初心者が最初に揃えておくべき登山に必要な装備一式について紹介します。楽しく安全に登山をするために必ず必要になる装備です。

登山ウェア(行動着)

登山に置いて最初に揃えておくべき装備が登山ウェアです。登山ウェアは行動着と呼ばれ、汗をかかないように重ね着をすることが基本です。

登山の行動着は、大きくは季節によって着用するウェアが異なります。

標高が高くなると、気温が低くなるため、高い山になれば防寒着が重要になります。

また、山の天気は崩れやすいため、レインウェアも重要な装備となります。

登山靴

登山にはジャンルがあり、初心者の人が楽しむ登山の多くはハイキングと日帰り登山です。

ハイキングは難易度が低い山歩きの1つで、標高500メートル未満の山を歩くことを指します。

汎用性が高いハイカット、ミドルカットの登山靴で、初心者の登山者にも歩きやすいモデルを選ぶと良いでしょう。

ザック

様々な容量のザックがありますが、日帰り登山に最適な20リッター前後のモデルがおすすめです。

登山用ザックを選ぶときには、背面構造や機能性をチェックして、使い心地が良く、背負いやすい登山ザックに力を入れているメーカーから選びましょう。

レインウェア

山の天気は変わりやすく、天気予報で雨が降らないことが予想できても、必ずレインウエアは持ち歩きましょう。

雨が降った時以外にも、もしものときのエマージェンシーキットにもなります。

初心者の人がレインウェアを購入する場合は、安心なゴアテックス製のレインウェアが汎用性もあり、様々な登山シーンで活用することができます。

帽子

登山における帽子は、紫外線予防、頭全体の保温、ツバがあるタイプの帽子は、目の保護などの目的で使用します。

肌寒い季節になるとビーニーやニット帽を着用することで、頭と耳を温めることができます。

手袋

登山では岩をつかんだり、鎖を持ったり、様々なシーンで手を使います。この時、手を保護するための役割を担うのが手袋です。

また手を温めるための役割を担い、登山では手袋は大変重要なアイテムに位置づけられます。

ヘッドライト

日帰り登山でも、ヘッドライトは必ず登山装備に加えるようにしましょう。予定通りに下山することができない場合、夜行動しなければいけないこともあります。

また、夏よりも冬の方が日が短くなるため、明るい状態で登山をする時間が短くなります。この時にヘッドライトがあることで暗い場所でも歩くことができます。

登山地図

スマホのアプリで地図を確認することができるようになり、便利な世の中になりました。しかし何かの拍子でスマホが使用できなくなることも想定して、紙地図を持ち歩くようにしましょう。

エマージェンシーキット

登山をしていると転倒で怪我をすること以外にも、岩や枝で肌を傷つけることがあります。このような時に応急処置を行うことで、下山した後の治りを早めることにつながります。

エマージェンシーキットは使わないと言うことが、最も幸せで、これが続くと『今日はエマージェンシーキットは必要ない。』とたかをくくってしまいがちですが、このような時が最も危険です。

どのような登山でもエマージェンシーキットは持ち歩くようにしましょう。

行動食

登山をしていると、汗によるミネラルや水分が失われ、エネルギーの消耗も著しいです。

ミネラルや水分が失われると足のつりの原因にもなり、最悪の場合、歩くことが困難になります。

エネルギーも消耗してしまうことで、行動が止まって、予定通りに歩くことができない可能性があります。

このようなことがないように消費カロリーに見合った行動食を持ち歩くことが重要です。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2023年01月28日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム