10月中堪能できます。

おすすめの紅葉登山コース

①霧ヶ峰車山肩 駐車場→②車山→③車山乗越→④蝶々深山→⑤物見岩→⑥鎌ヶ池→⑦七島八島→⑧ヒュッテ御射山

必要日数日帰り登山
片道コースタイム※3時間42分
距離約10.7km
累積標高約490m
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

北アルプス

北アルプスは標高が高く紅葉もまた雄大な景色のなかで楽しむことができるため、全国から多くの登山客が訪れます。登山初心者でも楽しめるコースもあり難易度別でコースを組み立てることができます。ギリギリのコースタイムではなく混雑と体力とを照らし合わせて時間に余裕を持った計画を立てましょう。

立山

紅葉登山 立山
  • 紅葉シーズン:9月中旬から10月上旬

イワイチョウの黄色とナナカマドの赤色が、剱岳周辺の紅葉として10月下旬頃に楽しむことができます。仙人池周辺は紅葉が鏡のように池に映る景色が美しく9月下旬から10月上旬にかけて楽しむことができます。この付近は雪渓があるためアイゼンを忘れずに持って行きましょう。

おすすめの紅葉登山コース

①レストラン黒部平→②タンボ平→③東一ノ越→④一の越山荘→⑤立山室堂平

必要日数日帰り登山
総コースタイム※4時間50分
累積標高約400m
距離約6.9km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

①立山室堂平→②血の池→③雷鳥沢ヒュッテ→④母恋坂(神の道)→⑤一ノ越→⑥龍王岳から⑦御山谷の紅葉を楽しむ

必要日数日帰り登山、1泊2日登山
累積標高約1,091m
距離約13.1km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

白馬岳(標高:2,932m)

紅葉登山 白馬
  • 紅葉シーズン:9月中旬から10月中旬

9月中旬から稜線で草紅葉が始まる白馬岳や栂池、蓮華温泉周辺は、赤や黄色また緑とのコントラストが楽しめます。冠雪すると雪の白と中腹の紅葉と麓に残る緑を合わせた三段紅葉が素晴らしいです。

おすすめの紅葉登山コース

①栂池ロープウェイ駅→②栂池自然園 ビジターセンター→③栂池自然園→④天狗原→⑤白馬大池山荘→⑥小蓮華山→⑦白馬岳

必要日数1泊2日登山
総コースタイム※13時間14分
累積標高約1,854m
距離約22.9km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

燕岳(標高:2,763m)

紅葉登山 燕岳
  • 紅葉シーズン:9月下旬から10月下旬

大変人気のある山として知られている燕岳は9月上旬から10月上旬が最盛期の紅葉を楽しめます。夕日や朝日に照らされる山肌と紅葉の景色は素晴らしく、10月下旬頃になると中房温泉付近の紅葉の見頃となります。

おすすめの紅葉登山コース

①燕岳登山口→②合戦小屋→③燕山荘→④燕岳

必要日数日帰り登山・1泊2日登山
総コースタイム※7時間40分
累積標高約1,513m
距離約10.0km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

涸沢

紅葉登山 涸沢
  • 紅葉シーズン:9月下旬から10月中旬

紅葉シーズンになると多くの登山者が訪れるスポットとして涸沢カールは知られています。特にナナカマドが真っ赤に染まる景色は圧巻で、そこにダケカンバの黄色やミヤマハンノキの緑、涸沢カールの岩肌が織りなす景色は素晴らしく最も混雑する時期となります。備え付けられたトイレや下山時の登山コース、帰りのバスなどは大変混雑するため、早い行動を心がけ余裕を持った計画をで紅葉を楽しみましょう。

おすすめの紅葉登山コース

①上高地バスターミナル→②徳沢→③横尾山荘→④Sガレ→⑤涸沢カール→⑥屏風のコル→⑦奥又白谷登山口

必要日数1泊2日登山
総コースタイム※12時間35分
累積標高約1,872m
距離約29.1km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

中央・南アルプス

中央アルプスや南アルプスはグリーンシーズンの景色と全く異なり、鮮やかな紅葉による美しい景観を楽しむことができます。北アルプスに比較すると比較的混雑がすくなく、穴場ポイントもあるので是非チェックしてみましょう。

千畳敷・木曽駒ヶ岳 (標高:2,956m)

紅葉登山 千畳敷・木曽駒ヶ岳
  • 紅葉シーズン:9月下旬から10月上旬

宝剣岳周辺の紅葉は9月中旬頃から草紅葉に始まり、期間をあけずに色づきは千畳敷におりて行きます。 千畳 カールで楽しめるナナカマドやダケカンバの鮮やかな紅葉は美しく、短い期間で紅葉の見頃を終えます。寒気の襲来で一気に散ってしまう紅葉です。

おすすめの紅葉登山コース

①中央アルプス・ホテル千畳敷→②避難小屋→③駒飼ノ池→④頂上山荘→⑤天狗荘→⑥宝剣岳

必要日数1泊2日登山
総コースタイム※7時間13分
累積標高約915m
距離約8.9km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳

紅葉登山 甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳
  • 紅葉シーズン:9月中旬から10月中旬

楓やツツジ、ナナカマドの赤が山々を彩り甲斐駒ヶ岳では鮮やかな岩肌の色とのコントラストが楽しめます。標高が高いこれらの山々では10月の中旬にもなると霜が降り出し、場所によっては積雪もあるので天候に注意して紅葉を楽しみましょう。

おすすめの紅葉登山コース

①北沢峠 こもれび山荘→②大滝頭→③藪沢小屋→④仙丈ヶ岳→⑤小仙丈ヶ岳

必要日数日帰り登山、1泊2日登山
総コースタイム※7時間10分
累積標高約1,157m
距離約8.7km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

関西エリア

関西エリアは比較的低い山々が多いですが、中には険しい山もあるので紅葉の美しさに見とれて登山コースと難易度を見誤らないようにしましょう。見所は10月中旬から11月中旬までが多いです。

伊吹山(標高:1,377m)

紅葉登山 伊吹山
  • 紅葉シーズン:10月下旬から11月下旬

年間を通して約10°ほどの気温のため紅葉の色付きが他の山よりも遅く、紅葉になりだすと山頂付近からブナなどが色付きを始めます。11月初旬が紅葉の最盛期で、伊吹山頂上から周囲の山々の絶景がおすすめポイントです。

おすすめの紅葉登山コース

①スカイテラス伊吹山→②伊吹山 東遊歩道→③伊吹山→④伊吹山 西遊歩道

必要日数日帰り登山
累積標高約178m
距離約2.9km
難易度★☆☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

比叡山(標高:848m)

紅葉登山 比叡山
  • 紅葉シーズン:10月中旬から11月下旬

琵琶湖近くにそびえる比叡山は延暦寺の紅葉と一緒に楽しむのがおすすめです。スキー場のリフトを利用して頂上に足を伸ばし琵琶湖を眼下に見ながら紅葉を楽しむのはファミリーにも人気です。

おすすめの紅葉登山コース

①登仙台駐車場→②弁天堂→③延暦寺→④大比叡→⑤ガーデンミュージアム比叡→⑥京都トレイル70→⑦水飲対陣之跡碑→⑧月吉大明神

必要日数日帰り登山
累積標高約1,106m
距離約11.2km
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

六甲山 (標高:931m)

紅葉登山 六甲山
  • 紅葉シーズン:10月中旬から11月下旬

六甲山はすべての山で紅葉が楽しめます。有馬温泉方面への裏六甲や西隣に位置する摩耶山、山麓の森林植物園など色とりどりの紅葉と景色を楽しむことができます。

おすすめの紅葉登山コース

①阪急芦屋川駅前広場→②高座の滝道→③ロックガーデン→④風吹岩→⑤雨ヶ峠→⑥六甲山頂

必要日数日帰り登山
総コースタイム※5時間30分
累積標高約1,457m
距離約15.0km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

中国・四国・九州エリア

中国・四国・九州とそれぞれに異なった景色を楽しむことができます。お寺と一緒に楽しむ紅葉登山、ロープウェイで一気に頂上で紅葉を楽しめる初心者コース、黄金色に輝く山肌、それぞれに違った紅葉の魅力を楽しむことができます。

伯耆大山(標高:1,729m)

紅葉登山 伯耆大山
  • 紅葉シーズン:10月初旬から11月中旬

西日本最大のブナの原生林がある大山はウリハダカエデとナナカマドの色付きが重なり山全体が黄金色に染まる素晴らしい景色です。紅葉が始まる10月初旬は頂上付近の紅葉、登山口の大山寺まで下りてくるのは11月初旬と目安をつけておくと良いでしょう。

おすすめの紅葉登山コース

①県営大山 第4駐車場 (博労座駐車場)→②吉持地蔵→③元谷→④大山八合目→⑤大山(弥山) 山頂→⑥石室→⑦大山寺阿弥陀堂→⑧下山駐車場

必要日数日帰り登山
総コースタイム※4時間16分
累積標高約990m
距離約7.0km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

石鎚山 (標高:1,982m)

紅葉登山 石鎚山
  • 紅葉シーズン:9月下旬から10月中旬

西日本最高峰を誇る石鎚山は紅葉ではない季節の景色も素晴らしいですが、特に赤く色づくナナカマドや黄色が山全体に染まる景色もまたグリーンシーズンとは異なった魅力があります。山頂からも麓からも紅葉の景色は楽しめ無理のない登山を楽しむことができます。

おすすめの紅葉登山コース

①土小屋駐車場→②石鎚神社頂上山荘→③天狗岳

必要日数日帰り登山
総コースタイム※2時間25分
距離約4.6km
累積標高約736m
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

九重山 (標高:1,791m)

紅葉登山 九重山
  • 紅葉シーズン:10月中旬から10月下旬

九重連山の山頂付近で紅葉が始まるのが例年で10月中旬からです。山肌全体が一面赤や黄色に染まる景色は圧巻で、他の山にはない九重ならではの景色です。坊がつるでの見頃は10月下旬で、ここで見る草紅葉は絶景です。

おすすめの紅葉登山コース

①九州自然歩道入口→②沓掛山→③扇ヶ鼻分岐→④久住分れ→⑤くじゅう連山→⑥中岳→⑦北千里ヶ浜→⑧法華院温泉山荘→⑨坊ガツルキャンプ場→⑩段原→⑪大船山→⑫雨ヶ池越分岐→⑬雨ヶ池→⑭タデ原湿原登山口(雨ヶ池越)→⑮モンベルルームくじゅう長者原店

必要日数1泊2日登山
総コースタイム※9時間23分
累積標高約1,544m
距離約19.4km
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

雲仙・普賢岳 (標高:1,483m)

紅葉登山 雲仙・普賢岳
  • 紅葉シーズン:10月下旬から11月初旬

国見岳、普賢岳辺りの斜面の紅葉の色付きが特に美しく大パノラマの景色とともに紅葉登山を楽しめるスポットです。オールシーズン魅力的な景色を楽しめる山で大変人気があります。

おすすめの紅葉登山コース

①仁田峠第一展望所 駐車場→②妙見神社→③雲仙岳→④普賢神社

必要日数日帰り登山
累積標高約462m
距離約3.8km
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

この記事の紹介者