テーピング-登山の技術の登山用語

テーピングとは

体の一部に粘着テープ、伸縮性テープを貼ったり巻いたりすることで運動の機能をサポートし外傷予防を行うことをテーピングという。テーピングの目的は外傷予防と応急処置また再発予防の三つに大別される。効果は関節可動の制限、圧迫、固定、精神的安心感の四つが挙げられ、登山では怪我の際に多く役立つ。

テーピングとは

おすすめ書籍

関連用語

登山用語カテゴリー

登山の技術の用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行