高見石小屋へ

    北八ヶ岳でスノーシューを楽しむためのルートは渋の湯から高見石小屋に向かい、ここで山小屋に泊まります。それから白駒池、麦草峠を越えて五辻を通って蓼科ロープウェーに向かうというもの。このルートで最大の見所が白駒池なんです。このルートは5~6回既に歩いていて、季節は大体1月~2月に行くことが多いんです。

    山で楽しむ幻想的な世界

    白駒池

    私が好きなのって山の中で広がっているところなんです。自然に出来た池とか、湿原とか、下界から山を見渡しても解らないけど山に入って初めてわかるような景色が幻想的で好きなんです。

    樹木に雪がついている

    それと冬の良さって樹木全てに雪が付いていたり樹氷を楽しめるんですね。スノーシューでこのルートを歩くと麦草を越えた五辻で樹氷の景色が楽しめます。

    北八ヶ岳の大好きな道

    茶臼・縞枯のトラバース道

    茶臼山と縞枯山をトラバースする道がとても素敵です。この道を歩いていくとロープウェーの山頂駅に近づいていくんですが、ここに到着すると拝める北アルプスと南アルプスの景色も素晴らしく大好きなんです。

    白駒池へ

    私の大好きな景色「白駒池」

    白駒池

    2日目に楽しむこれらの景色の前半の最高の見所は白駒池で、ここに到着すると目の前の景色は「ばーん」って景色が広がっていて雄大な景色なんです。冬だから池は凍っていて上を歩けるんですね。池の周りの樹木は雪に覆われて、とても綺麗なんです。

    白駒池
    白駒池

    冬山はどっぷり見惚れて、その世界に入れるっていう気がします。この1泊2日のルートは私が大好きな景色が見れて、それでいて起伏があるので歩き応えもしっかりあるんです。それでいてスノーシューで行けるという気軽さの中に、雪山をしっかり楽しめた充実感も味わえるんです。

    高見石小屋でのひととき

    高見石小屋

    宿泊する高見石小屋は平日に行くととても空いていて、何度か2階貸切状態なんていうこともありました。冬は荷物が多くなるのと、寒さが厳しいので小屋を利用しているんです。

    高見石小屋
    高見石小屋

    冬の小屋は静かで、早めに到着をする計画なので夜が長く、小屋の中で思い思いに本を読んだり、食事を楽しんだり、ゆっくりできるっていうのが楽しいです。

    八ヶ岳の概要

    八ヶ岳の四季、気象、八ヶ岳周辺の山々、八ヶ岳へのルートの概要を紹介しています。

    八ヶ岳の登山ルート

    山旅旅
    1970.01.01
    山旅旅
    https://yamatabitabi.com/archives/97560/
    登山・トレラン・山スキーマガジン

    八ヶ岳の関連書籍

    登山人気アイテム

    メスティン好きのアイテム

    登山除菌アイテム

    登山の汗対策

    関連キーワード